310件中 11 - 20件表示
  • 新選組!

    新選組!から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『新選組!』(しんせんぐみ!)は、2004年1月11日から12月12日まで放送された43作目のNHK大河ドラマである。主演はSMAPの香取慎吾、作・脚本は三谷幸喜新選組! フレッシュアイペディアより)

  • 古畑任三郎

    古畑任三郎から見た三谷幸喜三谷幸喜

    終盤の解決篇の直前に画面が暗転して、古畑が視聴者に向かって「挑戦」する構成は、アメリカのテレビ・ムービー『エラリー・クイーン』からの引用である。脚本の三谷幸喜は少年時代、東京12チャンネルで放送されていたこの番組のファンであった。古畑任三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大泉洋

    大泉洋から見た三谷幸喜三谷幸喜

    記者会見場で写真撮影を撮った際に、端にいた三谷幸喜から出演者なのにも拘らず、「邪魔だからどこう」と言われる。そこで、「出演しているんだから、それはおかしい」と指摘すると、「じゃ、真ん中に」と意味不明な指示を受けた。これには大泉自身も困惑した。また、後日出演した笑っていいとも!では、三谷の翌日(2010年4月6日放送)が自分(大泉)で、三谷の友達を紹介の場面でアナウンサーから電話を受け取った途端すぐに、三谷が大泉と会話をせずに、「タモリさんに代わります」と電話を代わり、大泉は猛抗議。同様にタモリも、「明日来てくれるかな?」と乗った為にもう一度抗議した。大泉洋 フレッシュアイペディアより)

  • 堀内 敬子

    堀内敬子から見た三谷幸喜三谷幸喜

    ただ、四季退団後必ずしも常に順風であったわけではなく、特に2003年〜2004年頃はやや活動が少なく、堀内本人は「引っ込み思案で人見知りするタイプ」のためと言っており、マネージャーからも「押しが足りないから仕事がない」と言われていた。しかし、2004年9月に『I LOVE YOU 愛の果ては?』での演技を、たまたま観劇した三谷幸喜に高く評価されて、三谷の舞台『12人の優しい日本人』で最後までキャストが決定していなかった「キーパーソンのおばさん」役に、初対面ながらその場で出演依頼された(『こけらおとし』、『三谷幸喜のありふれた生活』、SATURDAY WAITING BAR AVANTI PODCAST vol. 49、他)。その後多くの三谷作品に参加しており、それと共に、舞台だけでなくテレビ・映画への出演も増えている。堀内敬子 フレッシュアイペディアより)

  • 山寺 宏一

    山寺宏一から見た三谷幸喜三谷幸喜

    2000年に洋画の吹き替えファンの三谷幸喜から声がかかり、俳優としてデビュー。それ以降、テレビ俳優やテレビ司会者などテレビタレントとしても活躍するようになっていった。この山寺のように、声優が一般のテレビタレントへ進出し活躍できたというのは極めて異例。山寺宏一 フレッシュアイペディアより)

  • 阿南 健治

    阿南健治から見た三谷幸喜三谷幸喜

    物腰柔らかで温和な笑顔が特徴で、三谷幸喜や元劇団員からは「癒し系」と評されている。阿南健治 フレッシュアイペディアより)

  • 小森収

    小森収から見た三谷幸喜三谷幸喜

    その後は主に文芸書の編集者として、山本文緒『パイナップルの彼方』『ブルーもしくはブルー』、篠田節子『夏の災厄』、三谷幸喜『古畑任三郎』、黒崎緑『未熟の獣』、月崎時央『正しい精神科のかかり方』『「少女監禁」と「バスジャック」』などを担当。小森収 フレッシュアイペディアより)

  • コンフィダント・絆

    コンフィダント・絆から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『コンフィダント・絆』(コンフィダント きずな)は、2007年4月7日から5月6日までパルコ劇場で上演された、三谷幸喜作・演出の舞台作品。コンフィダント・絆 フレッシュアイペディアより)

  • 僕は君に恋をする

    僕は君に恋をするから見た三谷幸喜三谷幸喜

    カップリング曲「一人じゃない」は、NHK教育テレビ『連続人形活劇 新・三銃士』のエンディング・テーマ。作詞は同テレビ番組自体にも脚色、脚本として関わりがある脚本家・三谷幸喜によるもの。平井堅の歌手デビュー・シングル「Precious Junk」(1995/5/13発売:SRDL-3998)が三谷幸喜脚本のテレビドラマ『王様のレストラン』に起用されたり、フジテレビ系列音楽番組『僕らの音楽』内でトーク対談したりするなど縁のある脚本家であるが、音楽を共同作業で制作し、CDパッケージ化されるのは初めてである。僕は君に恋をする フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜のありふれた生活

    三谷幸喜のありふれた生活から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『三谷幸喜のありふれた生活』(みたにこうきのありふれたせいかつ)は、三谷幸喜のエッセイ(三谷自身は日記のようなものと言っている)。2000年に朝日新聞で連載開始された。かつては毎週水曜の夕刊(12面前後)に掲載されていたが、現在は毎週木曜の夕刊(12面前後)に掲載。三谷幸喜のありふれた生活 フレッシュアイペディアより)

310件中 11 - 20件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード