1388件中 71 - 80件表示
  • 星野やすし

    星野やすしから見た三菱電機三菱電機

    人造偏光板(偏光フィルター)についての研究は、星野愷がわが国でいち早く着手した研究であり、(1)人造偏光板の製造方法、(2)普通の光(自然光)を偏光板を透過させると、なぜ振動方向が一方向のみに制限されたもの(偏光)になるかという偏光機構の解明、(3)偏光板の応用方法の三部門にわたって行われた。1938年(昭和13年)に星野の研究を基にして、日本最初の偏光板製造が三菱電機(大船工場)によって行われた。航空機からの潜水艦の確認は、海面の反射眩光が邪魔となり困難であったが、偏光板を備えた偏光眼鏡を用いることにより、その障碍を除去することができたので、第二次世界大戦中、この偏光板は海軍で大量に採用された。星野は海軍技術研究所の嘱託として同工場で技術協力を行った。研究の初期においては、硫酸キニーネとヨウ素との化合物ヘラパタイト針状微結晶を合成樹脂マトリックス中に、結晶軸を一定方向にそろえて無数に配列した、多結晶型偏光板を製造して、その光学特性ならびに偏光機構の研究を行った。また、ヨウ素ならびに種々の染料を、ミセルを定方位配列させた高分子フィルムに含浸させたとき発生する偏光作用(繊維二色性)につき研究した。これは高分子型偏光板と呼ばれるもので、今日広く実用されている偏光板製造における先駆的な研究であった。研究の過程で副次的にいくつかの発見・発明も行われた。そのうちの一つは、紫外線2537オングストロームの波長のものを純粋に一本だけ取り出す性能を持つ、紫外線フィルターの製造方法を発明したこと、ならびになぜそのような作用が可能なのかの説明を与えることができた理論的研究である。この紫外線フィルターの実用面の一つは、ある種のウラン鉱石の選定・鑑別にそれが極めて有用なことであった。1945年(昭和20年)12月、GHQ経済科学局は、その製造方法を知るためその実物提出を要求し、星野の学位請求論文にその記載があったのでその全文を英訳した。偏光板の応用については、湾曲偏光板を考案し、また偏光立体映写装置の開発に努めた。星野やすし フレッシュアイペディアより)

  • Wooo

    Woooから見た三菱電機三菱電機

    L26-XB07・L32-XB07・L40-XB07(三菱電機製「REAL BHR400シリーズ」のOEMモデル、HDD・Blu-ray Discドライブ内蔵)Wooo フレッシュアイペディアより)

  • 営団5000系電車

    営団5000系電車から見た三菱電機三菱電機

    主制御器は3000系と同様の三菱電機製電動カム軸式抵抗制御方式(ABFM-138-15MDH形)で、起動時に直並列切替を早めに行う点も同じである。バーニア制御による多段方式で、パターン制御を採用している点も同様である。ただし、起動加速度は3.5km/h/sとし、製造コストを落とすため主制御器の制御段数は力行52段、ブレーキ41段とし、またノッチオフ時はステップ戻しは行わず減流遮断方式とした。制御方式は1C8M方式であり、編成は必ず電動車数が偶数になるように組まれた。営団5000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 石油ファンヒーター

    石油ファンヒーターから見た三菱電機三菱電機

    1978年に三菱電機が初めて商品化し、以後各メーカーが参入した。しかし近年では価格競争の激化などにより撤退したメーカーも多くシャープが2007年春に撤退したことで全ての総合電機メーカーが石油ファンヒーター事業から手を引いた形になり、以後はコロナ・ダイニチ工業・トヨトミ・サンポット・グリーンウッドなどの石油暖房器具メーカーのみが生産を行っている。石油ファンヒーター フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機ロジスティクス

    三菱電機ロジスティクスから見た三菱電機三菱電機

    三菱電機ロジスティクス株式会社(みつびしでんきロジスティクス)は、東京都渋谷区に本社を置く三菱電機グループの企業。三菱電機グループ内での略称は、MDロジス。三菱電機ロジスティクス フレッシュアイペディアより)

  • 泉州工業

    泉州工業から見た三菱電機三菱電機

    現在、松下電器産業(以下、現社名の「パナソニック」と表記する)や三洋電機、三菱電機、など、大手の電機メーカーに製品を納入しているが、今後も独創的なノウハウでよりよい製品やサービスの提供に努め、更に売り上げを伸ばしてゆきたいという。泉州工業 フレッシュアイペディアより)

  • シンドラーエレベータ

    シンドラーエレベータから見た三菱電機三菱電機

    シンドラーグループの世界シェアは、エレベーターで2位、エスカレーターでは1位である。日本でのシェアは、国内大手3社(三菱・日立・東芝)が多くを占めるため、で業績を延ばし、主に公共事業の落札において強みを発揮し、団地などで広く採用されていた。しかし2006年に発生した後述の死亡事故後、新規の受注は皆無である。公式サイトからも日本国内向けのエレベーターについては製品情報が消えている(「現在準備中」状態)。シンドラーエレベータ フレッシュアイペディアより)

  • J-D05

    J-D05から見た三菱電機三菱電機

    J-D05(ジェイ ディー ゼロ ごー)は、三菱電機が開発した、J-フォンによる第二世代携帯電話端末製品。J-D05 フレッシュアイペディアより)

  • 西武6000系電車

    西武6000系電車から見た三菱電機三菱電機

    空調装置は、従来どおり三菱電機製の集中式CU-72形(CU-72E形から改良形CU-72F・CU-72G形)が採用されたが、従来車の空調装置とは互換性がなくなった。装置は新規設計で、圧縮機は低騒音形のスクロール式としている。電源はSIV装置からの三相交流440Vであり、冷凍能力は48.84kW (42,000kcal/h) である。西武6000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ探偵団

    テレビ探偵団から見た三菱電機三菱電機

    『テレビ探偵団』(テレビたんていだん)は、1986年10月12日から1992年3月29日までTBS系列局で放送された、懐かしのテレビ番組や懐かしのテレビCMを紹介するバラエティ番組。三菱電機の一社提供で、「三菱タイムトリップ」をサブタイトルに冠していた。放送時間は毎週日曜 19時30分 - 20時00分 (JST) 。テレビ探偵団 フレッシュアイペディアより)

1388件中 71 - 80件表示

「三菱電機」のニューストピックワード