219件中 31 - 40件表示
  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た鈴木蘭々

    女性ばかりとの対談集。八木亜希子、十朱幸代、西田ひかる、日笠雅水、桃井かおり、鈴木蘭々、林家パー子、緒川たまき、平野レミ、森口博子、加藤紀子、安達祐実、石田ゆり子三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た和田誠

    子供の頃からテレビで放送される洋画に親しみ、洋画を中心とした大の映画マニアである。和田誠との、映画についての対談集『それはまた別の話』、『これもまた別の話』を映画専門誌『キネマ旬報』に連載し、『これもまた別の話』では、1998年度のキネマ旬報読者賞を受賞している。和田ファンでもある三谷は、和田のタッチにそっくりの「似顔絵」を描くことができ、連載をまとめた単行本の表紙では、映画俳優たちの似顔絵を和田と共作している。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た太田光太田 光

    演劇学科の3年後輩の太田光は、「三谷さんは学生の頃から、すごい人気者だった。日藝のヒーローだった。自分は教授とケンカしたりして演劇を諦めたから、今でも三谷さんにはコンプレックスがある」と、2006年に自らの番組『スタメン』に三谷がゲストで出演した際に語ったが、三谷は後に著書で「番組内では黙っていたが、太田の認識ほどの人気はとてもじゃないが無かった」と書いている。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た布施明

    自身のドラマや映画では、自らプレゼンターとして視聴者やマスコミの前に登場するが、その際は必ずタキシードを身にまとう。希望するBGMは布施明「君は薔薇より美しい」。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たココリコ

    気難しい一面を現す例に、なかなか他人を家に入れない事がある。ココリコの田中直樹にフィギュアのコレクションを見せると約束しながら、自宅を訪れた田中を玄関の外で応対し、中には招き入れなかった。元妻・小林聡美の父親が、小林の外出中に訪ねてきたときも自宅に入れなかったほどである。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た中原俊

    並行して東京サンシャインボーイズの人気も高まり、「チケットが取れない劇団」と呼ばれようになる。1991年には代表作『12人の優しい日本人』が中原俊監督によって映画化され、高い評価を得た。劇団からは相島一之と梶原善が舞台と同役で出演している。しかし、三谷が劇団として活動していくことに行き詰まりを感じたため、1994年に『東京サンシャインボーイズの罠』の倉敷市芸文館での公演を最後に、劇団は「30年間の充電期間」に入った。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た横山光輝

    歴史マニアでもあり、幕末や明治時代を舞台にした作品も多い。中学生の時には、同級生が歴史の教科書の江藤新平の写真に似ていると思うと、彼に写真と同じような着物を着せて写真を撮り、以来、友達をモデルに幕末の志士のコスプレ写真をとり続けたというエピソードがある。NHKの大河ドラマは1970年代からよく見ており、横山光輝の『水滸伝』、『三国志』のファンでもある。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た平井堅

    一人じゃない(作曲・歌:平井堅、『連続人形活劇 新・三銃士』エンディング・テーマ、2009年10月)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た田中直樹 (お笑い芸人)

    気難しい一面を現す例に、なかなか他人を家に入れない事がある。ココリコの田中直樹にフィギュアのコレクションを見せると約束しながら、自宅を訪れた田中を玄関の外で応対し、中には招き入れなかった。元妻・小林聡美の父親が、小林の外出中に訪ねてきたときも自宅に入れなかったほどである。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た大鵬幸喜

    「幸喜」という名前は、当時大関で、後に横綱となった大相撲力士、大鵬幸喜にあやかったもの。少年時代には、『とんねるず』の木梨憲武と同じサッカークラブに所属していた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

219件中 31 - 40件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード