310件中 21 - 30件表示
  • 連続人形活劇 新・三銃士

    連続人形活劇 新・三銃士から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『連続人形活劇 新・三銃士』(れんぞくにんぎょうかつげき しんさんじゅうし)は、2009年10月12日から2010年5月28日までNHK教育テレビで放送していた人形劇。また、2010年4月4日から12月26日までNHK総合テレビでも放送された。アレクサンドル・デュマ・ペール著の「ダルタニャン物語」のうち『三銃士』を原作として三谷幸喜が脚色、脚本を手がけた。キャラクターデザインは井上文太。なお題名の「・(なかぐろ)」は画数が吉数に1画足りなかったために足されたもの。連続人形活劇 新・三銃士 フレッシュアイペディアより)

  • 石井 正則

    石井正則から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『ボキャブラ』での活動が、パネリストとして何度かゲスト出演していた劇作家・三谷幸喜の目に留まり、1999年には三谷が脚本を手掛ける人気テレビドラマ『古畑任三郎』(フジテレビ系列)のレギュラーに抜擢される。その後もコンビ芸人としての活動の傍ら俳優としての活動を続け、また2000年代後半以降は声優として、『結界師』(読売テレビ制作・日本テレビ系列)で妖犬・白尾役を演じた。2006年3月には小学校5・6年生向けの学校放送番組、『道徳ドキュメント』(NHK教育)で番組ナビゲーターを担当し、従来のお笑い芸人のイメージとは異なる硬派な一面を見せた。『日本史サスペンス劇場』(日本テレビ系列)では、江戸の町を飛び回り歴史の真実を追い詰める敏腕瓦版屋(ナレーター)を演じ、話題となる。石井正則 フレッシュアイペディアより)

  • THE 有頂天ホテル

    THE 有頂天ホテルから見た三谷幸喜三谷幸喜

    『THE 有頂天ホテル』(ザ うちょうてんホテル、The Wow-Choten Hotel)は、2006年1月14日に公開された日本映画。三谷幸喜監督作品の第3作。興行収入60.8億円。観客動員470万人。THE 有頂天ホテル フレッシュアイペディアより)

  • 子供、ほしいね

    子供、ほしいねから見た三谷幸喜三谷幸喜

    1988年から放送されて大ヒットしたテレビドラマ『やっぱり猫が好き』の後を受けて開始された、深夜シチュエーション・コメディの第2弾である。前番組にも携わっていた三谷幸喜が脚本を担当している回が多く、ドラマ本編にも自ら登場していた。子供、ほしいね フレッシュアイペディアより)

  • 全員出席!笑うんだってば

    全員出席!笑うんだってばから見た三谷幸喜三谷幸喜

    脚本家の三谷幸喜が番組構成に参加していた。全員出席!笑うんだってば フレッシュアイペディアより)

  • JOCX-TV2

    JOCX-TV2から見た三谷幸喜三谷幸喜

    子供、ほしいね(シチュエーションドラマで『やっぱり猫が好き』の後番組。三谷幸喜が脚本&出演)JOCX-TV2 フレッシュアイペディアより)

  • 欽ドン!

    欽ドン!から見た三谷幸喜三谷幸喜

    2010年4月2日、NHKBSハイビジョンの「ザ☆スター」第1回・萩本欽一編にて、真矢みきと三谷幸喜による『欽ドン!』の再現が放送された。欽ドン! フレッシュアイペディアより)

  • 清須会議 (小説)

    清須会議 (小説)から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『清須会議』(きよすかいぎ)は、2012年に出版された三谷幸喜の小説。またそれを原作にし、2013年秋頃に映画化される作品。題材は1582年に実際にあった事件、清洲会議(清須会議)を元にしたもの。清須会議 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • サラリーマンNEO

    サラリーマンNEOから見た三谷幸喜三谷幸喜

    5月25日には全編にわたり三谷幸喜を役者としてフィーチャーした「三谷幸喜スペシャル」を、6月15日には同様に香取慎吾をフィーチャーした「香取ボーナススペシャル」を放送。サラリーマンNEO フレッシュアイペディアより)

  • 吉田 羊

    吉田羊から見た三谷幸喜三谷幸喜

    その後、中井の紹介で脚本家・三谷幸喜にも出会うこととなる。2009年3月、三谷幸喜率いる劇団「東京サンシャインボーイズ」の15年ぶりの復活公演のキャストに抜擢。サンシャインボーイズの充電前最後の公演「罠」に出演した役者が全て揃うこと、を条件に立ち上がった同企画において、ただ一人の外部ゲストとして注目された。その後、三谷が連載する朝日新聞のエッセイにも何度か名前が挙がり、復活公演を観られなかったファンにもその名前が知られることとなる。2011年3月・4月には、三谷幸喜生誕50周年を記念して発表された舞台「国民の映画」に出演。権力に愛され勘違いしてしまう悲しき新進女優エルザ・フェーゼンマイヤーを演じた。近年では大河ドラマに2年連続で出演している。2012年10月からは、NHK朝の連続テレビ小説『純と愛』に、ヒロインの上司、桐野富士子役で出演。吉田羊 フレッシュアイペディアより)

310件中 21 - 30件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード