219件中 51 - 60件表示
  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たネスレ日本

    ネスレ日本「ネスカフェ・ゴールドブレンド」(唐沢寿明と共演)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たテレビ朝日

    大学在学中の1983年、劇団 「東京サンシャインボーイズ」を結成。初期には一橋壮太朗の芸名で自ら役者も務めていた。この時期には、テレビ朝日の深夜番組『ウソップランド』で視聴者からの映像作品を募集する「チャレンジビデオコーナー」へ自ら制作した作品を投稿し、それが採用されて放送されたこともあった。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た日本航空

    JAL 日本航空(相武紗季と共演。三谷本人はあまり飛行機が好きではないらしい)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た新潮社

    デキゴトロジーvol.10 -ホントだからたまんねぇ!の巻-(週刊朝日風俗リサーチ特別局編著、新潮社 1993年7月25日発刊)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たぴあ

    みたにのまど 映画「みんなのいえ」三谷幸喜の撮影日誌(ぴあ 2001年7月)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た幻冬舎

    俺はその夜多くのことを学んだ(幻冬舎、1998年9月)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たパルコ

    1993年には、パルコによるプロデュース公演に参加し、伊原剛志と松下由樹による二人芝居『ダア!ダア!ダア!』の作、演出を手がけた。翌年には三谷の発案により唐沢寿明を起用したサスペンス・スリラー『出口なし!』を作、演出し、その後も現在に至るまで、パルコのプロデュースから多くのヒット作を生み出している。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たテレビ東京

    2004年に初の一人芝居『なにわバタフライ』を戸田恵子の出演で上演する。2005年4月からは清水ミチコとの対談形式のラジオ番組『MAKING SENSE』の放送がJ-WAVEで始まる。同年11月から2006年1月にかけては、パルコのプロデュース公演として『12人の優しい日本人』が久々に上演された。この作品が東京サンシャインボーイズ以外の出演者で上演されるのは初めてのことだった。この舞台に出演した山寺宏一が大阪での公演中、テレビ東京でのレギュラー番組『おはスタ』を休まざるを得なかったため、1月10日から12日の間、三谷がその代役として「コーキー」の名で司会を務めた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た足利義昭

    2006年1月には監督第3作となる映画『THE 有頂天ホテル』が公開され、興行収入60億円の大ヒットを記録した。同年のNHK大河ドラマ『功名が辻』では、脚本の大石静に請われ、信長に翻弄される将軍足利義昭役で出演した。3月にはパルコ劇場で上演された『決闘!高田馬場』で、初めて歌舞伎の作・演出に挑戦する。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た古畑任三郎

    1993年に『振り返れば奴がいる』で連続テレビドラマの脚本家としてデビューする。しかし、石原隆プロデューサーは三谷が喜劇専門であったことを知らずにシリアスな医療ものを依頼したため、書かれてきた脚本の喜劇調の部分を変更することになってしまった。制作スタッフに脚本を書き換えられ、当時流行っていたシリアスな作風に合わせて、三谷の意図した喜劇からは外れた作品になってしまったが、この作品の成功により、翌1994年には田村正和主演の倒叙ミステリードラマ『古畑任三郎』の脚本を手がけることになる。番組は好評を得、気弱な刑事の今泉慎太郎を演じた東京サンシャインボーイズの劇団員、西村雅彦も一躍有名になった。その後も『王様のレストラン』、『竜馬におまかせ!』、『総理と呼ばないで』、『今夜、宇宙の片隅で』などの連続ドラマを手がけた。また、脚本が書き換えられた経験からラヂオの時間が製作された。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

219件中 51 - 60件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード