1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ

    三菱UFJフィナンシャル・グループから見たアメリカ合衆国

    傘下の三菱UFJ銀行は、三菱グループなどを取引先に擁する。前身の旧三菱銀行、旧三和銀行、旧東海銀行はそれぞれ首都圏、京阪神圏、名古屋圏の三大都市圏を地盤としている。旧東京銀行の流れを汲み、国際業務でも優位性をもつ。また国外にアメリカの地銀ユニオン・バンクを子会社としているほか、アユタヤ銀行を傘下に置いているのも特徴的である。三菱UFJフィナンシャル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ

    三菱UFJフィナンシャル・グループから見た商号

    2005年10月1日に株式会社UFJホールディングス(登記上は株式会社ユーエフジェイホールディングス)を吸収合併し、現在の商号に変更した。三菱UFJフィナンシャル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ

    三菱UFJフィナンシャル・グループから見た東京高等裁判所

    これにより、住信は東京地方裁判所にMTFGとUFJHDの統合を禁止する仮処分の申請を行った。2004年7月27日、東京地方裁判所は住信の申請を認めたものの(UFJHDが申し立てた異議も8月4日却下)、8月11日、東京高等裁判所はUFJHDの抗告を認め住信の申請を退けた。これにより翌12日、経営統合に関する基本合意を発表した。住信は8月11日に特別抗告を行ったが8月30日最高裁判所は東京高裁の決定は妥当としてこの申請を退ける決定がなされた。住信はUFJHDへの損害賠償請求に切り替えて控訴したが、2006年11月21日に東京高等裁判所の提案による住信に対して25億円の和解金を支払う事で和解が成立した。三菱UFJフィナンシャル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ

    三菱UFJフィナンシャル・グループから見た首都圏 (日本)

    傘下の三菱UFJ銀行は、三菱グループなどを取引先に擁する。前身の旧三菱銀行、旧三和銀行、旧東海銀行はそれぞれ首都圏、京阪神圏、名古屋圏の三大都市圏を地盤としている。旧東京銀行の流れを汲み、国際業務でも優位性をもつ。また国外にアメリカの地銀ユニオン・バンクを子会社としているほか、アユタヤ銀行を傘下に置いているのも特徴的である。三菱UFJフィナンシャル・グループ フレッシュアイペディアより)

  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ

    三菱UFJフィナンシャル・グループから見た優先株式

    2008年10月13日、モルガン・スタンレーに90億ドル(当時の日本円で約9000億円)の出資をし発行済み株式の21%を取得した。9月29日に普通株30億ドル、優先株で60億ドルで出資をすることで一旦合意をしていたが、10月10日にモルガン・スタンレーの株価が急落し、当初の合意通りではMUFG側に多額の損失が生じる可能性があったため、再検討の結果全額優先株となった。三菱UFJフィナンシャル・グループ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
85件中 81 - 85件表示

「三菱UFJフィナンシャル・グループ」のニューストピックワード