219件中 81 - 90件表示
  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た芹沢鴨

    三谷作品の常連の一人。『THE 有頂天ホテル』には『新選組!』でも見られた相島一之との絡みがある。『新選組!』では相島は、佐藤が演じた芹沢鴨の腹心である新見錦の役だったが、『THE有頂天ホテル』では、相島が佐藤に馴れ馴れしく接するシーンになっている。また、舞台となるホテル・アヴァンティのレストランのお薦め料理が「鴨料理」と聞いて、嫌な顔をする。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た星護

    撮影現場で脚本が勝手に書き換えられた経験などから、テレビドラマの演出家には不信感を持った時期があるようで、かつてはドラマディレクターに対する辛辣な発言もあり、エッセイの中で日本テレビの細野英延、フジテレビの杉田成道に対して不快感を顕わにしたこともあった。しかし共同テレビの河野圭太には全幅の信頼を寄せており、星護(共同テレビ)、鈴木雅之(フジテレビ)などにも一定の信頼は置いているようである。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た近藤勇

    2004年には長年の夢であったNHK大河ドラマで『新選組!』の脚本を担当する。坂本龍馬と近藤勇を昔からの友人とするなどの大胆な設定や、若手俳優の起用は賛否両論を呼んだものの、大きな話題となった。2006年には、大河ドラマ史上初の続編となる『新選組!! 土方歳三 最期の一日』が正月スペシャルとして放送されたが、この年の正月はフジテレビで『古畑任三郎 ファイナル』も三夜連続で編成されており、その初回『今、甦る死』と『新選組!!』は1月3日に重なって放送されることになった。結果、視聴率は『古畑任三郎』の21.5%に対し、『新選組!!』は9.8%と振るわず、フジテレビ側は「調整が間に合わなかった」と謝罪している。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た佐々木小次郎

    締め切り間近まで台本が仕上がらない遅筆が有名。舞台『巌流島』では、台本が完成せず、公演初日が大幅にずれ込むことになり、佐々木小次郎役の陣内孝則が降板している。この時に三谷は、「今後、同様なことを起こしたら筆を折る」と宣言している。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た杉田成道

    撮影現場で脚本が勝手に書き換えられた経験などから、テレビドラマの演出家には不信感を持った時期があるようで、かつてはドラマディレクターに対する辛辣な発言もあり、エッセイの中で日本テレビの細野英延、フジテレビの杉田成道に対して不快感を顕わにしたこともあった。しかし共同テレビの河野圭太には全幅の信頼を寄せており、星護(共同テレビ)、鈴木雅之(フジテレビ)などにも一定の信頼は置いているようである。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た松本幸四郎 (9代目)

    パルコのプロデュース公演では、歌舞伎俳優の松本幸四郎一家による演劇集団「シアターナインス」の企画による『バイ・マイセルフ』、『マトリョーシカ』の二作の脚本も担当した。松本幸四郎は、1995年のテレビドラマ『王様のレストラン』の主演でもあり、三谷にとっては大河ドラマ『黄金の日日』や舞台『ラ・マンチャの男』などで昔から強い印象を残している俳優だった。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たウラディミール・ホロヴィッツ

    2013年には、ゴッホら若い画家を描いた「コンフィダント・絆」(2007)・ゲッベルスらナチスを扱った「国民の映画」(2011)に引き続き、海外芸術家シリーズの3作目としてウラディミール・ホロヴィッツとその調律師がテーマの舞台「ホロヴィッツとの対話」を作・演出する予定。同作はフランツ・モアを演じる渡辺謙の12年振りの舞台復帰作や和久井映見の舞台初挑戦としても注目される。また同年ナポレオンを扱う新作「おのれナポレオン」を、劇作家・俳優の野田秀樹を主演に迎えて発表する予定である。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た野田秀樹

    2013年には、ゴッホら若い画家を描いた「コンフィダント・絆」(2007)・ゲッベルスらナチスを扱った「国民の映画」(2011)に引き続き、海外芸術家シリーズの3作目としてウラディミール・ホロヴィッツとその調律師がテーマの舞台「ホロヴィッツとの対話」を作・演出する予定。同作はフランツ・モアを演じる渡辺謙の12年振りの舞台復帰作や和久井映見の舞台初挑戦としても注目される。また同年ナポレオンを扱う新作「おのれナポレオン」を、劇作家・俳優の野田秀樹を主演に迎えて発表する予定である。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た河野圭太

    撮影現場で脚本が勝手に書き換えられた経験などから、テレビドラマの演出家には不信感を持った時期があるようで、かつてはドラマディレクターに対する辛辣な発言もあり、エッセイの中で日本テレビの細野英延、フジテレビの杉田成道に対して不快感を顕わにしたこともあった。しかし共同テレビの河野圭太には全幅の信頼を寄せており、星護(共同テレビ)、鈴木雅之(フジテレビ)などにも一定の信頼は置いているようである。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た刑事コロンボ

    子供の頃からテレビ狂であり、三度の飯よりテレビが大好きだったという。実家には当時使っていたテレビが今も残っているらしい。多くのテレビ番組に詳しく、海外ドラマ、特に『刑事コロンボ』には精通している。他にも『ドラえもん』、『パーマン』、『おそ松くん』などのテレビアニメや『ポンキッキーズ』、『おはスタ』などの児童向け番組にも詳しい。彼が手がけたテレビドラマにも、これらの番組に使われたセリフや内容がたびたび登場する。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

219件中 81 - 90件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード