403件中 11 - 20件表示
  • 世にも奇妙な物語 映画の特別編

    世にも奇妙な物語 映画の特別編から見た三谷幸喜三谷幸喜

    脚本では元女優の相沢友子が映画初脚本。古畑任三郎で知られる脚本家の三谷幸喜がストーリーテラーの脚本を書いたことで話題を呼んだ。また、踊る大捜査線で有名な君塚良一なども参加している。世にも奇妙な物語 映画の特別編 フレッシュアイペディアより)

  • HR (テレビドラマ)

    HR (テレビドラマ)から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『HR』(エイチアール)は、2002年10月9日から2003年3月26日まで毎週水曜日23:00 - 23:30に、フジテレビ系で放送された日本のテレビドラマ。全23話。脚本・総合演出は三谷幸喜。主演は香取慎吾。HR (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 東京サンシャインボーイズ

    東京サンシャインボーイズから見た三谷幸喜三谷幸喜

    東京サンシャインボーイズ(とうきょうサンシャインボーイズ)は、日本の劇団。1983年、日本大学芸術学部に在籍していた三谷幸喜を中心に旗揚げ。人気絶頂期には、新宿にあったTHEATER/TOPS を拠点に活動していた。東京サンシャインボーイズ フレッシュアイペディアより)

  • 栗原英雄

    栗原英雄から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『真田丸』出演は、同ドラマ脚本の三谷幸喜が出演舞台『タイタニック』を観劇したことがきっかけである。三谷と親交のあった共演のシルビア・グラブ経由で「映像作品への興味」を尋ねられ、興味がある旨を伝えたところ後日出演オファーが来たという。栗原英雄 フレッシュアイペディアより)

  • 清水 ミチコ

    清水ミチコから見た三谷幸喜三谷幸喜

    複数の三谷幸喜作品にも出演しており、公私ともに付き合いがある。清水ミチコ フレッシュアイペディアより)

  • キネマ旬報

    キネマ旬報から見た三谷幸喜三谷幸喜

    脚本賞 三谷幸喜 と 東京サンシャインボーイズ(『12人の優しい日本人』)キネマ旬報 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内 敬子

    堀内敬子から見た三谷幸喜三谷幸喜

    ただ、四季退団後必ずしも常に順風であったわけではなく、特に2003年 - 2004年頃はやや活動が少なく、堀内本人は「引っ込み思案で人見知りするタイプ」のためと言っており、マネージャーからも「押しが足りないから仕事がない」と言われていた。しかし、2004年9月に『I LOVE YOU 愛の果ては?』での演技を、たまたま観劇した三谷幸喜に高く評価されて、三谷の舞台『12人の優しい日本人』で最後までキャストが決定していなかった「キーパーソンのおばさん」役に、初対面ながらその場で出演依頼された。その後多くの三谷作品に参加しており、それと共に、舞台だけでなくテレビ・映画への出演も増えている。堀内敬子 フレッシュアイペディアより)

  • コンフィダント・絆

    コンフィダント・絆から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『コンフィダント・絆』(コンフィダント きずな)は、2007年4月7日から5月6日までパルコ劇場で上演された、三谷幸喜作・演出の舞台作品。コンフィダント・絆 フレッシュアイペディアより)

  • 全員出席!笑うんだってば

    全員出席!笑うんだってばから見た三谷幸喜三谷幸喜

    構成:すずまさ、伊藤雅司、成田はじめ、下等ひろき、三谷幸喜、河崎健男、武田康一郎、阿部一也、赤松裕介、早川健一、中野俊成、橋本尚子、大工富明、鈴木勝秀、伊藤正宏、豊田俊一、長谷川勝士全員出席!笑うんだってば フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜のありふれた生活

    三谷幸喜のありふれた生活から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『三谷幸喜のありふれた生活』(みたにこうきのありふれたせいかつ)は、三谷幸喜のエッセイ(三谷自身は日記のようなものと言っている)。2000年に朝日新聞で連載開始された。かつては毎週水曜の夕刊(12面前後)に掲載されていたが、現在は毎週木曜の夕刊(12面前後)に掲載。三谷幸喜のありふれた生活 フレッシュアイペディアより)

403件中 11 - 20件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード