307件中 131 - 140件表示
  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たウラディミール・ホロヴィッツ

    2013年には、『コンフィダント・絆』『国民の映画』に続く海外芸術家シリーズの3作目として、ウラディミール・ホロヴィッツとそのピアノ調律師のフランツ・モアを描いた舞台『ホロヴィッツとの対話』を作・演出した。同作はモア役を演じる渡辺謙の12年ぶりの舞台復帰作としても注目された。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たスタジオパークからこんにちは

    NHK総合テレビ『スタジオパークからこんにちは』の熱烈なファンでもある。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たドーピング

    劇団と並行して放送作家としても活動し、『アイ・アイゲーム』、『欽ドン!』、『お笑いマンガ道場』などの番組構成に携わる。テレビアニメ『サザエさん』の脚本を4本、手がけたこともあるが、3本目に執筆した「タラちゃん成長期」の、タラちゃんが筋肉増強剤を使ってオリンピックに出る夢をみるというストーリーがプロデューサーの逆鱗に触れて降板させられたことを、月刊『ドラマ』の特集で語っている。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た探偵!ナイトスクープ

    朝日放送『探偵!ナイトスクープ』のファンでもあり、発売されたDVDは全巻そろえ、2008年の映画『ザ・マジックアワー』公開前の宣伝活動では、「依頼者」として出演した。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た幕末

    歴史マニアでもあり、幕末や明治時代を舞台にした作品も多い。中学生の時には、同級生が歴史の教科書の江藤新平の写真に似ていると思うと、彼に写真と同じような着物を着せて写真を撮り、以来、友達をモデルに幕末の志士のコスプレ写真をとり続けたというエピソードがある。横山光輝のマンガ『水滸伝』、『三国志』のファンでもある。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た刑事コロンボ

    子供の頃からテレビ狂であり、三度の飯よりテレビが大好きだったという。実家には当時使っていたテレビが現存しているという。多くのテレビ番組に詳しく、海外ドラマ、特に『刑事コロンボ』には精通している。他にも『ドラえもん』、『パーマン』、『おそ松くん』などのテレビアニメや『ポンキッキーズ』、『おはスタ』などの児童向け番組にも詳しい。彼が手がけたテレビドラマにも、これらの番組に使われたセリフや内容がたびたび登場する。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たナポレオン・ボナパルト

    続いて上演された流刑後のナポレオン・ボナパルトを描いた新作舞台『おのれナポレオン』は、劇作家・演出家・俳優の野田秀樹を主演に迎えた。これは、東京芸術劇場の芸術監督で『新選組!』に勝海舟役で出演した野田から持ち込まれた企画である。公演期間の終盤に天海祐希が心筋梗塞で倒れ、宮沢りえが急遽代役に迎えられるというハプニングが生じ、立ち見席を求めてマスコミ関係者ら100人あまりが殺到したことでも話題となった。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た脚本家

    三谷 幸喜(みたに こうき、1961年〈昭和36年〉7月8日 - )は、日本の劇作家、脚本家、演出家、俳優、映画監督。シス・カンパニー所属。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た近代オリンピック

    劇団と並行して放送作家としても活動し、『アイ・アイゲーム』、『欽ドン!』、『お笑いマンガ道場』などの番組構成に携わる。テレビアニメ『サザエさん』の脚本を4本、手がけたこともあるが、3本目に執筆した「タラちゃん成長期」の、タラちゃんが筋肉増強剤を使ってオリンピックに出る夢をみるというストーリーがプロデューサーの逆鱗に触れて降板させられたことを、月刊『ドラマ』の特集で語っている。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た世にも奇妙な物語

    世にも奇妙な物語『息子帰る』(1991年、フジテレビ)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

307件中 131 - 140件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード