310件中 71 - 80件表示
  • 小西杏奈

    小西杏奈から見た三谷幸喜三谷幸喜

    尊敬する人:両親、宮沢賢治、三谷幸喜小西杏奈 フレッシュアイペディアより)

  • ドント・トラスト・オーバー30

    ドント・トラスト・オーバー30から見た三谷幸喜三谷幸喜

    かねてから劇評家の扇田昭彦は、KERAにミュージカルの演出を行うように勧めていた(主に彼に促すようになったのは、2000年の三谷幸喜による「オケピ!」と松尾スズキによる「キレイ」がほぼ同時に上演されてから)。ドント・トラスト・オーバー30 フレッシュアイペディアより)

  • 劇団バスガスガスガス

    劇団バスガスガスガスから見た三谷幸喜三谷幸喜

    三谷幸喜作品をリスペクトとしており、多くの作品がワンシチュエーションで構成されている。これまでに裁判所の男性用トイレ、結婚式場のエレベーター、広島市民球場の外野席などを舞台としてきた。劇団バスガスガスガス フレッシュアイペディアより)

  • 今夜、宇宙の片隅で

    今夜、宇宙の片隅でから見た三谷幸喜三谷幸喜

    三谷幸喜が取り組んだ初のラブストーリー。1960年のアメリカ映画『アパートの鍵貸します』をイメージして作られた。今夜、宇宙の片隅で フレッシュアイペディアより)

  • わが家の歴史

    わが家の歴史から見た三谷幸喜三谷幸喜

    昭和2年から昭和39年までの激動の時代を明るく生き抜いた、八女(やめ)家の人々の物語を描いた三谷幸喜脚本によるホームドラマ。大筋となる部分はフィクションだが、当時の風俗や出来事、実在の人物等が八女家とそれを取り巻く人々の視点を通して多数登場するのが特徴である。わが家の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • やすきよ笑って日曜日

    やすきよ笑って日曜日から見た三谷幸喜三谷幸喜

    前番組『大正週間漫画 ゲラゲラ45』の中で好評だったホームコメディ「きっと明日はいい日だろう」を1番組に発展させ、主演に人気漫才コンビ「横山やすし・西川きよし」を起用した。三谷幸喜が番組の構成に関わっていた。やすきよ笑って日曜日 フレッシュアイペディアより)

  • 決闘! 高田馬場

    決闘! 高田馬場から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『決闘! 高田馬場』(けっとう たかだのばば)は、三谷幸喜作・演出による日本の歌舞伎作品。2006年3月、PARCO劇場で初演。決闘! 高田馬場 フレッシュアイペディアより)

  • エルジュビェタ・ステファンスカ

    エルジュビェタ・ステファンスカから見た三谷幸喜三谷幸喜

    1991年、三谷幸喜の戯曲『12人の優しい日本人 (映画)』の劇中に流れるフォルテピアノの演奏エルジュビェタ・ステファンスカ フレッシュアイペディアより)

  • 3番テーブルの客

    3番テーブルの客から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『古畑任三郎』や『王様のレストラン』で知られる脚本家の三谷幸喜による書き下ろしの脚本を、毎回違ったスタッフキャストで制作するという番組。冒頭の「台本が同じなら同じ作品が出来上がると思うならあなたはドラマを知らない」のナレーション通り、演出によって作品の雰囲気が変わるということがよく解る作品となっており、演出家を目指す者には打って付けのドラマである。実際、話の筋は全て同じなので退屈な物に思えそうだが、キャスティング、小道具など、どの回も様々な演出家の個性が溢れており、飽きさせない作りになっている。1997年には、日本民間放送連盟賞優秀賞を受賞した。3番テーブルの客 フレッシュアイペディアより)

  • ウディ・アレンの重罪と軽罪

    ウディ・アレンの重罪と軽罪から見た三谷幸喜三谷幸喜

    『今夜、宇宙の片隅で』:三谷幸喜の脚本によるテレビドラマ。最終回の、酒場で主人公の西村雅彦とある老紳士(安井昌二)が語り合うシーンは、本作からの影響が見られる。ただ、本作は「映画のようなラスト」が嘲笑されるバッドエンドという趣であるが、三谷はそれを反転させて「映画のようなラスト」について語るハッピーエンドにした。ウディ・アレンの重罪と軽罪 フレッシュアイペディアより)

310件中 71 - 80件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード