85件中 41 - 50件表示
  • 三井住友トラストクラブ

    三井住友トラストクラブから見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    2014年、シティグループによる世界的な不採算部門の見直しの一環による日本国内の個人金融ビジネスからの撤退に伴い、三井住友信託銀行および新生銀行、三越伊勢丹ホールディングス、JCBの3社連合がシティカードジャパンの買収に名乗りをあげていたが、2015年12月14日付けで独占的交渉権を得た三井住友信託銀行が400億円強程度で全株式を取得し、社名を三井住友トラストクラブに変更した。三井住友トラストクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 丸井今井

    丸井今井から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    丸井今井(まるいいまい、英称:Marui-Imai)は、北海道内にある日本の百貨店である。明治期に北海道唯一の呉服店として始まり、最盛期には道内7店舗を展開し、北海道随一の百貨店グループに成長したが、経営不振から2009年に倒産し、現在は三越伊勢丹ホールディングスが2店舗を以下の完全子会社2社に分けて運営している。丸井今井 フレッシュアイペディアより)

  • 浜屋百貨店

    浜屋百貨店から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    2010年(平成22年)3月31日期の株式会社岩田屋三越第81期有価証券報告書の個別注記表では、浜屋百貨店本体と岩田屋三越の取引関係は従来からの長期貸付金の貸付継続とその元利の支払を行っていることだけが取引関係であり、かつ、浜屋百貨店への長期貸付金全額(11.69億円)を貸倒れ引当金計上している旨が記載される状況となっているが、岩田屋が事実上破綻して伊勢丹に救済される形で傘下入りして、その持ち株がそのまま現在は株式会社岩田屋三越の保有に移行したため、現在も資本上は三越伊勢丹ホールディングスの持分法適用会社となっている。浜屋百貨店 フレッシュアイペディアより)

  • 宮村眞平

    宮村眞平から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    平成20年4月 株式会社三越伊勢丹ホールディングス取締役宮村眞平 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する物資の提供

    東日本大震災に対する物資の提供から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    三越伊勢丹ホールディングス:婦人肌着1,500枚、飲料・レトルト食品3000ケース、防寒衣料。東日本大震災に対する物資の提供 フレッシュアイペディアより)

  • ラ・セーヌの星

    ラ・セーヌの星から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    東海地方の系列局である東海テレビも丸栄が筆頭スポンサーでローカルクイズ番組が放映されたため、『ラ・セーヌの星』の同時ネットはなかった。東海での初放映はしばらくたってからテレビ愛知(テレビ東京系)で放送されている。ちなみに、東海地方では三越伊勢丹ホールディングス(東海地方では三越名古屋栄本店、星が丘店の2店舗、いずれも旧・オリエンタル中村百貨店)が設立、名鉄百貨店が業務提携するまで存在していなかった。ラ・セーヌの星 フレッシュアイペディアより)

  • アナスイ

    アナスイから見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    日本においては1996年から本格的な商品展開を始動、主要都市のブティックや百貨店などで販売している。アパレル分野はオンワード樫山が事業会社となっており、三越伊勢丹ホールディングスが販売権を有する。化粧品は現在P&Gに買収され、同社の一部門にあたるウェラと提携、日本ではコーセーの系列会社にあたるアルビオンがライセンスを保有している。彼女が持つ12か国、381店舗のうち80店舗以上が日本にあり、主に日本を中心としたアジアで展開しているブランドである。アナスイ フレッシュアイペディアより)

  • 三井住友信託銀行

    三井住友信託銀行から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    2014年、シティグループによる世界的な不採算部門の見直しの一環による国内の個人金融ビジネスからの撤退に伴い、三井住友信託銀行および新生銀行、三越伊勢丹ホールディングス、JCBの3社連合がシティカードジャパンの買収に名乗りをあげていたが、2015年3月31日、独占的交渉権を得た三井住友信託銀が400億円強程度で全株式を取得すると発表した。三井住友信託銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 山交ビル

    山交ビルから見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    2006年3月18日にはダイエーの撤退した店舗跡の一部には地元スーパーであるヤマザワが出店してテナントとして営業を開始した。上層部には、雇用を生み出し山形市中心市街地の活性化を図ろうと空きテナントへの入居者が長らく募集されていたが、2007年11月28日にNTT東日本山形支店のコールセンターが設置され全てのテナントが埋まる形となった。また1階には三越伊勢丹ホールディングスが展開し始めている地域密着型小型店の一つとして「エムアイプラザ三越山形店」(営業面積約430m2)が、同HD傘下である仙台三越によって2014年3月17日に新規出店している。このほか、2018年3月8日には同年1月末で閉店した十字屋山形店に出店していたテナント等が改装工事を終えた山交ビル2階で営業を始めた。山交ビル フレッシュアイペディアより)

  • イード (企業)

    イード (企業)から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    12月 - 株式会社三越伊勢丹ホールディングスと株式会社ファッションヘッドラインを共同で設立し、ファッション総合ニュースサイト「FASHION HEADLINE」の運営を開始。イード (企業) フレッシュアイペディアより)

85件中 41 - 50件表示

「三越伊勢丹ホールディングス」のニューストピックワード