85件中 11 - 20件表示
  • 大西洋 (百貨店社長)

    大西洋 (百貨店社長)から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    大西 洋(おおにし ひろし、1955年(昭和30年)6月13日 - )は日本の経営者である。三越伊勢丹ホールディングス元社長。大西洋 (百貨店社長) フレッシュアイペディアより)

  • 三越伊勢丹

    三越伊勢丹から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    株式会社三越伊勢丹(みつこしいせたん、Isetan Mitsukoshi Ltd.)は、三越伊勢丹ホールディングス傘下の小売業者。百貨店の「三越」「伊勢丹」の関東圏の店舗を運営している。三越伊勢丹 フレッシュアイペディアより)

  • うすい百貨店

    うすい百貨店から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    株式会社うすい百貨店(うすいひゃっかてん)は、福島県郡山市にある日本の百貨店である。三越伊勢丹ホールディングスの持分法適用会社である。うすい百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • 三越

    三越から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    三越(みつこし、英称:Mitsukoshi)は、株式会社三越伊勢丹ホールディングス傘下の株式会社三越伊勢丹が運営する日本の百貨店。また、株式会社三越は、かつてこれを運営していた会社である。三越 フレッシュアイペディアより)

  • ルクア1100

    ルクア1100から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    当初は三越が直営で出店する予定であったが、三越と伊勢丹の経営統合に伴う三越伊勢丹ホールディングスの誕生に伴い、ジェイアール西日本伊勢丹が運営することになった。運営会社は異なるが、事実上2005年に閉店した三越大阪店(大阪市中央区高麗橋一丁目7番5号)の後継店舗である。店頭のロゴは伊勢丹のものがベースになっており、「JR」「MITSUKOSHI」「ISETAN」ロゴを取り入れたトリプル仕様となっていた。ルクア1100 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の百貨店

    日本の百貨店から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    2000年代に入っても、経営面では依然厳しい状況にあり、トキハのように郊外のショッピングモールへの出店に活路を求めたり、一部大衆デパート(スーパーマーケット)化して凌ぐ所まで見られるが、他方では、1990年代後半より開始された国外高級ブランド(ルイ・ヴィトン、ティファニー、カルティエなど)が銀座など都心部に開店した直営店や、地方都市に進出した日本国外資本の郊外型量販店・専門店(コストコ、トイザらスなど)に客を奪われる傾向も見られる。このため、地方の百貨店でも再建に向けてリストラや閉店による体制再構築が見られる。更に少子高齢化が見込まれる中、売り上げの鈍化に伴い、合併、業務提携が進んでいる。業務提携の中心は当初は電鉄系と非電鉄系の提携が有力であった。駅前の優良資産を生かしきれていない電鉄系と、駅前に注目する非電鉄系の思惑により進められてきた。しかし、近年では大丸と松坂屋、伊勢丹と三越のように非電鉄系で戦前からの「老舗」「名門」と呼ばれてきた百貨店同士の合併(それぞれJ.フロント リテイリング、三越伊勢丹ホールディングス)も行われるようになっている。さらに地方都市を中心に店舗を閉店、中小規模の百貨店や郊外型百貨店を関連会社の専門店ビル化させる動きも見せ、東京や大阪・京都などの大都市中枢でも小規模な不採算店舗は閉店の動きが進んでいる。さらに百貨店の激戦区にユニクロやH&MやFOREVER21等のファストファッション専門店が進出し、百貨店に行かなくてもその店で安く買えたり、インターネットショッピングでわざわざ店に行かなくても買えるため百貨店離れが加速した。その一方で、集客力の高い主力店舗は増築を行い、ランドマークとして際立たせる「巨艦」化が行われており、構造の二極化が進んでいる。日本の百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本デパートメントストアーズ開発機構

    全日本デパートメントストアーズ開発機構から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    全日本デパートメントストアーズ開発機構(All Nippon Department Stores Development Organization、略称 A・D・O)とは、東京都新宿区に本部を置き、伊勢丹(現在は三越伊勢丹ホールディングス(傘下の三越伊勢丹他各社))と松屋が総合幹事を務める百貨店の共同仕入機構である。全日本デパートメントストアーズ開発機構 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    百貨店売上高第4位の三越と第5位の伊勢丹が経営統合、国内最大の百貨店グループ、三越伊勢丹ホールディングスとなる。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 高島屋

    高島屋から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    百貨店業界において、J.フロントリテイリングや三越伊勢丹ホールディングスの発足といった再編が進む中、同社は、独立系百貨店である。2008年(平成20年)10月に、電鉄系百貨店の阪急百貨店・阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オー リテイリングとの間で資本・業務提携をした。その際、2011年(平成23年)4月を目処に経営統合まで行う予定であったが、2010年(平成22年)3月25日に、経営統合を撤回して業務提携にとどめることを正式発表した。高島屋 フレッシュアイペディアより)

  • 林久右衛門商店

    林久右衛門商店から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    嘗て家庭向け一般的商品は、地元スーパーなどでも広く扱われていたが、路線変更で撤退。今日では下記の百貨店(主に三越伊勢丹グループ)とネット販売が中心である。林久右衛門商店 フレッシュアイペディアより)

85件中 11 - 20件表示

「三越伊勢丹ホールディングス」のニューストピックワード