1675件中 161 - 170件表示
  • 炊飯器

    炊飯器から見た三菱電機三菱電機

    この当時の炊飯器は保温機能を備えておらず、最後におひつに移す作業が必要で、またすぐに冷めてしまっていた。そうした中で、象印マホービンが1965年に半導体による電子制御の保温機能を備えた電子ジャーを発売。同商品は年間200万個を売る大ヒット商品となった(開発の際には、もう米を見るのもイヤになった開発者もいるという)。その後、三菱電機が1967年(昭和42年)に保温機能を備えた炊飯器を発売する。炊飯器 フレッシュアイペディアより)

  • 京急1500形電車

    京急1500形電車から見た三菱電機三菱電機

    1985年(昭和60年)・1986年(昭和61年)製の20両は普通鋼製、1988年(昭和63年)製以降の車両はアルミ合金製車体を採用した。1970年代 - 1980年代の輸送形態の変化に頻繁な編成替で対応した1000形と同様、柔軟な運用が出来るよう補機を含めて2両1ユニットで構成されている。1971年製の1000形から採用していた電装品の共通設計は本形式では採用されず、三菱電機(以下、三菱)製と東洋電機製造(以下、東洋)製で使用機器が異なるが、両者を混成して編成を組むこと、ユニットを組むことができる。京急1500形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 福山市

    福山市から見た三菱電機三菱電機

    三菱電機福山製作所は分電盤、ブレーカーの製造拠点。福山市 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱グループ

    三菱グループから見た三菱電機三菱電機

    三菱地所のビルには、ほぼ必ず三菱電機のエレベーターやエスカレーターが設置されている(同様に三井不動産のビルには、ほぼ必ず三井グループの東芝製の物が使われているほか、住友不動産のビルの設計は、住友グループ外ながら同根の日建設計(旧住友本店建築部)が担当することが多い等の事例もある)。三菱グループ フレッシュアイペディアより)

  • 営団500形電車

    営団500形電車から見た三菱電機三菱電機

    300形は、これら戦前から戦後にかけてニューヨーク市で設計された各形式の利点を総合的に取捨選択の上で取り入れ、車体デザインは複数形式を参考に、あらゆる角度から日本的に馴染むよう適宜アレンジを加え、一方電機品やブレーキなどは基本的にWH社の高性能車システムを、三菱電機にライセンス契約を結ばせた上で製造させて採用する方針となった。営団500形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 和田岬駅

    和田岬駅から見た三菱電機三菱電機

    駅周辺は三菱重工業・三菱電機(およびその関連企業)の工場が広がる工場街であり、当駅の利用者も工場への通勤者が多数を占める。和田岬駅 フレッシュアイペディアより)

  • パイオニア

    パイオニアから見た三菱電機三菱電機

    ソニー、パナソニック、日立製作所、東芝、三菱電機などと比べると規模は小さいが、自社の得意分野への「選択と集中」を早期から進めており、尤も、個々の事業においては優れた技術力とブランド力を持つ。また、カーナビゲーション、およびカーオーディオ等のカーエレクトロニクス関連、PC用光学ドライブ(2016年現在はほぼBD/DVD対応のマルチドライブのみ)については他社へのOEM供給も行なっている。パイオニア フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見た三菱電機三菱電機

    パソコンでは、1970年代にコンピュータ輸入自由化による欧米メーカー進出への懸念から当時の通商産業省(現:経済産業省)の指導のもと三大コンピューターグループ(東芝・NEC、富士通・日立製作所、三菱電機・沖電気工業)が形成され政府の支援の下開発が進められた。1980年代には国内ではNECがPC-9800シリーズが国内シェアで全盛期に9割を占めた。また1993年から2000年には東芝がノートパソコンにおいてシェア1位を占めた。しかし、パソコンの普及などによる価格競争の激化から2000年代から国内メーカーの再編が進み三菱電機や三洋電機など多くメーカーがパソコン事業から撤退した。近年再び、再編の流れが進んでおり、富士通によるシーメンスとの欧州PC合弁会社の買収、日立製作所・シャープなどのPC事業縮小・撤退、NECとレノボとの合弁会社設立などが行われている。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

  • auのイメージキャラクター

    auのイメージキャラクターから見た三菱電機三菱電機

    hitomi(2004年春モデル「A5504T」) - かつて三菱電機製のNTTドコモ向け端末のイメージキャラクターに起用されていた。auのイメージキャラクター フレッシュアイペディアより)

  • 南海6000系電車

    南海6000系電車から見た三菱電機三菱電機

    起動加速度はM・T同数編成で2.5km/h/s、2M1T編成で3.4km/h/sである。主電動機は三菱電機製MB-3072-A(後にB)で、出力は600V時115kW/1600rpm、1500V時145kW/2000rpm、1962年当時の狭軌電車用電動機としては最強クラスのモーターである。1500V時の定格速度は60km/hで、通勤車としては高いうえに弱界磁制御を30%まで行う。駆動装置はWNドライブ。ブレーキ方式は発電ブレーキ併用電磁直通空気ブレーキ (HSC-D) 、台車は米バッド社の技術の下、製造元の東急車輛製造が改良し軽量化を図った軸箱梁式のパイオニアIII(東急車輛製造製TS-702、付随台車はTS-7021)型で、軸箱外側に露出したディスクブレーキのローターが特徴である。南海6000系電車 フレッシュアイペディアより)

1675件中 161 - 170件表示

「三菱電機」のニューストピックワード