1388件中 41 - 50件表示
  • 量子鍵配送

    量子鍵配送から見た三菱電機三菱電機

    現在量子鍵配送システムのサービスを提供しているのは、id Quantique (ジュネーブ)、MagiQ Technologies (ニューヨーク)、SmartQuantum (フランス)、そしてQuintessence Labs (オーストラリア)の四社である。この他にも、東芝、 HP、 IBM、 三菱、 NEC、 NTTなどの企業が積極的な研究を行っている。 (外部リンク参照)量子鍵配送 フレッシュアイペディアより)

  • 阪急西宮ガーデンズ

    阪急西宮ガーデンズから見た三菱電機三菱電機

    エスカレータ:通路内に6箇所(日本オーチス・エレベータ製)、阪急百貨店内に2箇所(日立製作所製)、イズミヤ内に1箇所(三菱電機製)阪急西宮ガーデンズ フレッシュアイペディアより)

  • 東洋電機製造

    東洋電機製造から見た三菱電機三菱電機

    同社は半導体製造部門を持たない重電機器メーカーのためGTOサイリスタ、IGBTやダイオードなどの主要電力半導体は三菱電機より供給を受けている。ただし、1980年代まではサイリスタを自社製作、その後もSIサイリスタの商品化研究を行っていたが、1998年限りで半導体事業からは撤退した。東洋電機製造 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄キハニ36450形気動車

    国鉄キハニ36450形気動車から見た三菱電機三菱電機

    設計は車体と台車が鉄道省、ガソリンエンジンは池貝製作所、主発電機は芝浦製作所、主電動機および空気圧縮機は三菱電機、制御器および電動送風機は日立製作所、ブレーキ系は三菱電機および日本エヤーブレーキが、それぞれ分担して担当した。国鉄キハニ36450形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 南海2001形電車

    南海2001形電車から見た三菱電機三菱電機

    しかし、本形式は大電流・大出力の重量級車ゆえに経済性の面では難があり、そのため南海は1933年から普通・区間列車用として、「中型」ことモハ1201形を量産した。こちらは経済的な定格出力75kW=100馬力の三菱電機MB-146-SFR形主電動機を搭載する18m級車で、2001形と並んで1930年代の南海電車を代表する存在となった。南海2001形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 南海11001系電車

    南海11001系電車から見た三菱電機三菱電機

    このため、主電動機は三菱電機MB-186-AFR、主制御器は新造の東洋電機製造AUD-20 (単位スイッチ式、停止用発電制動付) 、電動発電機は東芝CLG-305を採用し、パンタグラフはモハ12001形の難波寄りに東洋電機製造PT-35S-Zが搭載された。また、制動方式は三菱電機AMAR-D(モハ)およびATAR(クハ)、空気圧縮機は同じく三菱電機D-3-Fで、台車は11001系のFS19と同系であるものの大型の大出力吊り掛け式電動機を装架するために軸距が500mm延伸されて2,600mmへ、車輪径も860mmから914mmへそれぞれ大型化された、ウィングバネ式台車の住友金属工業FS18を新造の上で装着した。南海11001系電車 フレッシュアイペディアより)

  • ハンドドライヤー

    ハンドドライヤーから見た三菱電機三菱電機

    1990年代までは、ペーパータオルを代替する都合上から、下からを手をかざす壁掛け式がほとんどであったが、2000年代に入り、三菱電機のジェットタオルが採用した、縦長で下部に水回収用の溝を設けた、上から手をかざすタイプが増えてきている。ハンドドライヤー フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機クレジット

    三菱電機クレジットから見た三菱電機三菱電機

    三菱電機クレジット(みつびしでんきクレジット、略称:MECC)は、三菱電機と三菱UFJリースの合弁会社。三菱電機グループ唯一のファイナンス会社であり持分法適用会社。資金面・人的面では、三菱電機グループと三菱UFJフィナンシャル・グループ双方につながりを持つ。三菱電機クレジット フレッシュアイペディアより)

  • 営団9000系電車

    営団9000系電車から見た三菱電機三菱電機

    当初の編成における9201-9301は三菱電機製のGTO素子を用いたVVVFインバータ(1C4M・2群)を搭載している。補助電源装置は三菱電機製の150kW出力、DC-DCコンバータ(出力電圧は直流600V)を採用した。主回路は75kWを2群で構成し、VVVFインバータと合わせて4両編成時における故障時の冗長化を図っている。空気圧縮機 (CP) はレシプロ式のC-2500LB形を両先頭車に搭載した。営団9000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄1600系電車

    近鉄1600系電車から見た三菱電機三菱電機

    三菱電機製の主電動機MB-3020D形125kW×4を装備し、主制御器は日立製作所製超多段式VMC-HTB-10Aによる4個モーター永久直列制御であった。補助電源装置はHG-583、集電装置はPT-42Q1、通風装置は、1次車ではファンデリアと扇風機が併用されていたが、2次車以降では扇風機のみとなった。制動装置はHSC、空気圧縮機はD-3-FRKである。運転台側連結器は密着形であるが、当初、電気連結器は搭載されていなかった。近鉄1600系電車 フレッシュアイペディアより)

1388件中 41 - 50件表示

「三菱電機」のニューストピックワード