1675件中 41 - 50件表示
  • 音吹保臣

    音吹保臣から見た三菱電機三菱電機

    三菱電機 企業CM DIGUARD 2008年4月1日〜2011年3月31日音吹保臣 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーCCDハニカム

    スーパーCCDハニカムから見た三菱電機三菱電機

    一方、2002年には携帯電話用のスーパーCCDハニカムを発表。同年に三菱電機が開発、NTTドコモから発売された携帯電話、D251iに有効画像数17万画素(記録画像数31万画素)のスーパーCCDハニカムが初採用された。更に2003年に発売されたD505iで有効画素数約63万画素(記録画像123万画素)にグレードアップし、2005年に有効,記録画素とも200万画素のD901iが登場した。スーパーCCDハニカム フレッシュアイペディアより)

  • MOS 6502

    MOS 6502から見た三菱電機三菱電機

    ルネサス エレクトロニクス(旧三菱電機)社製の8ビットMCUコア。7200、740/7450/7470、7600、38000シリーズがある。8ビット定数を直接ゼロページに入れる命令、乗除算命令(一部のもの)を備える。ビット操作・ブランチ命令もあるが、両65C02のものとは互換性がない。スタックは1ページではなくゼロページに置くことも可能。ROM・RAMと周辺機能を内蔵し、ゼロページの下位はI/Oレジスタとなっている。MOS 6502 フレッシュアイペディアより)

  • 移動変電所

    移動変電所から見た三菱電機三菱電機

    1954年(昭和29年)に三菱電機伊丹製作所で製造された。いずれも台車としてサハ3801形(初代:元阪和電気鉄道クタ800形)に由来するTR14を装着する2軸ボギー車である。開閉器・変圧器などの高圧交流機器を搭載する無蓋車のMS1501と、整流器やき電設備を搭載する有蓋車のMS1502よりなり、水銀整流器による600V 2,500A 1,500kWの変電能力を備え、形式称号はこれに由来する。当初は機器操作係員が常時MS1502に乗務して操作を行っていたが、機器室内は高温となるため、後に緩急車のワブ501形522を連結、係員詰所として使用した。南海本線と高野線の昇圧工事が完了した後の1974年(昭和49年)9月28日付けで除籍・解体された。移動変電所 フレッシュアイペディアより)

  • CMスキップ

    CMスキップから見た三菱電機三菱電機

    初めに登場したのが1990年に三菱電機から発売されたVHSビデオ HV-F92/93/FZ22(ダイエー向け機種)に搭載したオートカットポジションと呼ばれるCMカット機能である。その後コロナ電業から、CMカットができる単体の装置として初の、「コマーシャルカッター CM-555」が発売された。CMスキップ フレッシュアイペディアより)

  • Micro Channel architecture

    Micro Channel architectureから見た三菱電機三菱電機

    三菱電機のApricotシリーズMicro Channel architecture フレッシュアイペディアより)

  • P-610

    P-610から見た三菱電機三菱電機

    P-610は、三菱電機がダイヤトーンブランドにて1960年(昭和35年)に販売した、16センチフルレンジスピーカーユニットである。NHKが自社で定めたBTS(放送技術規格)に最初に合格し、勇名を馳せた。P-610 フレッシュアイペディアより)

  • D800iDS

    D800iDSから見た三菱電機三菱電機

    FOMA D800iDS(フォーマ・ディー はち まる まる アイ ディー エス)は、三菱電機によって開発された、NTTドコモの第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。D800iDS フレッシュアイペディアより)

  • J-D05

    J-D05から見た三菱電機三菱電機

    J-D05(ジェイ ディー ゼロゴー)は、三菱電機が開発した、J-フォンによる第二世代携帯電話端末製品。J-D05 フレッシュアイペディアより)

  • 北菱電興

    北菱電興から見た三菱電機三菱電機

    三菱電機および三菱重工業の代理店となっている。北菱電興 フレッシュアイペディアより)

1675件中 41 - 50件表示

「三菱電機」のニューストピックワード