1675件中 11 - 20件表示
  • 近畿日本鉄道の車両形式

    近畿日本鉄道の車両形式から見た三菱電機三菱電機

    新性能車以降での制御器のメーカーの分布は路線ごとに異なり、かつては奈良・名古屋・南大阪線系統は日立製作所、大阪・京都線系統は三菱電機と棲み分けがなされていた(一部他社製のものを採用するなどの例外があった)が、現在では、奈良・京都・大阪・名古屋線と1986年に開業したけいはんな線では日立と三菱が混在(標準軌線区の特急用車両、急行用クロスシート車5200系列・5800系、および京都市営地下鉄直通用の3200系はすべて三菱、同じく京都市営地下鉄直通用の3220系はすべて日立)、南大阪線はすべて日立である(6800系が唯一三菱であった)。近畿日本鉄道の車両形式 フレッシュアイペディアより)

  • オフィスコンピュータ

    オフィスコンピュータから見た三菱電機三菱電機

    オフコンと呼ばれるコンピュータには、現在のサーバに相当するNEC S3100などのコンピュータから、クライアントやワークステーションに相当する富士通FACOM K-10やNEC N5200などのコンピュータまで存在する。市場の縮小の影響で、2015年に大手メーカーのNECが撤退したため、現在の主なメーカーは富士通、日本IBM、三菱電機となっている。オフィスコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • ドリーム・トレイン・インターネット

    ドリーム・トレイン・インターネットから見た三菱電機三菱電機

    設立当初は三菱電機傘下だったが、2003年(平成15年)1月29日に東京電力の子会社である東京通信ネットワーク(TTNet、のちのパワードコム)の子会社(東京電力の孫会社)となる。さらにKDDIとパワードコムが2006年(平成18年)1月1日に合併するのに伴い、2005年(平成17年)12月31日付けでパワードコム所有の全株式が東京電力に譲渡され、東京電力の直接の子会社となる。その後、東京電力が通信事業を縮小するのに伴い2007年(平成19年)7月25日には株式が売却され、フリービットの完全子会社となる。ドリーム・トレイン・インターネット フレッシュアイペディアより)

  • 新京成電鉄8800形電車

    新京成電鉄8800形電車から見た三菱電機三菱電機

    制御方式:GTOサイリスタ素子によるVVVFインバータ(三菱電機製MAP-148-15V06形制御装置)。筐体はインバータ装置2基を一体とし、インバータ1基で4基のかご形三相誘導電動機を制御する(1C2M×2群)。新京成電鉄8800形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新京成電鉄8900形電車

    新京成電鉄8900形電車から見た三菱電機三菱電機

    制御方式:GTOサイリスタ素子によるVVVFインバータ、装置構成は1C4M(インバータ装置1基で4個の電動機を制御)×2群(三菱電機製MAP-148-15V37形制御装置)。新京成電鉄8900形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 新京成電鉄N800形電車

    新京成電鉄N800形電車から見た三菱電機三菱電機

    電動機:三菱電機製MB-5117-A形 かご形三相誘導電動機(端子電圧1,100V、電流83A、周波数80Hz、1時間定格出力125kW、定格回転数2,360rpm)新京成電鉄N800形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 可変電圧可変周波数制御

    可変電圧可変周波数制御から見た三菱電機三菱電機

    その後、1979年(昭和54年)から翌1980年(昭和55年)にかけて青函トンネル用電気機関車を想定した悪条件下での走行時における信頼性確保や保守性の向上のため、サイリスタコンバータとPWMインバータ、大出力の650kW出力誘導電動機2台が試作製造され、試験台試験(台上試験)を実施している。装置は日立・三菱・東芝3社のもので、素子には逆導通サイリスタ(RCT)が採用された。試験結果は良好であったが、青函トンネル開業時期の遅れと国鉄の財政悪化などから採用は見送られた。なお、ここまでの試験は無整流子電動機への取り組みであり、厳密にはVVVFインバータ制御とは直接関係しない。可変電圧可変周波数制御 フレッシュアイペディアより)

  • mova

    movaから見た三菱電機三菱電機

    NTTは、1989年(平成元年)7月にDDIセルラーグループが採用したTACS方式(JTACS)による携帯電話サービスで提供されたモトローラ社製小型機(容積約300cc)に対抗するため、日本の主要通信機器メーカー、松下通信工業(現:パナソニック モバイルコミュニケーションズ)、日本電気(NEC、現:NECカシオ モバイルコミュニケーションズ)、三菱電機および富士通の4社と共同で容積200ccを目指したTZ-804型無線機を開発、1991年(平成3年)4月から提供。当時、世界最軽量・最小であり、自動車電話及びショルダーホンと区別するため「携帯電話」という商品名で提供していた既存商品TZ-802・TZ-803型無線機と区別する「超小型携帯電話・ムーバ(mova)」と呼称する商品群とした。「mova」の名称は英語のmovable(動かせる、移動する)の最初の4文字から採ったもので、携帯のしやすさ、移動のしやすさを表現したものである。DDIセルラーグループ・日本移動通信のデジタル網は、IDOはセルラー・ドコモ、セルラーはIDO・ドコモというようにmovaにローミングした。なお、端末は当初はレンタルで、販売は1994年(平成6年)4月の売り切り制解禁からである。mova フレッシュアイペディアより)

  • 営団8000系電車

    営団8000系電車から見た三菱電機三菱電機

    本系列は営団地下鉄初の本格的な冷房装置搭載準備車(冷房準備車)で落成し、当初から屋根の中央に集中式冷房装置を取り付けられるように準備されていた。開口部はフタがされ、上部に通風器2台と開口部の前後に車内の換気を行う2台の排気扇が設置された。車内天井部には冷房用ダクトと吹き出し口、中央に三菱電機製の横流ファン(ラインデリア)を設置した。その後、1988年(昭和63年)から1989年(平成元年)にかけて全車両に冷房装置(インバータ制御式、能力48.84kW (42,000kcal/h) 搭載改造を施工した。また、半蔵門線は営団の路線で最初に全車両の冷房化が完了した。編成中の弱冷房車は2号車である。営団8000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱重工業

    三菱重工業から見た三菱電機三菱電機

    なお、エアコン・ETCシステム・加湿器は三菱グループ内で三菱電機と競合している(単に「三菱パッケージエアコン」「三菱ルームエアコン」といった場合、通常は三菱電機の製品を指す)。三菱重工業 フレッシュアイペディアより)

1675件中 11 - 20件表示

「三菱電機」のニューストピックワード