307件中 81 - 90件表示
  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たテレビ朝日

    大学在学中の1983年、劇団「東京サンシャインボーイズ」を結成。初期には「一橋壮太朗」の芸名で自ら役者も務めていた。この時期には、テレビ朝日の深夜番組『ウソップランド』で視聴者からの映像作品を募集する「チャレンジビデオコーナー」へ自ら制作した作品を投稿し、それが採用されて放送されたこともあった。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たぴあ

    みたにのまど 映画「みんなのいえ」三谷幸喜の撮影日誌(ぴあ 2001年7月)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た服部隆之

    No Problem(作曲:服部隆之、映画『ラヂオの時間』エンディング・テーマ、1997年)三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見たアントン・チェーホフ

    2012年はチェーホフの『桜の園』での初めての自作以外の演出、初の文楽作品『其礼成心中』の作、演出と新しい挑戦が続いた。6月には「三谷幸喜大感謝祭」で発表予定だった小説『清須会議』を上梓し、翌年に自らの監督作品として映画化することを発表した。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た足利義昭

    2006年1月には監督第3作となる映画『THE 有頂天ホテル』が公開され、興行収入60億円の大ヒットを記録した。同年の大河ドラマ『功名が辻』では、脚本の大石静に請われ、信長に翻弄される将軍足利義昭役で出演した。3月にはパルコ劇場で上演された『決闘!高田馬場』で、初めて歌舞伎の作・演出に挑戦する。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た藤原秀郷

    NHKの大河ドラマは1970年代からよく見ており、特に中学から大学にかけて放送されていた大河にはまり、特に『風と雲と虹と』が好きで、1976年の『風と雲と虹と』の最終回が放送された晩、三谷は夢遊病のような状態で、加藤剛演じる平将門と、その敵役で露口茂の演じる田原藤太を夢遊病のような状態で演じていたのを三谷の母に見られた、というエピソードもある。それらの背景から、『風と雲と虹と』で露口が演じた田原藤太の「黙れ小童!」という台詞を露口へのリスペクトとして、大河ドラマ真田丸の中で西村雅彦の台詞に使い、その台詞が話題になった。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た松金よね子

    三谷作品に登場する俳優たち、および彼らによる製作チームは俗に三谷組と称され、劇団時代からの盟友であった西村を筆頭に、気に入った役者・信頼できる役者・自身が影響された役者を何度も起用する傾向が顕著である(西村の他、相島一之、梶原善、小林隆、阿南健治、甲本雅裕、宮地雅子らを起用し、野仲イサオや近藤芳正は元団員ではないが、常連起用されている。佐藤B作やあめくみちこ、佐渡稔などの劇団東京ヴォードヴィルショー団員、白井晃らも常連出演者である)。松本や役所など、自身が過去に感銘を受けた作品に出演していたために出演を依頼する場合もある。なお、西田敏行、佐藤浩市、香取慎吾、伊東四朗、藤村俊二、松金よね子、市村正親、唐沢寿明、鈴木京香、内野聖陽などは、すでに一定のキャリアを持ちながら作品に繰り返し起用され、新しい魅力を引き出された。三谷作品で好演したことが転機となり脚光を浴びた俳優も多い(戸田恵子、田中直樹、小日向文世、堺雅人、山本耕史、今井朋彦、篠井英介、浅野和之、小野武彦、山寺宏一、堀内敬子、吉田羊、八木亜希子、長野里美など)。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た鹿賀丈史

    2000年に上演した初のオリジナル・ミュージカル『オケピ!』は、「演劇界の芥川賞」とも呼ばれる岸田國士戯曲賞を受賞した。2001年には自宅を新築した際の体験を元にした、映画監督としての第2作『みんなのいえ』がヒットし、前作『ラヂオの時間』と同様にイギリスやドイツなどでも上映会が催された。2002年は劇団員だった伊藤俊人の急逝という不幸に見舞われる。また、舞台『You Are The Top 〜今宵の君〜』の主演の鹿賀丈史が初日直前に急病で降板するというトラブルも起こるが、急遽、代役として参加した浅野和之の努力により、初日を5日延期して開幕させることができた。同年、念願のシットコム『HR』で、脚本と共に総合演出も手がけた。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た今井朋彦

    三谷作品に登場する俳優たち、および彼らによる製作チームは俗に三谷組と称され、劇団時代からの盟友であった西村を筆頭に、気に入った役者・信頼できる役者・自身が影響された役者を何度も起用する傾向が顕著である(西村の他、相島一之、梶原善、小林隆、阿南健治、甲本雅裕、宮地雅子らを起用し、野仲イサオや近藤芳正は元団員ではないが、常連起用されている。佐藤B作やあめくみちこ、佐渡稔などの劇団東京ヴォードヴィルショー団員、白井晃らも常連出演者である)。松本や役所など、自身が過去に感銘を受けた作品に出演していたために出演を依頼する場合もある。なお、西田敏行、佐藤浩市、香取慎吾、伊東四朗、藤村俊二、松金よね子、市村正親、唐沢寿明、鈴木京香、内野聖陽などは、すでに一定のキャリアを持ちながら作品に繰り返し起用され、新しい魅力を引き出された。三谷作品で好演したことが転機となり脚光を浴びた俳優も多い(戸田恵子、田中直樹、小日向文世、堺雅人、山本耕史、今井朋彦、篠井英介、浅野和之、小野武彦、山寺宏一、堀内敬子、吉田羊、八木亜希子、長野里美など)。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 三谷幸喜

    三谷幸喜から見た加藤剛

    NHKの大河ドラマは1970年代からよく見ており、特に中学から大学にかけて放送されていた大河にはまり、特に『風と雲と虹と』が好きで、1976年の『風と雲と虹と』の最終回が放送された晩、三谷は夢遊病のような状態で、加藤剛演じる平将門と、その敵役で露口茂の演じる田原藤太を夢遊病のような状態で演じていたのを三谷の母に見られた、というエピソードもある。それらの背景から、『風と雲と虹と』で露口が演じた田原藤太の「黙れ小童!」という台詞を露口へのリスペクトとして、大河ドラマ真田丸の中で西村雅彦の台詞に使い、その台詞が話題になった。三谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

307件中 81 - 90件表示

「三谷幸喜」のニューストピックワード