307件中 121 - 130件表示
  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た白井晃

    三谷作品に登場する俳優たち、および彼らによる製作チームは俗に三谷組と称され、劇団時代からの盟友であった西村を筆頭に、気に入った役者・信頼できる役者・自身が影響された役者を何度も起用する傾向が顕著である(西村の他、相島一之、梶原善、小林隆、阿南健治、甲本雅裕、宮地雅子らを起用し、野仲イサオや近藤芳正は元団員ではないが、常連起用されている。佐藤B作やあめくみちこ、佐渡稔などの劇団東京ヴォードヴィルショー団員、白井晃らも常連出演者である)。松本や役所など、自身が過去に感銘を受けた作品に出演していたために出演を依頼する場合もある。なお、西田敏行、佐藤浩市、香取慎吾、伊東四朗、藤村俊二、松金よね子、市村正親、唐沢寿明、鈴木京香、内野聖陽などは、すでに一定のキャリアを持ちながら作品に繰り返し起用され、新しい魅力を引き出された。三谷作品で好演したことが転機となり脚光を浴びた俳優も多い(戸田恵子、田中直樹、小日向文世、堺雅人、山本耕史、今井朋彦、篠井英介、浅野和之、小野武彦、山寺宏一、堀内敬子、吉田羊、八木亜希子、長野里美など)。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た平将門

    NHKの大河ドラマは1970年代からよく見ており、特に中学から大学にかけて放送されていた大河にはまり、特に『風と雲と虹と』が好きで、1976年の『風と雲と虹と』の最終回が放送された晩、三谷は夢遊病のような状態で、加藤剛演じる平将門と、その敵役で露口茂の演じる田原藤太を夢遊病のような状態で演じていたのを三谷の母に見られた、というエピソードもある。それらの背景から、『風と雲と虹と』で露口が演じた田原藤太の「黙れ小童!」という台詞を露口へのリスペクトとして、大河ドラマ真田丸の中で西村雅彦の台詞に使い、その台詞が話題になった。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た野田秀樹

    続いて上演された流刑後のナポレオン・ボナパルトを描いた新作舞台『おのれナポレオン』は、劇作家・演出家・俳優の野田秀樹を主演に迎えた。これは、東京芸術劇場の芸術監督で『新選組!』に勝海舟役で出演した野田から持ち込まれた企画である。公演期間の終盤に天海祐希が心筋梗塞で倒れ、宮沢りえが急遽代役に迎えられるというハプニングが生じ、立ち見席を求めてマスコミ関係者ら100人あまりが殺到したことでも話題となった。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た河野圭太

    撮影現場で脚本が勝手に書き換えられた経験などから、テレビドラマの演出家には不信感を持った時期があり、かつてはドラマディレクターに対する辛辣な発言もあり、エッセイの中で日本テレビの細野英延、フジテレビの杉田成道に対して不快感を顕わにしたこともあった。しかし共同テレビの河野圭太には「テレビで最も信頼している演出家」という賛辞とともに全幅の信頼を寄せており、星護(共同テレビ)、鈴木雅之(フジテレビ)などにも一定の信頼を置いている。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た早坂暁

    脚本家を目指したのは 早坂暁の『天下御免』、『天下堂々』に感動し、知人よりそれらのシナリオを入手し、こういうものを書きたいと思ったのがきっかけで、いつかはああいう(『天下御免』、『天下堂々』のような)ものを書きたいと語っている。また市川森一作品のドラマ『黄金の日日』、『淋しいのはお前だけじゃない』、『親戚たち』などにも影響を受け、それぞれの作品の出演者である松本幸四郎、西田敏行、役所広司を自作にも起用している。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た新見錦

    三谷作品の常連の一人。『THE 有頂天ホテル』には『新選組!』でも見られた相島一之との絡みがある。『新選組!』では相島は、佐藤が演じた芹沢鴨の腹心である新見錦の役だったが、『THE有頂天ホテル』では、相島が佐藤に馴れ馴れしく接するシーンになっている。また、舞台となるホテル・アヴァンティのレストランのお薦め料理が「鴨料理」と聞いて、嫌な顔をする。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た松野大介

    三谷幸喜 創作を語る(講談社、2013年11月) 松野大介との共著三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た星護

    撮影現場で脚本が勝手に書き換えられた経験などから、テレビドラマの演出家には不信感を持った時期があり、かつてはドラマディレクターに対する辛辣な発言もあり、エッセイの中で日本テレビの細野英延、フジテレビの杉田成道に対して不快感を顕わにしたこともあった。しかし共同テレビの河野圭太には「テレビで最も信頼している演出家」という賛辞とともに全幅の信頼を寄せており、星護(共同テレビ)、鈴木雅之(フジテレビ)などにも一定の信頼を置いている。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た今川義元

    女信長(2013年、フジテレビ) - 今川義元三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た佐々木小次郎

    締め切り間近まで台本が仕上がらない遅筆が有名。舞台『巌流島』では、台本の遅延によって公演初日が大幅にずれ込むことになり、佐々木小次郎役の陣内孝則が降板している。この時に三谷は「今後、同様なことを起こしたら筆を折る」と宣言している。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

307件中 121 - 130件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード