422件中 51 - 60件表示
  • 三菱電機

    三菱電機から見た三菱商事

    2001年6月22日、三菱商事株式会社、東日本電信電話株式会社、東京工科大学と共に、産学官連携事業として生体認証技術(バイオメトリクス)利用による「未来型キャンパスモデル」構築のためのビジネス・コンソーシアムを設立した。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た古野電気

    LED電球においては三菱ケミカルホールディングス、エアコンにおいては三菱重工業との間で事業が重複している(「三菱パッケージエアコン」「三菱ルームエアコン」の呼称は三菱電機のエアコンのことを指す。ITS事業についてETC車載器製造販売が重複していたが、2017年重工は古野電気に事業譲渡した。ただ、地上部門では引き続き事業重複している。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見たホンダ

    カーオーディオ - 純正品、市販品のほか、内部メカのみも販売している。バブル期にはカセットチューナー以外にもカーDATチューナーも発売した。さらに異色であろうカーDATレコーダー(TZ-9164)もラインナップされていた。録音には三菱製CDチェンジャーもしくは1DINプレーヤーを必要とする。DAT機器はかなりの高額商品であったが当時はカーオーディオは全て三菱ブランドでありダイヤトーンブランドは冠していない。なお三菱自動車向けの純正オプションにはダイヤトーンブランドが存在していた。2002年にはETCと連動したカーオーディオ(MC-Z2000)を日本で初めて発売した。三菱自動車をはじめとして三菱ふそう、スズキ、一部ホンダ車(社外オーディオには存在しなかったMP3・CD/MDほか)などに純正オーディオも供給している。スズキなどには配線だけを専用の形式に変更されたダイヤトーンのナビゲーションもカタログにラインナップされている。MD機なども細々ではあるが生産し続けていたが2014年に社外品カーオーデイオは全機種生産終了となった。ただし同社専用品のアダプターやスピーカー、純正カーオーディオは継続して生産している。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た東京地下鉄

    1968年制定の「MITSUBISHI ELECTRIC」ロゴを長らく使用していたが、1985年より2代目ロゴとして水色で「MITSUBISHI」と書かれたものに切り替えられた。ただし、以降に製造された製品(主に民生品以外)でも一部に初代ロゴを使用したものがごくまれに見られる(鉄道関連では東京地下鉄 08系電車・10000系電車、阪神5500系電車・9000系電車、大阪市交通局20系電車・66系電車の運転台コンソール、1997年頃までに製造された車両のラインデリアなど)。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た東洋電機製造

    東洋電機(東洋電機製造とは異なる)三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見たデンソー

    エンジン電装品、エンジン制御品共にシェア30%で、主に三菱自動車や三菱ふそう、三菱マヒンドラ、スズキ向けに供給している。デンソー、ボッシュ、コンチネンタルAGに並ぶ世界的な総合サプライヤである。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た三菱ケミカルホールディングス

    LED電球においては三菱ケミカルホールディングス、エアコンにおいては三菱重工業との間で事業が重複している(「三菱パッケージエアコン」「三菱ルームエアコン」の呼称は三菱電機のエアコンのことを指す。ITS事業についてETC車載器製造販売が重複していたが、2017年重工は古野電気に事業譲渡した。ただ、地上部門では引き続き事業重複している。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見たFDK

    乾電池 - アルカリ乾電池(「アルカリEX」と「アルカリG」の2種類があり、「アルカリEX」は単1形〜単4形に加え、単5形と9V型もラインナップする)をはじめ、マンガン乾電池(黒パッケージ品だけでなく、単1形〜単3形に限り赤パッケージ品もラインナップする)、通信用乾電池、リチウム電池(リチウムコイン電池、カメラ用リチウム電池)、アルカリボタン電池がラインナップされている(かつては充電式のニッケル水素電池や補聴器用電池も発売されていた)。新ロゴマークへの変更に伴い、通信用乾電池は2014年4月に(品番をFM-3H/5HからFM-3J/5Jに変更)、そのほかの乾電池は2015年2月にそれぞれモデルチェンジされ、特に、アルカリ乾電池とマンガン乾電池はデザインも刷新された(+極付近をアルカリ乾電池は金、マンガン乾電池は銀で区別し、さらにアルカリ乾電池は「アルカリG」は赤、「アルカリEX」は青に変更してデザインを差別化)。なお、アルカリ乾電池の「アルカリEX」は日本製である(FDKのOEM)。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た川崎重工業

    1928年 - 国産初の幹線用大型電気機関車(EF52形)の開発を取り纏め、日立製作所、芝浦製作所(後の東芝)、川崎造船所(後の川崎重工業)と共同で完成。日本国有鉄道へ納める。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た三洋電機

    ジーエス・メルコテック(燃料電池事業等に関する日本電池(現:ジーエス・ユアサ コーポレーション)との合弁会社。2016年現在は三洋電機へ売却)三菱電機 フレッシュアイペディアより)

422件中 51 - 60件表示

「三菱電機」のニューストピックワード