前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
403件中 1 - 10件表示
  • 種田陽平

    種田陽平から見た三谷幸喜三谷幸喜

    2012年にはチャン・イーモウ監督の中国映画『金陵十三釵』が公開され中国本土で大ヒットを記録する。同年、俳優のキアヌ・リーブスの初監督作品『ファイティング・タイガー 〜MAN OF TAI CHI〜』を北京および香港で撮影、帰国して三谷幸喜監督作品、『THE 有頂天ホテル』『ザ・マジックアワー』『ステキな金縛り』に続き、4作目となる『清洲会議』を撮影。種田陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 河野圭太

    河野圭太から見た三谷幸喜三谷幸喜

    独自性は出さず、あくまでシナリオを基本とした演出を展開。そのため脚本家より熱烈な支持を受ける。脚本家では三谷幸喜、君塚良一といった大家と組むことが多く、プロデューサーでは関口静夫(現・共同テレビ非常勤顧問)、高橋萬彦(現・共同テレビ常務取締役)や小椋久雄(現・共同テレビ執行役員)、フジテレビ・石原隆作品が多い。河野圭太 フレッシュアイペディアより)

  • 市川 猿之助(松竹専属・業務提携)

    市川猿之助 (4代目)から見た三谷幸喜三谷幸喜

    2006年(平成18年) - 3月、三谷幸喜初演出の歌舞伎『決闘! 高田馬場』に出演。翌年、蜷川幸雄演出の歌舞伎『NINAGAWA十二夜』に出演。市川猿之助 (4代目) フレッシュアイペディアより)

  • やっぱり猫が好き

    やっぱり猫が好きから見た三谷幸喜三谷幸喜

    基本的に、舞台はマンションの一室、出演者は三姉妹と飼い猫のみという設定である。しかし、初期はスタッフ(「イースト」の衣装や、火事の際の取材陣役)が出ていたり、屋外ロケが数回ある。スペシャル版では逸見政孝、三谷幸喜、大高洋夫、西村雅彦らがゲスト出演した。やっぱり猫が好き フレッシュアイペディアより)

  • 古畑任三郎

    古畑任三郎から見た三谷幸喜三谷幸喜

    終盤の解決篇の直前に画面が暗転して、古畑が視聴者に向かって「挑戦」する構成は、アメリカのテレビ・ムービー『エラリー・クイーン』からの引用である。脚本の三谷幸喜は少年時代、東京12チャンネルで放送されていたこの番組のファンであった。古畑任三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 香取慎吾

    香取慎吾から見た三谷幸喜三谷幸喜

    2009年秋、ニューヨークのオフ・ブロードウェイでミュージカル『TALK LIKE SINGING』(脚本:三谷幸喜)に出演。日本のオリジナルミュージカルが初演をニューヨークで行うのは日本の演劇界では初のことだった。翌年2010年には日本公演も行われた。香取慎吾 フレッシュアイペディアより)

  • 川平 慈英

    川平慈英から見た三谷幸喜三谷幸喜

    テレビの他、舞台や映画、ラジオでも活躍。シリアスな演技もこなすが、ミュージカル俳優としての特徴を生かせる役も多い。特に舞台では三谷幸喜作品にも多く出演。川平慈英 フレッシュアイペディアより)

  • 大泉洋

    大泉洋から見た三谷幸喜三谷幸喜

    ステキな金縛り(2011年10月29日公開、監督:三谷幸喜) - 羽柴大輔(「勝訴」の旗を持つ男)役大泉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 福山桜子

    福山桜子から見た三谷幸喜三谷幸喜

    三谷幸喜の紹介によりフジテレビドラマ『子供、ほしいね』にてテレビ脚本デビュー。90年代に渡米。福山桜子 フレッシュアイペディアより)

  • 和田誠

    和田誠から見た三谷幸喜三谷幸喜

    退社後はフリーランスとなり、「週刊文春」の表紙、星新一著作の挿絵などを手掛けたり、他にも、星新一・丸谷才一の一連の作品や村上春樹の『アフターダーク』、三谷幸喜、阿川佐和子作品を始め、数多くの装丁を担当する。通常、書籍のバーコードは裏表紙のカバーに直接印刷されるが、これを嫌い、ISBNの数字のみが表示されたデザインを採り入れている。結果、バーコードは帯に印刷されることが多い。和田誠 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
403件中 1 - 10件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード