422件中 21 - 30件表示
  • 三菱電機

    三菱電機から見た春日俊彰

    「ニクイねぇ!三菱」(2014年 - ) - イメージキャラクターには従来の杏に加え、新たにオードリー(若林正恭・春日俊彰)と戸田恵子を起用。春日は法人向け商品が対象(キャッチコピーは「ビジネスもニクイねぇ!」)。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た洗濯機

    10月 - 売り上げ不振で赤字が続いていた洗濯機の自社生産を完全終了。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見たETC

    LED電球においては三菱ケミカルホールディングス、エアコンにおいては三菱重工業との間で事業が重複している(「三菱パッケージエアコン」「三菱ルームエアコン」の呼称は三菱電機のエアコンのことを指す。ITS事業についてETC車載器製造販売が重複していたが、2017年重工は古野電気に事業譲渡した。ただ、地上部門では引き続き事業重複している。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見たカーナビゲーション

    この間も海外向けには2代目ロゴは使用されず、スリーダイヤと黒色の「MITSUBISHI ELECTRIC」ロゴ意匠が継続して使用されていたが、2014年1月9日に「国内外での三菱電機グループの一層の認知向上と、持続的成長に向けたグローバルでの事業競争力のさらなる強化」を目的とし、同年4月1日以降は国内外でブランドロゴを統一することを発表した。日本国内での広告活動については同年6月13日より放映されているテレビCMから新ロゴに改め、すでに放映されているバージョンにおいても順次新しく切り替えられた。このロゴの掲出は改定前までは末尾だったが、改定後は企業CMを除き冒頭に変更されている。カーナビゲーションの本体についてはスペースの関係上、横並びの「MITSUBISHI ELECTRIC」ロゴのみを表記する。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た新京成電鉄

    日本国内の多数の鉄道事業者が三菱電機製の電装品を使用している。ただし、全面的に三菱電機製を採用しているのではなく、他のメーカーと同様に各鉄道事業者の所有する一部の車両のみの採用としている事例が多い(例えば阪神電気鉄道では約半数の車両の制御装置でのみ採用している)。新京成電鉄の車両は一部を除き三菱電機製の主電動機と制御装置を使用しているが、これは1955年の全線開業にあたって三菱電機が資金面で協力したことによる。また、神戸電鉄でも開業以来一貫して三菱電機製の主電動機と主制御器を採用している。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見たアルミ

    掃除機 - 三菱電機ホーム機器:掃除機は1933年に1号機を発売し、その後、1967年に「風神」、1987年に温風でダニを退治する「ダニパンチ」、1991年に大型車輪を採用した「くるリーな」を発売。2002年にはサイクロン式掃除機も導入し、初号機の「光るセパサイクロン」を皮切りに、2004年には軽量・強力吸引・低騒音を兼ね備えた「ストロングサイクロン」、2006年にはセンターサイクル方式モデル「ラクルリ」とユニークな機能や形状の掃除機を発売してきた。特に、オールプラスチック製で胴体がまん中から2つに分かれる構造の「風神」はテレビのプロレス中継のスポンサーが三菱電機だったため、試合の合間には「風神」でリングを掃除するシーンがテレビで放映され、アナウンサーも「『風神』でリングを掃除中」とアナウンスしていた。2010年8月には国内メーカー初となるサイクロンボックスのフィルターレス化を実現したプレミアムタイプのサイクロン式掃除機として25年ぶりに「風神」の愛称を復活(初号機はTC-ZK15S/ZK20S)。第6世代となる2015年モデルは構造を一新し、サイクロンボックスの空気の取り入れ口を本体上部に移動して風路を短縮し、後述のスタンダードタイプ「Be-K」にも採用している「アルミフレームモーター」を採用したことで本体質量を2.9kgに軽量化した。ラインナップは「自走式パワーブラシ」を採用したTC-ZXE20Pと、「ワイドクリーン自走式パワーブラシ」を採用し、掃除機本体の背面カバーを開けてホースを差し込み、専用のノズルを装着することで、HEPAとULPAのダブルフィルターで清浄化した排気を利用して玄関やサッシレールなどに溜まったゴミを吹き飛ばすエアブロー機能を新搭載したTC-ZXE30Pの2機種を設定する。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た三菱ふそうトラック・バス

    エンジン電装品、エンジン制御品共にシェア30%で、主に三菱自動車や三菱ふそう、三菱マヒンドラ、スズキ向けに供給している。デンソー、ボッシュ、コンチネンタルAGに並ぶ世界的な総合サプライヤである。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た花王

    スーパーナイト(ワーズワースの冒険及びGrade-Aとスーパーナイト(キリンビール参加以前)の後半部分はスポンサークレジットは1社提供扱いだが、PT扱いとして花王も参加していた)三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た富士通

    D503i以前のモデルは独特のフリップ式だったが、D901iから、90Xシリーズと70Xシリーズの一部ではスライド式の形状を採用した。また、この機種から富士通との協業に関係して同じSymbian OSを採用した。最後のフリップ式の端末はD2101Vである。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見たウィルコム

    NTTドコモ、J-フォン→ボーダフォン(2016年現在のソフトバンク)、ツーカーグループに、またPHSでは旧NTTパーソナル、DDIポケット(現ウィルコム)、アステルにも製品を供給していたが、末期にはNTTドコモ向けの製品のみのラインナップになっていた。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

422件中 21 - 30件表示

「三菱電機」のニューストピックワード