310件中 31 - 40件表示
  • 第62回NHK紅白歌合戦

    第62回NHK紅白歌合戦から見た三谷幸喜三谷幸喜

    前回までは中間審査を含めた総得票数による審査だったが、若干の変更が行われ最終審査のみの得票数による審査となった。結果343,045対323,767で紅組が7年ぶりに優勝し、白組の連勝記録は6でストップした。ゲスト審査員の三谷幸喜から優勝旗を授与された井上は号泣した。第62回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 井上順

    井上順から見た三谷幸喜三谷幸喜

    1976年から1985年まで『夜のヒットスタジオ』3代目男性司会者を担当。同番組の歴代男性司会者としては最長の9年半に渡り司会を務める。干支が一回り上の芳村真理との絶妙なコンビネーションで、番組黄金期を築いた。「茶化し」に徹しつつエンターテイナーぶりをのぞかせる井上の司会ぶりは、当時学生だった三谷幸喜にも大きな影響を与え、三谷の映画監督デビュー作『ラヂオの時間』では「『夜ヒット』の井上順」を髣髴とさせるキャラクターが登場。この役柄を井上本人が演じた。井上順 フレッシュアイペディアより)

  • 田村正和

    田村正和から見た三谷幸喜三谷幸喜

    脚本家では鎌田敏夫、遊川和彦、三谷幸喜、プロデューサーでは関口静夫、石原隆、八木康夫、監督では藤田明二、河野圭太、清弘誠、役者では橋爪功、津川雅彦、黒木瞳、浅野温子、篠ひろ子らとの仕事が多い。田村正和 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺 謙

    渡辺謙から見た三谷幸喜三谷幸喜

    ラヂオの時間 (1997年、東宝、三谷幸喜 監督) - トラック運転手 役渡辺謙 フレッシュアイペディアより)

  • 西村 雅彦

    西村雅彦から見た三谷幸喜三谷幸喜

    富山県立富山商業高等学校卒業後、1979年に東洋大学社会学部に入学するも半年で中退。帰郷して富山市の専門学校で写真を学ぶ。地元のアマチュア劇団に入ったことがきっかけで俳優を志すようになり、ふたたび上京。劇団文化座を経て、三谷幸喜率いる東京サンシャインボーイズに入団。三谷脚本の『古畑任三郎』シリーズ(フジテレビ)における今泉慎太郎役が当たり役となり、知名度を高める。以後、テレビドラマを中心に活躍。身長は178.5cm。西村雅彦 フレッシュアイペディアより)

  • 清水 ミチコ

    清水ミチコから見た三谷幸喜三谷幸喜

    MAKING SENSE(J-WAVE、月曜日?金曜日23:45 - 24:00)- 三谷幸喜と共演清水ミチコ フレッシュアイペディアより)

  • SmaSTATION!!

    SmaSTATION!!から見た三谷幸喜三谷幸喜

    2004年1月10日の放送はNHKの大河ドラマ『新選組!』に放送開始前夜にあたるため『新選組!』の脚本を担当した脚本家三谷幸喜と、土方歳三を演じた俳優の山本耕史が番組に出演した。SmaSTATION!! フレッシュアイペディアより)

  • 山本 耕史

    山本耕史から見た三谷幸喜三谷幸喜

    2004年にはNHK大河ドラマ『新選組!』で局長近藤勇を支え続ける土方歳三役を演じた。彼の容姿・風貌が現存する土方歳三の写真とよく似ていたことと、脚本の三谷幸喜が「こいつ(山本)は"悪い奴"だ、その部分を引き出したい」という思いを持ち、4年前から山本に目をつけ、2004年のスケジュールを空けるようにあらかじめ頼んでいたという。その演技は長年にわたり映画・ドラマ『燃えよ剣』などで土方役を務め代表的"土方役者"と呼ばれた栗塚旭(同作では兄・為次郎役)が対談で「やっと次にバトンを渡せる(任せられる)」と言ったほどで、これが当たり役となった。山本耕史 フレッシュアイペディアより)

  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画

    ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画から見た三谷幸喜三谷幸喜

    メンバーとヘイポーの計6人が図書館の一室で罰ゲームを行う企画。ルールは、6枚のカードのうち1枚ずつ選び、ドクロのカードを引いた者がお題に書かれた罰(鼻毛抜き、皮ベルトビンタ、熱々スライム乗せなど)を受ける。場所が図書館であるため、メンバー(ヘイポーおよびゲスト含む)は声を出してはいけないのがこの企画の特徴で、「絶対に笑ってはいけない」シリーズの原形企画といえる。また、ヘイポーの代わりにアーネスト・ホースト(2004年4月25日放送)や三谷幸喜(2008年6月1日放送)がゲスト出演したこともあった。さらに、「絶対に笑ってはいけない高校(ハイスクール)」の一部でもこの企画が行われ、田中がタイキック、松本がこちょばしマンの罰を受けた。ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!の企画 フレッシュアイペディアより)

  • ビリー・ワイルダー

    ビリー・ワイルダーから見た三谷幸喜三谷幸喜

    アカデミー賞の常連であり、ノミネート回数は20回に及ぶアルフレッド・ヒッチコック、ジョン・フォードと並びハリウッドの代表する名匠のひとりだった。現在でもキャメロン・クロウをはじめ、サム・メンデスやロン・ハワードといった若い世代の監督たちからも絶大な支持があり、日本でも立川談志、三谷幸喜、和田誠、杉浦直樹、小堺一機など多くのファンがいる。ビリー・ワイルダー フレッシュアイペディアより)

310件中 31 - 40件表示