219件中 61 - 70件表示
  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た梶原善

    並行して東京サンシャインボーイズの人気も高まり、「チケットが取れない劇団」と呼ばれようになる。1991年には代表作『12人の優しい日本人』が中原俊監督によって映画化され、高い評価を得た。劇団からは相島一之と梶原善が舞台と同役で出演している。しかし、三谷が劇団として活動していくことに行き詰まりを感じたため、1994年に『東京サンシャインボーイズの罠』の倉敷市芸文館での公演を最後に、劇団は「30年間の充電期間」に入った。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た浅野和之

    2000年に上演した初のオリジナル・ミュージカル『オケピ!』は、「演劇界の芥川賞」とも呼ばれる岸田國士戯曲賞を受賞した。2001年には自宅を新築した際の体験を元にした、映画監督としての第2作『みんなのいえ』がヒットし、前作『ラヂオの時間』と同様にイギリスやドイツなどでも上映会が催された。2002年は劇団員だった伊藤俊人の急逝という不幸に見舞われる。また、舞台『You Are The Top 〜今宵の君〜』の主演の鹿賀丈史が初日直前に急病で降板するというトラブルも起こるが、急遽、代役として参加した浅野和之の努力により、初日を5日延期して開幕させることができた。同年、念願のシットコム『HR』で、脚本と共に総合演出も手がけた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た相島一之相島 一之

    並行して東京サンシャインボーイズの人気も高まり、「チケットが取れない劇団」と呼ばれようになる。1991年には代表作『12人の優しい日本人』が中原俊監督によって映画化され、高い評価を得た。劇団からは相島一之と梶原善が舞台と同役で出演している。しかし、三谷が劇団として活動していくことに行き詰まりを感じたため、1994年に『東京サンシャインボーイズの罠』の倉敷市芸文館での公演を最後に、劇団は「30年間の充電期間」に入った。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た井上順

    またフジテレビ『夜のヒットスタジオ』を初期の頃から見続けた「夜ヒットフリーク」であり、『ラヂオの時間』における井上順の役の設定は『夜のヒットスタジオ』での井上のキャラクターに基づくものであるとも言われている。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た鹿賀丈史鹿賀 丈史

    2000年に上演した初のオリジナル・ミュージカル『オケピ!』は、「演劇界の芥川賞」とも呼ばれる岸田國士戯曲賞を受賞した。2001年には自宅を新築した際の体験を元にした、映画監督としての第2作『みんなのいえ』がヒットし、前作『ラヂオの時間』と同様にイギリスやドイツなどでも上映会が催された。2002年は劇団員だった伊藤俊人の急逝という不幸に見舞われる。また、舞台『You Are The Top 〜今宵の君〜』の主演の鹿賀丈史が初日直前に急病で降板するというトラブルも起こるが、急遽、代役として参加した浅野和之の努力により、初日を5日延期して開幕させることができた。同年、念願のシットコム『HR』で、脚本と共に総合演出も手がけた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た伊藤俊人

    2000年に上演した初のオリジナル・ミュージカル『オケピ!』は、「演劇界の芥川賞」とも呼ばれる岸田國士戯曲賞を受賞した。2001年には自宅を新築した際の体験を元にした、映画監督としての第2作『みんなのいえ』がヒットし、前作『ラヂオの時間』と同様にイギリスやドイツなどでも上映会が催された。2002年は劇団員だった伊藤俊人の急逝という不幸に見舞われる。また、舞台『You Are The Top 〜今宵の君〜』の主演の鹿賀丈史が初日直前に急病で降板するというトラブルも起こるが、急遽、代役として参加した浅野和之の努力により、初日を5日延期して開幕させることができた。同年、念願のシットコム『HR』で、脚本と共に総合演出も手がけた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た小林隆小林 隆

    西村雅彦、小林隆など、東京サンシャインボーイズの劇団員を頻繁に起用している。また、松本幸四郎、役所広司など、自身が過去に感銘を受けた作品に出演していた俳優に出演を依頼することも多い。唐沢寿明、鈴木京香など、すでに一定のキャリアを持ちながら、三谷作品に繰りかえし起用され、新しい魅力を引き出された俳優もいる。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た林家パー子

    女性ばかりとの対談集。八木亜希子、十朱幸代、西田ひかる、日笠雅水、桃井かおり、鈴木蘭々、林家パー子、緒川たまき、平野レミ、森口博子、加藤紀子、安達祐実、石田ゆり子三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たJ-WAVE

    2004年に初の一人芝居『なにわバタフライ』を戸田恵子の出演で上演する。2005年4月からは清水ミチコとの対談形式のラジオ番組『MAKING SENSE』の放送がJ-WAVEで始まる。同年11月から2006年1月にかけては、パルコのプロデュース公演として『12人の優しい日本人』が久々に上演された。この作品が東京サンシャインボーイズ以外の出演者で上演されるのは初めてのことだった。この舞台に出演した山寺宏一が大阪での公演中、テレビ東京でのレギュラー番組『おはスタ』を休まざるを得なかったため、1月10日から12日の間、三谷がその代役として「コーキー」の名で司会を務めた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た鈴木雅之 (演出家)

    撮影現場で脚本が勝手に書き換えられた経験などから、テレビドラマの演出家には不信感を持った時期があるようで、かつてはドラマディレクターに対する辛辣な発言もあり、エッセイの中で日本テレビの細野英延、フジテレビの杉田成道に対して不快感を顕わにしたこともあった。しかし共同テレビの河野圭太には全幅の信頼を寄せており、星護(共同テレビ)、鈴木雅之(フジテレビ)などにも一定の信頼は置いているようである。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

219件中 61 - 70件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード