403件中 21 - 30件表示
  • 12人の優しい日本人

    12人の優しい日本人から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『12人の優しい日本人』(じゅうににんのやさしいにほんじん)は、三谷幸喜が東京サンシャインボーイズのために脚本を書き下ろした戯曲。およびそれを原作とした1991年制作の日本映画。12人の優しい日本人 フレッシュアイペディアより)

  • THE 有頂天ホテル

    THE 有頂天ホテルから見た三谷幸喜三谷幸喜

    『THE 有頂天ホテル』(ザ うちょうてんホテル、The Wow-Choten Hotel)は、2006年1月14日に公開された日本映画。三谷幸喜監督作品の第3作。主演の役所広司がホテルの支配人を演じた。興行収入60.8億円を記録し2006年の邦画第3位の好成績を収めたヒット作品。観客動員470万人。THE 有頂天ホテル フレッシュアイペディアより)

  • シャーロック ホームズ (人形劇)

    シャーロック ホームズ (人形劇)から見た三谷幸喜三谷幸喜

    脚本家三谷幸喜が、舞台を寄宿学校に、登場人物を生徒と学校関係者に設定し、シリーズの作品を学校内の事件として脚色している。初回は2014年3月25日から27日までの3日間、NHK総合テレビで先行放送され、同年8月にはやはりNHK総合テレビで別の3話が先行放送された。そして10月12日から2015年2月15日までの毎週日曜日午後5時30分から、NHK Eテレで、改めて第1話から全18回が放送された。また、10月5日にはスペシャル番組が放送され、放送された日曜日の4日後の木曜深夜に、同じ回が再放送された。シャーロック ホームズ (人形劇) フレッシュアイペディアより)

  • 子供、ほしいね

    子供、ほしいねから見た三谷幸喜三谷幸喜

    1988年から放送されて大ヒットしたテレビドラマ『やっぱり猫が好き』の後を受けて開始された、深夜シチュエーション・コメディの第2弾である。前番組にも携わっていた三谷幸喜が脚本を担当している回が多く、ドラマ本編にも自ら登場していた。子供、ほしいね フレッシュアイペディアより)

  • ラヂオの時間

    ラヂオの時間から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『ラヂオの時間』は、1993年に上演された、劇団東京サンシャインボーイズの演劇。脚本・演出は三谷幸喜。1997年には三谷幸喜の初監督作品として映画化された。ラヂオの時間 フレッシュアイペディアより)

  • 高間賢治

    高間賢治から見た三谷幸喜三谷幸喜

    過去に松本俊夫、金子修介、三谷幸喜等の映画監督と組んでいる。高間賢治 フレッシュアイペディアより)

  • 清須会議 (小説)

    清須会議 (小説)から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『清須会議』(きよすかいぎ)は、2012年に出版された三谷幸喜の小説。またそれを原作にし、2013年11月9日に公開された日本の映画作品。題材は1582年に実際にあった出来事の清洲会議(清須会議)を元にしたもの。清須会議 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 僕は君に恋をする

    僕は君に恋をするから見た三谷幸喜三谷幸喜

    カップリング曲「一人じゃない」は、NHK教育テレビ『連続人形活劇 新・三銃士』のエンディング・テーマ。作詞は同テレビ番組自体にも脚色、脚本として関わりがある脚本家・三谷幸喜によるもの。平井堅の歌手デビュー・シングル「Precious Junk」(1995/5/13発売:SRDL-3998)が三谷幸喜脚本のテレビドラマ『王様のレストラン』に起用されたり、フジテレビ系列音楽番組『僕らの音楽』内でトーク対談したりするなど縁のある脚本家であるが、音楽を共同作業で制作し、CDパッケージ化されるのは初めてである。僕は君に恋をする フレッシュアイペディアより)

  • 吉田ボイス

    吉田ボイスから見た三谷幸喜三谷幸喜

    吉田ボイスの名付け親は脚本家・演出家・映画監督の三谷幸喜である(朝日新聞 三谷幸喜のありふれた生活「「第三の男」はボイス」2014年11月6日掲載分)。吉田ボイス フレッシュアイペディアより)

  • 風雲児たち

    風雲児たちから見た三谷幸喜三谷幸喜

    『風雲児たち〜蘭学革命(れぼりゅうし)篇〜』(ふううんじたち らんがくれぼりゅうしへん)と題して、NHK正月時代劇として三谷幸喜脚本によりテレビドラマ化され、2018年1月1日に放送された。風雲児たち フレッシュアイペディアより)

403件中 21 - 30件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード