1675件中 71 - 80件表示
  • 上信電鉄6000形電車

    上信電鉄6000形電車から見た三菱電機三菱電機

    空調装置については、冷凍能力1,0500kcal/hの三菱電機製CU-196形分散式冷房装置と扇風機を各4台、また、熱交換用に排気扇3台をそれぞれ各車に搭載する。上信電鉄6000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 京急デチ15・16形電車

    京急デチ15・16形電車から見た三菱電機三菱電機

    補助電源装置 : 三菱電機製 MG-131 (AC 7.5kVA)京急デチ15・16形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 東芝エレベータ

    東芝エレベータから見た三菱電機三菱電機

    東芝は1958年から1972年まで東洋オーチス・エレベータ(現・日本オーチス・エレベータ=元パナソニック資本)と業務資本提携関係があった関係上、自社での昇降機事業はエレベーター大手5社の中では最後発(1966年参入)であるため、国内シェアは上位2社の三菱電機(三菱電機ビルテクノサービス、菱電エレベータ施設)・日立製作所(2014年に日立ビルシステムに全面移管)の後塵を拝して不動の3位となっている。東芝エレベータ フレッシュアイペディアより)

  • 京都市交通局2000形電車

    京都市交通局2000形電車から見た三菱電機三菱電機

    これは、従来900形や700形などで採用されていた三菱電機AB間接自動制御器の場合、ノッチ操作からシーケンスドラムやカム軸が回転して主回路が進段するまでのタイムラグが大きく、たとえば交差点通過を急ぐ様な場合に直接制御車で一般に行われていた、追いノッチとよばれる主回路電流量の低下を待たずにノッチを進める乱暴な操作による急加速発進操作が出来ない、という連結運転時には致命的と言って良い問題を抱えていたことへの対策であり、連結車に極力直接制御車に近い走行特性を与える必要があったことから、特に操作応答性を重視して採用されたものである。京都市交通局2000形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 音響機器

    音響機器から見た三菱電機三菱電機

    三菱電機エンジニアリング(ダイヤトーン(DIATONE)、三菱電機時代は1999年に撤退。2005年に受注生産・インターネット販売で再参入)音響機器 フレッシュアイペディアより)

  • 名鉄5000系電車 (初代)

    名鉄5000系電車 (初代)から見た三菱電機三菱電機

    名鉄においても騒音のない高速電車の開発に取り組んでおり、まず1951年7月から直角カルダン駆動装置の試験が開始された。最初に3500系モ3501において試験を行った時には、「相武台実験」の試験結果をもとに製作された東芝製直角カルダン駆動試作台車のTT-1形に、やはり東芝製のSE-507形主電動機を組み合わせた内容であった。さらに、1952年12月には3850系モ3851において、住友金属工業製のFS201形台車と三菱電機製のMB3002-A形主電動機を組み合わせて試験を行った。名鉄5000系電車 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 樋口久子 レディスゴルフトーナメント

    樋口久子 レディスゴルフトーナメントから見た三菱電機三菱電機

    樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント(ひぐちひさこ みつびしでんきレディスゴルフトーナメント)はアサツー ディ・ケイ主催、三菱電機特別協賛、日本女子プロゴルフ協会公認の女子ゴルフトーナメントで、毎年10月最終金曜日からもしくは11月第1金曜日から埼玉県飯能市の武蔵丘ゴルフコースを舞台に3日間行われている。2017年現在、賞金総額8000万円、優勝賞金1440万円。樋口久子 レディスゴルフトーナメント フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤昇 (技術者)

    伊藤昇 (技術者)から見た三菱電機三菱電機

    1975年4月 三菱電機株式会社入社(通信機製作所)伊藤昇 (技術者) フレッシュアイペディアより)

  • クリスチーナ・アメージャン

    クリスチーナ・アメージャンから見た三菱電機三菱電機

    半年間の台湾留学後、エズラ・ヴォーゲル教授の勧めで大学から奨学金を受け来日。大阪市十三の英語学校教員を経て、東向日駅で知り合った三菱電機京都製作所のイギリス人女性秘書に誘われ、1982年、長岡京市の三菱電機京都製作所に契約社員として入社する。入社後は通常の女性社員と同じ制服を着せられ、灰皿洗いやお茶出しの担当となる。アメリカからの来客があると、上司がクリスはハーヴァード出身だなどと自慢し、相手客の失笑を誘っていたという。また勤務先だった京都市では「ガイジン」などと言われ苦痛を感じたという。クリスチーナ・アメージャン フレッシュアイペディアより)

  • 南海2001形電車

    南海2001形電車から見た三菱電機三菱電機

    しかし、本形式は大電流・大出力の重量級車ゆえに経済性の面では難があり、そのため南海は1933年から普通・区間列車用として、「中型」ことモハ1201形を量産した。こちらは経済的な定格出力75kW=100馬力の三菱電機MB-146-SFR形主電動機を搭載する18m級車で、2001形と並んで1930年代の南海電車を代表する存在となった。南海2001形電車 フレッシュアイペディアより)

1675件中 71 - 80件表示

「三菱電機」のニューストピックワード