1675件中 21 - 30件表示
  • 西浜駅

    西浜駅から見た三菱電機三菱電機

    1972年(昭和47年)6月 - 三菱電機専用線が開通。西浜駅 フレッシュアイペディアより)

  • エクソル

    エクソルから見た三菱電機三菱電機

    三菱電機、(カナダ)、東芝の住宅用太陽光発電システム、社(アメリカ)、社(中国)、社(アメリカ)の産業用太陽光発電システム、社(ドイツ)のパワーコンディショナを販売している。エクソル フレッシュアイペディアより)

  • JR東日本E231系電車

    JR東日本E231系電車から見た三菱電機三菱電機

    本系列は従来の通勤形電車・近郊形電車の区分を統一した一般形電車として設計され、その動力性能は歯車比 7.07、最高速度 120 km/h 、起動加速度 2.5 km/h/s(500・800番台と近郊タイプは除く)である。VVVFインバータ機器の性能向上と主電動機の強化(高回転に対応した設計のMT73形の採用)により、近距離用の通勤形電車である209系(歯車比 7.07、最高速度 110 km/h、起動加速度 2.5 km/h/s)と同等の加速力を維持しつつ、中距離電車用の近郊形電車であるE217系(歯車比 6.06、最高速度 120 km/h、起動加速度 2.0 km/h/s)と同等の最高速度を達成している。MT73形主電動機は三菱電機・東芝・東洋電機製造の3社で製造されている 。 JR東日本E231系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京阪3000系電車 (初代)

    京阪3000系電車 (初代)から見た三菱電機三菱電機

    冷房装置は冷凍能力8500kcal/hの三菱電機(以下、三菱)CU-13集約分散式ユニットクーラーが各車に4基ずつ搭載されており、天井部の風洞を介して冷風が供給されるが、停車駅数の少ない特急専用車であったため、ラインフローファンなどの補助送風ファンの搭載は省略された。京阪3000系電車 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎第一中学高等学校

    宮崎第一中学高等学校から見た三菱電機三菱電機

    1984年6月1日 三菱電機の日本語プロセッサ OA-100Eを27台導入宮崎第一中学高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • FOMA

    FOMAから見た三菱電機三菱電機

    1995年12月には、当時の郵政省から無線局免許状を得て、千葉県船橋市でW-CDMA技術を用いた2Mbpsでの伝送に成功した。1996年からは、IMT-2000X(2GHz周波数帯を利用し、2001年頃のサービスインを目標とした新移動通信規格の意)策定と実用化に向けての開発が、エリクソン・松下通信工業(現:パナソニック モバイルコミュニケーションズ)・富士通・NEC・三菱電機・東芝など複数の移動体設備機器関連メーカーや郵政省等公的機関と共同で進められ、1998年には大容量通信を活かしたテレビ電話機能などを搭載したモックアップ機がビジネスショーなどに登場した。FOMA フレッシュアイペディアより)

  • 日立製作所

    日立製作所から見た三菱電機三菱電機

    4月1日 - 三菱電機との合弁会社「ルネサス テクノロジ」を設立日立製作所 フレッシュアイペディアより)

  • 営団6000系電車

    営団6000系電車から見た三菱電機三菱電機

    当初は6001・6002・6003の車号とされ、6001号には三菱電機製のチョッパ制御・6002号には超多段式の抵抗制御・6003号には日立製作所製のチョッパ制御装置がそれぞれ搭載された。いずれの制御装置も95kWの主電動機を8台制御可能であり、チョッパと抵抗制御の直接の比較試験も実施された。チョッパ装置は素子に逆阻止サイリスタを使用した四相および二相方式である。営団6000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 湘南モノレール江の島線

    湘南モノレール江の島線から見た三菱電機三菱電機

    同時に片瀬海岸・江の島を始めとする湘南地域の保養地・観光地アクセス手段の一つでもあるものの、1978年には観光需要が3割、通勤・通学需要が7割であったものが、現在では通勤・通学需要が9割に達する。朝夕は激しく混雑し、富士見町 - 大船間においては混雑率が163%にまで達する列車もある。特に湘南モノレールの大株主だった三菱電機の従業員用務需要は大きい。湘南モノレール江の島線 フレッシュアイペディアより)

  • 京成3000形電車 (2代)

    京成3000形電車 (2代)から見た三菱電機三菱電機

    冷房装置は京成で初めて集中式を採用し、各車両に1基搭載する。装置は三菱電機製のCU-718形と東芝製のRPU-11013形があり、能力はいずれも46.52kW (40,000kcal/h) である。1?6次車まで日本車輌製造製は三菱電機製を、東急車輛製造製は東芝製を搭載しており、キセ(カバー)形状は両者で異なる。7次車以降は総合車両製作所横浜事業所で製造された編成も含め三菱電機製を搭載している。また8両編成の浦賀・上野寄り3両目の-6は弱冷房車(設定温度は弱冷房車が27℃、他は25℃)としている。京成3000形電車 (2代) フレッシュアイペディアより)

1675件中 21 - 30件表示

「三菱電機」のニューストピックワード