1675件中 81 - 90件表示
  • 東葉高速鉄道2000系電車

    東葉高速鉄道2000系電車から見た三菱電機三菱電機

    冷房装置は三菱電機製の集中式CU-768形で、能力は58.0kW (50,000kcal/h)である。暖房装置については乗客からの要望もあり、1000形よりも1基あたり700Wから750Wに能力向上させ、さらに斜め吊りとして暖房効率を向上させた。7人掛け座席下部には2基、車端部3人掛け座席下部には1基を設置する。東葉高速鉄道2000系電車 フレッシュアイペディアより)

  • 協栄産業

    協栄産業から見た三菱電機三菱電機

    最大の株主は三菱電機で、2011年3月31日現在で17.50%の株式を保有している。また、主力商品の1つである半導体の大半を、三菱電機およびルネサスエレクトロニクス販売から仕入れている。協栄産業 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄800系電車

    近鉄800系電車から見た三菱電機三菱電機

    主電動機には三菱電機が奈良電気鉄道デハボ1200形用として1954年に設計したMB-3020-Aを小改良したMB-3020-Bを採用し、架線電圧600V時の起動加速度2.1km/h/s、平坦線釣り合い速度110km/hを実現する。近鉄800系電車 フレッシュアイペディアより)

  • ルネサスエレクトロニクス

    ルネサスエレクトロニクスから見た三菱電機三菱電機

    ルネサス エレクトロニクス()は、東京都江東区に本社を置く大手半導体メーカー。三菱電機および日立製作所から分社化していたルネサス テクノロジと、NECから分社化していたNECエレクトロニクスの経営統合によって、2010年4月に設立された。社名の『Renesas』は、あらゆるシステムに組み込まれることで世の中の先進化を実現していく真の半導体のメーカー(「Renaissance Semiconductor for Advanced Solutions」)を標榜して名付けられた。ルネサスエレクトロニクス フレッシュアイペディアより)

  • スマートループ

    スマートループから見た三菱電機三菱電機

    スマートループは2006年にサービス開始された。そして、2007年にカロッツェリア・サイバーナビに初採用され、翌年2008年に楽ナビシリーズでのサービスを開始した。ユーザーのナビから収集した走行データにより、ほぼ全道路の渋滞情報をカバーし、ユーザーに提供するサービスである。専用の通信機器でカーナビゲーションシステムが情報を受信し表示する。また、2013年からスマートループアイという特定地点の画像を共有し、情報を把握できるサービスも開始している。また、パイオニアだけでなく、他メーカー(三菱電機、本田技研工業など)の車載機でもサービスが利用可能であり、オプションなどで用意されている。また、ドコモとの提携でドコモ ドライブネットというナビゲーションアプリの渋滞情報を有料で提供している。スマートループ フレッシュアイペディアより)

  • 新宿NSビル

    新宿NSビルから見た三菱電機三菱電機

    エレベーターにはオフィス用24基、駐車場用と展望エレベーター用が2基ずつ(三菱製)、非常用2基(東芝製)の全30基ある。オフィス低層用(A・Dバンク)・駐車場用・展望エレベーター用は三菱電機製、オフィス中層用(B・Eバンク)はオーチス製、オフィス高層用(C・Fバンク)は日立製である。オフィス内13階と21階には乗り継ぎ階もある。また、2009年 - 2011年にかけて、30基のエレベーターは全てリニューアルした。新宿NSビル フレッシュアイペディアより)

  • 神戸ファッション造形大学短期大学部

    神戸ファッション造形大学短期大学部から見た三菱電機三菱電機

    服飾学科:オンワード樫山・ベティスミス・エイチビィアイ・ジャヴァグループ・アニエスベー・ワコール・桑村繊維・神戸マリンホテルズ・レリアン・三越・大和証券・ラピーヌ・大丸・三菱電機・キムラタン・阪急百貨店・椿本チエイン・ワールドストアパートナーズ・そごう・三貴・グローリー工業・アシックス・三星堂・NTT・コクヨ・コットンビレッジ・日本生命保険・リバーストーン・クラシエホールディングス・レナウン・エスパ・サンエー・インターナショナルほか神戸ファッション造形大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロレス中継

    日本プロレス中継から見た三菱電機三菱電機

    タイトルや放送形態は時期によって変わっており、1957年7月からは三菱電機一社提供(末期は複数社提供)で放送された。日本プロレス中継 フレッシュアイペディアより)

  • 扇風機

    扇風機から見た三菱電機三菱電機

    日本ではゼネラル・エレクトリック(GE)の技術で芝浦製作所(東芝の前身)が1894年(明治27年)に発売したものが最初である。本体に電球を備え付け、スイッチを入れるとプロペラが回るとともに電球が点灯する直流モーターの扇風機であった。電球はプロペラを回す直流モータの回転を安定させるための抵抗であったとされる。1913年(大正2年)には、川北電気企業社から12インチの交流電気扇風機が発売された。大正時代には三菱電機、富士電機、日立製作所などのメーカーも参入し、本格的に国産扇風機が量産され始めた。また、昭和初期には川崎造船所(川崎重工業の前身)が、左右だけで無く上下の首振りも同時にする、2軸リンクの扇風機を発売した。当時は「電気扇」「電扇」などと呼ばれていた。扇風機 フレッシュアイペディアより)

  • エア・コンディショナー

    エア・コンディショナーから見た三菱電機三菱電機

    メーカーの発想に違いがあり冷媒回路を空調、冷蔵、冷凍で共有する方式(システムダウン時、どちらも運転不能)や三菱電機のように相互の熱のやりとりを熱交換器ですることで冷媒回路や通信制御が全く独立していて単独で機能するのもある。エア・コンディショナー フレッシュアイペディアより)

1675件中 81 - 90件表示

「三菱電機」のニューストピックワード