403件中 101 - 110件表示
  • エルジュビェタ・ステファンスカ

    エルジュビェタ・ステファンスカから見た三谷幸喜三谷幸喜

    1991年、三谷幸喜の戯曲『12人の優しい日本人 (映画)』の劇中に流れるフォルテピアノの演奏エルジュビェタ・ステファンスカ フレッシュアイペディアより)

  • 中村 英児

    中村英児から見た三谷幸喜三谷幸喜

    高校卒業後に上京。舞台照明スタッフとして三谷幸喜作品「君となら」「巌流島」、つかこうへい作品「熱海殺人事件」などの商業演劇に携わる。その後、俳優に転向、多くの映像作品に出演する。「Mean's」(Vシネマ)で脚本執筆後、自らメガホンを取り、監督としてオリジナル作品を発表している。2017年株式会社プロダクションガレージ設立。代表取締役に就任。映像制作を中心に様々な事業を展開。中村英児 フレッシュアイペディアより)

  • 笑の王国

    笑の王国から見た三谷幸喜三谷幸喜

    1941年(昭和16年)ころからは、日本が戦時体制に入り、兵隊ものをテーマにしなければならず、検閲の通過のため、アチャラカを旨とした同劇団の主旨に反する内容にせざるをえなくなってきた。この時期のエピソードが、のちに三谷幸喜の戯曲『笑の大学』のモデルとなった。同年、大都映画が大映に統合され、同社で雑用係をしていた梅田ひろし(あした順子・ひろしのひろし) がこのころ入団している。笑の王国 フレッシュアイペディアより)

  • 大泉洋のサンサンサンデー

    大泉洋のサンサンサンデーから見た三谷幸喜三谷幸喜

    大泉が清須会議に出演したことを機に、三谷幸喜が電話出演する「三谷幸喜のコウコウコウキー」のコーナーが2013年にあった。大泉洋のサンサンサンデー フレッシュアイペディアより)

  • 高泉 淳子

    高泉淳子から見た三谷幸喜三谷幸喜

    2013年 『ホロヴィッツとの対話』(作・演出:三谷幸喜高泉淳子 フレッシュアイペディアより)

  • ウディ・アレンの重罪と軽罪

    ウディ・アレンの重罪と軽罪から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『今夜、宇宙の片隅で』:三谷幸喜の脚本によるテレビドラマ。最終回の、酒場で主人公の西村雅彦とある老紳士(安井昌二)が語り合うシーンは、本作からの影響が見られる。ただ、本作は「映画のようなラスト」が嘲笑されるバッドエンドという趣であるが、三谷はそれを反転させて「映画のようなラスト」について語るハッピーエンドにした。ウディ・アレンの重罪と軽罪 フレッシュアイペディアより)

  • ナイロン100℃

    ナイロン100℃から見た三谷幸喜三谷幸喜

    通常、喜劇はブロードウェイものと、シチュエーション・コメディ(日本では三谷幸喜に代表される)、かつてケラが得意としたナンセンス・コメディなどに分類される。これに対し、一般的な感覚では悲劇として扱われるような主題をコメディに仕立てる作風を、ケラは「シリアス・コメディ」と自称する。悲劇が派生的に笑いを呼ぶのではなく、確信犯的に笑いを生みだす手法をさす。近年ではナイロン以外のプロデュース公演を含め、ケラ作品において常套的にみられるものである。ナイロン100℃ フレッシュアイペディアより)

  • MAKING SENSE

    MAKING SENSEから見た三谷幸喜三谷幸喜

    内容はおよそ7分間の三谷幸喜・清水ミチコの対談形式によるトークと、その日の音楽一曲で構成される。トークと曲の間や番組のエンディングには、その日の2人のトークと関連づけた英語によるナレーションも入る。(最後に英語でまとめている男性はMic Bondである)なお、ステレオ放送対応のラジオで聴くと左のスピーカーから清水の声が、右のスピーカーから三谷の声が聴こえるようになっている。MAKING SENSE フレッシュアイペディアより)

  • 本多遼

    本多遼から見た三谷幸喜三谷幸喜

    ドレッサー(2013年6月28日 - 7月28日、シス・カンパニー公演、演出:三谷幸喜 世田谷パブリックシアター)本多遼 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のテレビドラマ (日本)

    2013年のテレビドラマ (日本)から見た三谷幸喜三谷幸喜

    三谷幸喜 大空港2013(公式サイト)2013年のテレビドラマ (日本) フレッシュアイペディアより)

403件中 101 - 110件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード