1388件中 11 - 20件表示
  • 成蹊大学

    成蹊大学から見た三菱電機三菱電機

    1944年6月、トラスコン(当時の屋内運動場)内に「三菱電機成蹊工場」が開設し、勤労動員された旧制高校の生徒達は授業を半ばに深夜までレシーバーの組立て作業に汗を流した。現在は、内装を一新し、カフェテリアやコンビニ等がある憩いの場に用途を変え、「トラスコンガーデン」として現存している。成蹊大学 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄6000系電車

    近鉄6000系電車から見た三菱電機三菱電機

    新ラビットカーとして1963年(昭和38年)に登場し、ラビットカーと呼ばれた6800系の出力を増強してT車(付随車)を連結できるようにした系列である。当時、狭軌用としては最大の出力135kWの主電動機であった三菱電機製の MB-3082-A を装備している。主電動機の端子電圧は340Vなので、実質は150kW級である。6800系同様MMユニット方式を引き続き採用し、Mc(制御電動車)偶数車にパンタグラフが2基搭載されている。近鉄6000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 湘南モノレール江の島線

    湘南モノレール江の島線から見た三菱電機三菱電機

    同時に片瀬海岸・江の島を始めとする湘南地域の保養地・観光地アクセス手段の一つでもあるものの、1978年には観光需要が3割、通勤・通学需要が7割であったものが、現在では通勤・通学需要が9割に達する。朝夕は激しく混雑し、富士見町 - 大船間においては混雑率が185%にまで達する列車もある。特に湘南モノレールの大株主でもある三菱電機の従業員用務需要は大きい。湘南モノレール江の島線 フレッシュアイペディアより)

  • FOMA

    FOMAから見た三菱電機三菱電機

    1995年12月には当時の郵政省から通信免許を得て千葉県船橋市でW-CDMA技術を用いた2Mbpsでの伝送に成功した。1996年からはIMT-2000X(2GHz周波数帯を利用し、2001年頃のサービスインを目標とした新移動通信規格の意)策定と実用化に向けての開発がエリクソン・松下通信工業(現:パナソニック モバイルコミュニケーションズ)・富士通・NEC・三菱電機・東芝など複数の移動体設備機器関連メーカーや郵政省等公的機関と共同で進められ、1998年には大容量通信を活かしたテレビ電話機能などを搭載したモックアップ機がビジネスショーなどに登場した。FOMA フレッシュアイペディアより)

  • 近畿日本鉄道の車両形式

    近畿日本鉄道の車両形式から見た三菱電機三菱電機

    制御器のメーカーの分布は路線ごとに異なり、かつては奈良・名古屋・南大阪線系統は日立、大阪・京都線系統は三菱と棲み分けがなされていたが、現在奈良・京都・大阪・名古屋線では日立製作所と三菱電機が混在(標準軌線区の特急用車両、および急行用クロスシート車5200系・5800系はすべて三菱)、南大阪線はすべて日立である(6800系が唯一三菱であった)。近畿日本鉄道の車両形式 フレッシュアイペディアより)

  • 営団6000系電車

    営団6000系電車から見た三菱電機三菱電機

    当初は6001・6002・6003の車号とされ、6001号には三菱電機製のチョッパ制御・6002号には超多段式の抵抗制御・6003号には日立製作所製のチョッパ制御装置がそれぞれ搭載された。いずれの制御装置も95kWの主電動機を8台制御可能であり、チョッパと抵抗制御の直接の比較試験も実施された。チョッパ装置は素子に逆阻止サイリスタを使用した四相および二相方式である。営団6000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 可変電圧可変周波数制御

    可変電圧可変周波数制御から見た三菱電機三菱電機

    その後、1979年(昭和54年)から翌1980年(昭和55年)にかけて青函トンネル用電気機関車を想定した悪条件下での走行時における信頼性確保や保守性の向上のため、サイリスタコンバータとPWMインバータ、大出力の650kW出力誘導電動機2台が試作製造され、試験台試験(台上試験)を実施している。装置は日立・三菱・東芝3社のもので、素子には逆導通サイリスタ(RCT)が採用された。試験結果は良好であったが、青函トンネル開業時期の遅れと国鉄の財政悪化などから採用は見送られた。なお、ここまでの試験は無整流子電動機への取り組みであり、厳密にはVVVFインバータ制御とは直接関係しない。可変電圧可変周波数制御 フレッシュアイペディアより)

  • ビデオ戦争

    ビデオ戦争から見た三菱電機三菱電機

    結果としてベータ陣営はソニーを規格主幹として東芝・三洋電機・NEC・ゼネラル(現・富士通ゼネラル)・アイワ・パイオニアが、VHS陣営は日本ビクターを規格主幹として松下電器産業を中心にシャープ・三菱電機・日立・船井電機などが、それぞれ加わった。ビデオ戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪3000系電車 (初代)

    京阪3000系電車 (初代)から見た三菱電機三菱電機

    冷房装置は冷凍能力8500kcal/hの三菱電機(以下、三菱)CU-13集約分散式ユニットクーラーが各車に4基ずつ搭載されており、天井部の風洞を介して冷風が供給されるが、停車駅数の少ない特急専用車であったため、ラインフローファンなどの補助送風ファンの搭載は省略された。京阪3000系電車 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 阪神甲子園球場

    阪神甲子園球場から見た三菱電機三菱電機

    2007年秋より、老朽化対策、耐震補強、快適性の向上、環境への配慮を目的に3年計画でオフシーズンのみの改修工事を進め、2009年春に球場本体の改修工事が完了、2010年春には外構整備工事を完了させ、大幅にリニューアルした。また、2008年からは野球場としては日本では珍しいオフィシャルスポンサー制度を採用しており、2013年3月現在はアサヒビール・東芝・ミズノ(以上3社は当初より)・三菱電機(2009年より)・本田技研工業(2010年より)の5社がスポンサーとなっており、いずれの企業も施設命名権ないし球場設備に関わっている(2008年から20012年までみずほ銀行も参加)。阪神甲子園球場 フレッシュアイペディアより)

1388件中 11 - 20件表示

「三菱電機」のニューストピックワード