422件中 71 - 80件表示
  • 三菱電機

    三菱電機から見たリアル (三菱電機)

    液晶テレビ - リアル。リモコン操作で画面が左右に回転する「オートターン機能」や、40型以上の大画面機種で見られる薄型額縁のデザインなどで独自性を出している。スピーカーはダイヤトーンブランドのスピーカーを搭載し、処理エンジンは自社製のものを採用している。オートターン機能は1980年代に発売されたブラウン管テレビから続いている機能である。近年のリアルシリーズはブルーレイレコーダー一体型モデルが主流となっている。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た阪神甲子園球場

    オーロラビジョン - 阪神甲子園球場や 東京ドームやスタジオアルタなどに設置されており、大型ディスプレイ分野ではトップシェアを持つ。ジャンボジェットの幅に相当する長さの物もある。2006年8月に、東京競馬場に設置したオーロラビジョン、「ターフビジョン」は、東西2箇所設置されているが、その中でも西側(ゴール側)のターフビジョンは縦11.2m×幅66.4m、面積743.68m2もあり、ギネス・ワールド・レコーズに世界最大の映像スクリーンとして認定されている。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見たコーポレートアイデンティティ

    1985年 - CIを導入、新企業スローガン「技術がつくる高度なふれあい SOCIO-TECH」を制定。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た宇宙ステーション補給機

    宇宙ステーション補給機(HTV)の電気モジュールを製作。このHTVは2009年9月に国際宇宙ステーションとランデブーした。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見たボーイング747

    オーロラビジョン - 阪神甲子園球場や 東京ドームやスタジオアルタなどに設置されており、大型ディスプレイ分野ではトップシェアを持つ。ジャンボジェットの幅に相当する長さの物もある。2006年8月に、東京競馬場に設置したオーロラビジョン、「ターフビジョン」は、東西2箇所設置されているが、その中でも西側(ゴール側)のターフビジョンは縦11.2m×幅66.4m、面積743.68m2もあり、ギネス・ワールド・レコーズに世界最大の映像スクリーンとして認定されている。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た久川綾

    到着アナウンスは旧世代から順に久川綾、浅岡あゆ美が担当している。また、男性アナウンス(仙台市営地下鉄、あべのハルカスのエレベーターなど)は、窪田等が担当している。英語アナウンスは、キンバリー・フォーサイスが担当している。代表的な商標としては以下の通り。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た窪田等

    到着アナウンスは旧世代から順に久川綾、浅岡あゆ美が担当している。また、男性アナウンス(仙台市営地下鉄、あべのハルカスのエレベーターなど)は、窪田等が担当している。英語アナウンスは、キンバリー・フォーサイスが担当している。代表的な商標としては以下の通り。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た日立アプライアンス

    2012年12月 - 洗濯機の販売を系列店「三菱電機ストアー」のみで再開(生産は日立アプライアンスへ委託)。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た三菱電機照明

    これまで、ランプ事業は合弁会社であるオスラム・メルコと三菱電機オスラムが、照明器具事業は三菱電機照明がそれぞれ行っていたが、2012年10月の事業再編で三菱電機照明がオスラム・メルコと三菱電機オスラムを吸収・統合し、照明機器事業を一体化させた。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

  • 三菱電機

    三菱電機から見た三菱電機ストアー

    洗濯機 - 日本製(一部機種を除く)であることを全面に打ち出し、洗濯乾燥機は行程に応じて角度が変わる「ムービングドラム(MVW-VD1)」の愛称で展開していたが、2008年9月に洗濯機事業を終息することを発表。その翌月に7kg〜9kgの大容量モデル(MAW-N*YP/HV*YP)が、同年12月に5.5kgと6.2kgの中容量モデル(MAW-55Y/62Y)が順次生産を終了したことで一旦は市場から撤退した。その後、2012年12月から、日立アプライアンス(白物家電の製造・販売を行う日立製作所の子会社)へ委託を行い、系列店「三菱電機ストアー」向けモデルのみながら、完全撤退から4年ぶりに洗濯機の販売を再開。現行モデルは日立製全自動洗濯機「白い約束」NW-6MY/7MYのOEMモデルであるMAW-60AP/70APの2機種。機能や操作パネルは「白い約束」と同じだが、デザインの変更に加え、商標権の関係で表現を変更している違いがあり(「お湯取」→「ふろ水」、「エアジェット乾燥」→「風乾燥」、「手造り」→「メモリー」)、「スタート/一時停止」ボタンの上に「これっきりボタン」の表記もない(機能そのものは「これっきりボタン」に準じている)。自社製造の時よりも洗濯コースの種類が少なくなり、残り時間などのデジタル表示がなくなったものの、自社製造のときにはなかった好みの組み合わせのコース(洗い・脱水時間/すすぎ回数)を1つ登録できる「メモリー」コースや洗濯槽を洗浄する「槽洗浄」を追加した。また、お湯取ホースや糸くずフィルターなどのオプションパーツは日立純正品と共通である。なお、2017年に仕様変更を行い、新ロゴマークとなった。三菱電機 フレッシュアイペディアより)

422件中 71 - 80件表示

「三菱電機」のニューストピックワード