219件中 11 - 20件表示
  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た近藤芳正近藤 芳正

    たとえば『笑の大学』は、もともと三宅裕司と坂東八十助 (5代目)に当てて書かれたラジオドラマであるが、後に西村雅彦と近藤芳正の出演で舞台化された際や、役所広司と稲垣吾郎の出演で映画化された際には、そのたびごとに脚本自体を一から書き直している。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た役所広司

    たとえば『笑の大学』は、もともと三宅裕司と坂東八十助 (5代目)に当てて書かれたラジオドラマであるが、後に西村雅彦と近藤芳正の出演で舞台化された際や、役所広司と稲垣吾郎の出演で映画化された際には、そのたびごとに脚本自体を一から書き直している。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た十朱幸代十朱 幸代

    女性ばかりとの対談集。八木亜希子、十朱幸代、西田ひかる、日笠雅水、桃井かおり、鈴木蘭々、林家パー子、緒川たまき、平野レミ、森口博子、加藤紀子、安達祐実、石田ゆり子三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た陣内孝則

    締め切り間近まで台本が仕上がらない遅筆が有名。舞台『巌流島』では、台本が完成せず、公演初日が大幅にずれ込むことになり、佐々木小次郎役の陣内孝則が降板している。この時に三谷は、「今後、同様なことを起こしたら筆を折る」と宣言している。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た安達祐実安達 祐実

    女性ばかりとの対談集。八木亜希子、十朱幸代、西田ひかる、日笠雅水、桃井かおり、鈴木蘭々、林家パー子、緒川たまき、平野レミ、森口博子、加藤紀子、安達祐実、石田ゆり子三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た相武紗季相武 紗季

    JAL 日本航空(相武紗季と共演。三谷本人はあまり飛行機が好きではないらしい)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た松下由樹

    1993年には、パルコによるプロデュース公演に参加し、伊原剛志と松下由樹による二人芝居『ダア!ダア!ダア!』の作、演出を手がけた。翌年には三谷の発案により唐沢寿明を起用したサスペンス・スリラー『出口なし!』を作、演出し、その後も現在に至るまで、パルコのプロデュースから多くのヒット作を生み出している。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た伊原剛志伊原 剛志

    1993年には、パルコによるプロデュース公演に参加し、伊原剛志と松下由樹による二人芝居『ダア!ダア!ダア!』の作、演出を手がけた。翌年には三谷の発案により唐沢寿明を起用したサスペンス・スリラー『出口なし!』を作、演出し、その後も現在に至るまで、パルコのプロデュースから多くのヒット作を生み出している。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た三宅裕司

    たとえば『笑の大学』は、もともと三宅裕司と坂東八十助 (5代目)に当てて書かれたラジオドラマであるが、後に西村雅彦と近藤芳正の出演で舞台化された際や、役所広司と稲垣吾郎の出演で映画化された際には、そのたびごとに脚本自体を一から書き直している。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た戸田恵子戸田 恵子

    2004年に初の一人芝居『なにわバタフライ』を戸田恵子の出演で上演する。2005年4月からは清水ミチコとの対談形式のラジオ番組『MAKING SENSE』の放送がJ-WAVEで始まる。同年11月から2006年1月にかけては、パルコのプロデュース公演として『12人の優しい日本人』が久々に上演された。この作品が東京サンシャインボーイズ以外の出演者で上演されるのは初めてのことだった。この舞台に出演した山寺宏一が大阪での公演中、テレビ東京でのレギュラー番組『おはスタ』を休まざるを得なかったため、1月10日から12日の間、三谷がその代役として「コーキー」の名で司会を務めた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

219件中 11 - 20件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード