219件中 41 - 50件表示
  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たとんねるず

    「幸喜」という名前は、当時大関で、後に横綱となった大相撲力士、大鵬幸喜にあやかったもの。少年時代には、『とんねるず』の木梨憲武と同じサッカークラブに所属していた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た市川崑

    犬神家の一族(2006年、監督:市川崑) - 那須ホテル主人 役三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た木梨憲武

    「幸喜」という名前は、当時大関で、後に横綱となった大相撲力士、大鵬幸喜にあやかったもの。少年時代には、『とんねるず』の木梨憲武と同じサッカークラブに所属していた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た坂本龍馬

    2004年には長年の夢であったNHK大河ドラマで『新選組!』の脚本を担当する。坂本龍馬と近藤勇を昔からの友人とするなどの大胆な設定や、若手俳優の起用は賛否両論を呼んだものの、大きな話題となった。2006年には、大河ドラマ史上初の続編となる『新選組!! 土方歳三 最期の一日』が正月スペシャルとして放送されたが、この年の正月はフジテレビで『古畑任三郎 ファイナル』も三夜連続で編成されており、その初回『今、甦る死』と『新選組!!』は1月3日に重なって放送されることになった。結果、視聴率は『古畑任三郎』の21.5%に対し、『新選組!!』は9.8%と振るわず、フジテレビ側は「調整が間に合わなかった」と謝罪している。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た市川森一

    脚本家の市川森一の作品を愛好しており、ドラマ『黄金の日日』、『淋しいのはお前だけじゃない』、『親戚たち』などの名作に影響を受けたと語っている。それぞれの作品の出演者である松本幸四郎、西田敏行、役所広司を自作にも起用している。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た大石静

    2006年1月には監督第3作となる映画『THE 有頂天ホテル』が公開され、興行収入60億円の大ヒットを記録した。同年のNHK大河ドラマ『功名が辻』では、脚本の大石静に請われ、信長に翻弄される将軍足利義昭役で出演した。3月にはパルコ劇場で上演された『決闘!高田馬場』で、初めて歌舞伎の作・演出に挑戦する。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た中森明菜

    中森明菜、観月ありさ、平野レミの大ファンである。ちなみに中森は『古畑任三郎』第1話の犯人役に起用されているほか、『同情すべき犯人』として好意的に何度も言及されている。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た大河ドラマ

    パルコのプロデュース公演では、歌舞伎俳優の松本幸四郎一家による演劇集団「シアターナインス」の企画による『バイ・マイセルフ』、『マトリョーシカ』の二作の脚本も担当した。松本幸四郎は、1995年のテレビドラマ『王様のレストラン』の主演でもあり、三谷にとっては大河ドラマ『黄金の日日』や舞台『ラ・マンチャの男』などで昔から強い印象を残している俳優だった。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た朝日新聞出版

    三谷幸喜のありふれた生活7 ザ・マジックイヤー (朝日新聞出版、2009年3月)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た角川書店

    合い言葉は勇気 (角川書店、2000年11月)のち文庫三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

219件中 41 - 50件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード