403件中 121 - 130件表示
  • ベッジ・パードン

    ベッジ・パードンから見た三谷幸喜三谷幸喜

    『ベッジ・パードン』は、三谷幸喜作・演出による日本の演劇作品。ベッジ・パードン フレッシュアイペディアより)

  • 彦馬がゆく

    彦馬がゆくから見た三谷幸喜三谷幸喜

    『彦馬がゆく』(ひこまがゆく)は、三谷幸喜が東京サンシャインボーイズのために脚本を書き下ろした舞台劇。彦馬がゆく フレッシュアイペディアより)

  • 君となら〜Nobody Else But You

    君となら〜Nobody Else But Youから見た三谷幸喜三谷幸喜

    『君となら〜Nobody Else But You』(きみとなら ノーバディ・エルス・バット・ユー)は、三谷幸喜脚本による舞台劇。1995年、PARCO劇場にて初演。君となら〜Nobody Else But You フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンプ・ショウ

    ヴァンプ・ショウから見た三谷幸喜三谷幸喜

    『ヴァンプ・ショウ』(Vamp Show)は、三谷幸喜脚本による舞台劇。1992年初演。ヴァンプ・ショウ フレッシュアイペディアより)

  • yuma

    yumaから見た三谷幸喜三谷幸喜

    2013年、三谷幸喜と結婚した一般女性と報じられる。yuma フレッシュアイペディアより)

  • 矢野かずき

    矢野かずきから見た三谷幸喜三谷幸喜

    2009年/二人芝居「上演許可 否(原作は三谷幸喜の笑の大学)」チョンブリ・ラヨーン日本人会(CRJA)主催、(ANA提供)矢野かずき フレッシュアイペディアより)

  • 市川準

    市川準から見た三谷幸喜三谷幸喜

    1999年には初めて大阪を舞台とした『大阪物語』を監督。2002年に三谷幸喜の戯曲が原作の『竜馬の妻とその夫と愛人』を監督する。2004年に村上春樹原作の『トニー滝谷』を監督。市川は長年に渡り村上作品を愛読しており、この作品は第57回ロカルノ国際映画祭で審査員特別賞、国際批評家連盟賞、ヤング審査員賞を受賞した。2007年に最後の長編映画となった『あしたの私のつくり方』を監督。第2回フランスKINOTAYO映画祭グランプリを受賞した。市川準 フレッシュアイペディアより)

  • 3番テーブルの客

    3番テーブルの客から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『古畑任三郎』や『王様のレストラン』で知られる脚本家の三谷幸喜による書き下ろしの脚本を、毎回違ったスタッフキャストで制作するという番組。冒頭の「台本が同じなら同じ作品が出来上がると思うならあなたはドラマを知らない」のナレーション通り、演出によって作品の雰囲気が変わるということがよく解る作品となっており、演出家を目指す者には打って付けのドラマである。実際、話の筋は全て同じなので退屈な物に思えそうだが、キャスティング、小道具など、どの回も様々な演出家の個性が溢れており、飽きさせない作りになっている。1997年には、日本民間放送連盟賞優秀賞を受賞した。3番テーブルの客 フレッシュアイペディアより)

  • サボテン・ブラザース

    サボテン・ブラザースから見た三谷幸喜三谷幸喜

    脚本家の三谷幸喜は、「私が今まで見た映画のなかで、一番感銘を受けた作品は『サボテン・ブラザース』である」と、コメントしている。テレビドラマ『合い言葉は勇気』(2000年・フジテレビ系)では、"売れない役者が、最初は意図をしないが、弱い住民のために、勇気をふるって戦う”という本作品のプロット (物語)を用い、オマージュを捧げた。また、『踊る大捜査線』シリーズで、北村総一朗、小野武彦、斉藤暁が演じるスリー・アミーゴスは本作が元ネタとなっている。サボテン・ブラザース フレッシュアイペディアより)

  • 舘恭子

    舘恭子から見た三谷幸喜三谷幸喜

    三谷幸喜率いる劇団「東京サンシャインボーイズ」(西村雅彦、相島一之、近藤芳正ら)のファンだった。舘恭子 フレッシュアイペディアより)

403件中 121 - 130件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード