403件中 41 - 50件表示
  • 今井 朋彦

    今井朋彦から見た三谷幸喜三谷幸喜

    大学卒業後、文学座に入団。当初は舞台を中心に活動していたが、三谷幸喜が脚本を担当したテレビドラマ『HR』にレギュラー出演して以降、三谷作品も含めて出演が増加した。今井朋彦 フレッシュアイペディアより)

  • 世にも奇妙な物語

    世にも奇妙な物語から見た三谷幸喜三谷幸喜

    脚本:鈴木勝秀(雪山)、落合正幸(雪山、監督兼任)、君塚良一(携帯忠臣蔵)、中村樹基(CHESS)、星護(CHESS、監督兼任)、相沢友子(結婚シミュレーター)、三谷幸喜(ストーリーテラー)世にも奇妙な物語 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木京香

    鈴木京香から見た三谷幸喜三谷幸喜

    1995年のテレビドラマ、『我慢できない!』(関西テレビ)ではコミカルな演技を披露し、それ以降は人気ドラマに次々と登板した。脚本家、三谷幸喜の作品では、テレビドラマ 『王様のレストラン』(1995年、フジテレビ)を皮切りに、常連出演者となっている。謙虚な主婦や、豪快な女性刑事から可憐な女性、教育ママ、大人の女性など、さまざまな役柄を柔軟にこなす。鈴木京香 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹 しのぶ

    大竹しのぶから見た三谷幸喜三谷幸喜

    ギャラクシー街道(2015年 監督:三谷幸喜)- ハナ役大竹しのぶ フレッシュアイペディアより)

  • 中井 貴一

    中井貴一から見た三谷幸喜三谷幸喜

    同年代の真田広之や佐藤浩市、柳葉敏郎、『ふぞろいの林檎たち』で共演した時任三郎、柳沢慎吾、『東京上空いらっしゃいませ』で共演した笑福亭鶴瓶、さらには同じ世田谷区出身の三谷幸喜、とんねるずの木梨憲武らと親交が深い(木梨は「中井君は有馬記念に出るサラブレッド、オレは最終レースの500万下に出るアラブだ」と語っていた)。また、若手でもドラマで共演したSMAPの木村拓哉、嵐の松本潤とも親しい。中井貴一 フレッシュアイペディアより)

  • 小森収

    小森収から見た三谷幸喜三谷幸喜

    その後は主に文芸書の編集者として、山本文緒『パイナップルの彼方』『ブルーもしくはブルー』、篠田節子『夏の災厄』、三谷幸喜『古畑任三郎』、黒崎緑『未熟の獣』、月崎時央『正しい精神科のかかり方』『「少女監禁」と「バスジャック」』などを担当。小森収 フレッシュアイペディアより)

  • 王様のレストラン

    王様のレストランから見た三谷幸喜三谷幸喜

    三谷幸喜は作品を制作するに当たって制約条件を自ら課することを好み、本作品では、話が全てレストランの中で完結することを制約条件としている。王様のレストラン フレッシュアイペディアより)

  • 松重 豊

    松重豊から見た三谷幸喜三谷幸喜

    1982年4月、明治大学文学部文学科に入学し演劇学を専攻する。当初は映画や演劇を製作する側を目指していたが、状況劇場、天井桟敷などの舞台を数多く観劇する中で演技に感動し、自らも俳優をめざすようになる。1983年、新宿にあった小劇場「スペースデン」にて初舞台。その後、同学在学中を通じて三谷幸喜が主宰していた東京サンシャインボーイズの作品に参加する。松重豊 フレッシュアイペディアより)

  • 草なぎ剛

    草なぎ剛から見た三谷幸喜三谷幸喜

    脚本家・演出家の三谷幸喜は「俳優としての凄さ」と記し、「役者に役が『乗り移る』瞬間を、僕は初めて見た」と、ともに仕事をした際の草彅について書いている。また、三谷は草彅に役が憑依している状態を「天衣無縫」と言い表しており、草彅が本番中、天災地変が起きた状況においても、その状態で通せることを綴って、「驚異の集中力」と述べている。なお、三谷は『burst!〜危険なふたり』について、「特にラストで見せる草彅さんの『静かな狂気』は、鳥肌ものだ。あんな表情が出来る役者さんを、僕は他に知らない」と記している。草なぎ剛 フレッシュアイペディアより)

  • 戸田 恵子

    戸田恵子から見た三谷幸喜三谷幸喜

    1994年に『毎日が夏休み』で本格的デビュー。1997年には三谷幸喜脚本作品の『総理と呼ばないで』で連続ドラマデビューも果たした。以後も『ラヂオの時間』(日本アカデミー賞優秀助演女優賞も受賞)『HR』等の三谷作品に多く登場したり、『ショムニ』『ちゅらさん』等のヒット作にも登場し、名バイプレーヤーとして活躍。戸田恵子 フレッシュアイペディアより)

403件中 41 - 50件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード