307件中 71 - 80件表示
  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た梶原善

    並行して東京サンシャインボーイズの人気も高まり、「チケットが取れない劇団」と呼ばれるようになる。1991年には代表作『12人の優しい日本人』が中原俊監督によって映画化され、高い評価を得た。劇団からは相島一之と梶原善が舞台と同役で出演している。しかし、三谷が劇団として活動していくことに行き詰まりを感じたため、1994年に『東京サンシャインボーイズの「罠」』の倉敷市芸文館での公演を最後に、劇団は「30年間の充電期間」に入った。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た浅野和之

    2000年に上演した初のオリジナル・ミュージカル『オケピ!』は、「演劇界の芥川賞」とも呼ばれる岸田國士戯曲賞を受賞した。2001年には自宅を新築した際の体験を元にした、映画監督としての第2作『みんなのいえ』がヒットし、前作『ラヂオの時間』と同様にイギリスやドイツなどでも上映会が催された。2002年は劇団員だった伊藤俊人の急逝という不幸に見舞われる。また、舞台『You Are The Top 〜今宵の君〜』の主演の鹿賀丈史が初日直前に急病で降板するというトラブルも起こるが、急遽、代役として参加した浅野和之の努力により、初日を5日延期して開幕させることができた。同年、念願のシットコム『HR』で、脚本と共に総合演出も手がけた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たネスレ日本

    ネスレ日本「ネスカフェ・ゴールドブレンド」(唐沢寿明と共演)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た新潮社

    デキゴトロジーvol.10 -ホントだからたまんねぇ!の巻-(週刊朝日風俗リサーチ特別局編著、新潮社 1993年7月25日発刊)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た幻冬舎

    俺はその夜多くのことを学んだ(幻冬舎、1998年9月)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たパルコ

    1993年には、パルコによるプロデュース公演に参加し、伊原剛志と松下由樹による二人芝居『ダア!ダア!ダア!』の作、演出を手がけた。翌年には三谷の発案により唐沢寿明を起用したサスペンス・スリラー『出口なし!』を作、演出し、その後も現在に至るまで、パルコのプロデュースから多くのヒット作を生み出している。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たカンロ

    カンロ「ピュレグミ」(2016年)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た角川書店

    合い言葉は勇気 (角川書店、2000年11月) のち文庫三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た文藝春秋

    それはまた別の話(文藝春秋、1997年10月) のち文庫三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たテレビ東京

    2004年、初の一人芝居『なにわバタフライ』を戸田恵子の出演で上演する。2005年4月からは清水ミチコとの対談形式のラジオ番組『MAKING SENSE』の放送がJ-WAVEで始まる。同年11月から2006年1月にかけては、パルコのプロデュース公演として『12人の優しい日本人』が久々に上演された。この作品が東京サンシャインボーイズ以外の出演者で上演されるのは初めてのことだった。この舞台に出演した山寺宏一が大阪での公演中、テレビ東京でのレギュラー番組『おはスタ』を休まざるを得なかったため、1月10日から12日の間、三谷がその代役として「コーキー」の名で司会を務めた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

307件中 71 - 80件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード