85件中 71 - 80件表示
  • 三越事件

    三越事件から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    なお大和運輸(現・ヤマトホールディングス)は、創業以来三越の専属配送業者だったが、このような要求をされたことから1979年(昭和54年)に絶縁したが、三越伊勢丹ホールディングス発足以降の物流の見直しにより、2010年(平成22年)4月1日に取引再開した。三越事件 フレッシュアイペディアより)

  • ハロッズ

    ハロッズから見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    日比翁助がハロッズをモデルに三越デパートを設立した経緯から、伊勢丹と合併し三越伊勢丹ホールディングスとなった2012年現在も、同グループ傘下の株式会社三越伊勢丹フードサービス(旧・株式会社二幸)が三越各店を中心に、紅茶などの食品や「Harrods Knightsbridge」の文字が入った耐水布のバッグ等のハロッズオリジナルグッズを扱っている。また、アパレル企業のワールドが2005年より紳士服ブランドHarrodsを展開している。婦人服Harrods、Harrods WHITELABELはナイツブリッジ・インターナショナル(企業)が展開している。なお、当該企業は、2016年AWのシリーズをもって当該ブランド終了を発表した。ハロッズ フレッシュアイペディアより)

  • 本厚木駅

    本厚木駅から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    エムアイプラザ - 三越伊勢丹グループ小型店本厚木駅 フレッシュアイペディアより)

  • 免税店

    免税店から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    2014年7月31日、成田国際空港と三越伊勢丹ホールディングスなど各社が合弁で新会社を設立し、沖縄の特定免税店制度以外では初めて、市内でブランド品などが購入可能な空港型免税店(保税免税店)を市中免税店の形態で三越銀座店内にオープンすると発表した。2016年1月27日、「Japan Duty Free GINZA」がオープン。同年3月31日には、関西国際空港に日本初出店をした韓国業界1位のロッテ免税店も同じ銀座にある東急プラザ銀座内に「ロッテ免税店銀座」を、4月1日には、福岡三越内に福岡空港ビルディング、西日本鉄道、三越伊勢丹ホールディングスが出資する「FUKUOKA DUTY FREE TENJIN」がオープン。また、2017年4月27日には、韓国で業界2位のホテル新羅が、高島屋、全日空商事と合弁でタカシマヤタイムズスクエア内に「高島屋免税店 SHILLA&ANA」がオープン。一方で、中国人観光客による爆買いの陰りなどから、市内免税店事業への進出を検討していた新関西国際空港は、計画を中止した。免税店 フレッシュアイペディアより)

  • マイレージサービス

    マイレージサービスから見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    三越伊勢丹グループのカードである「エムアイカード」や東急グループのカードであるTOKYU CARD、JR九州のJQ CARDように、JAL・ANAの航空会社両社共にポイント交換で提携している場合は、ポイント交換を繰り返すことや同一名義で複数枚のカードを保有することにより、間接的にJALからANA(逆も含む)へのマイル交換するのを防止するため、ポイントおよびマイルの交換に制限を設けている事例も存在する。エムアイカードの場合は一度マイルからポイントへ交換した時点、TOKYU CARDの場合はJAL・ANA提携のカードを保有した場合にポイントからのマイルへの交換に制限が付く。エムアイカードの場合はJAL・ANA両社のマイルをポイントへ交換した場合、TOKYU CARDの場合は同一名義でJAL・ANA提携のカードを保有するとマイルへの交換が今後一切できなくなる。JQ CARDの場合はJAL提携(イオンクレジットサービス発行)・ANA提携(JCB発行)のカードを同一名義で両方保有した場合、JQ CARDのポイントをまとめることは可能であるが、他方のカードで取得したポイントからのマイルへの交換に制限が付く(例…JAL提携のカードで取得したポイントの分は、JALへは移行できるがANAへは移行できない)。マイレージサービス フレッシュアイペディアより)

  • 静岡伊勢丹

    静岡伊勢丹から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    株式会社静岡伊勢丹(しずおかいせたん)は、静岡市葵区呉服町一丁目にある、三越伊勢丹ホールディングス(三越伊勢丹HD)傘下の百貨店運営企業。静岡伊勢丹 フレッシュアイペディアより)

  • 大丸

    大丸から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    高度成長期は三越(現:三越伊勢丹ホールディングス・並びに同社傘下の三越伊勢丹ほか)と並び「西の横綱」といわれたが、バブル崩壊後業績は低迷。奥田務が社長就任後、他の百貨店よりも一足早く1998年より事業構造改革に乗り出し、国内不採算店舗の閉鎖や海外店舗の全面撤退、人員削減に取り組んだ。その一方、2003年には札幌店を開店し軌道に乗せている。結果として改革は成功し、収益力を業界首位級に押し上げた。大丸 フレッシュアイペディアより)

  • 博多大丸

    博多大丸から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    本体が松坂屋と経営統合したことによるJ.フロント リテイリング社発足に際しては、九州地区の重要拠点として位置づけられ、それ以前から、大丸でも本体に次ぐ存在となっている。このため、経営統合に浮揚のきっかけをつかもうとしていたが、天神のメインストリート渡辺通りの向かい側にある三越福岡店と、地元老舗の岩田屋を完全子会社化した伊勢丹が、2009年に「三越伊勢丹ホールディングス」として経営統合し、連合を組んだ。更に、2010年10月1日には三越伊勢丹HDSの完全子会社として、新たに岩田屋三越が発足、岩田屋と三越が完全にタッグを組む形となった。このため、天神地区では、渡辺通りを挟んで2大デパート資本が激突する事態となった。さらには、2011年3月のJR博多シティ開業及び、九州新幹線全線開業を機に核テナントとしてエイチ・ツー・オー リテイリング傘下の博多阪急(阪急百貨店)が参入した。博多大丸 フレッシュアイペディアより)

  • 岩田屋三越

    岩田屋三越から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    株式会社岩田屋三越(いわたやみつこし、英称:Iwataya Mitsukoshi Ltd.)は、福岡市中央区天神に本社を置く企業で、三越伊勢丹ホールディングス(三越伊勢丹HD)の福岡県における百貨店事業を担っている。岩田屋三越 フレッシュアイペディアより)

  • 郡山市

    郡山市から見た三越伊勢丹ホールディングス三越伊勢丹ホールディングス

    百貨店としては、地元資本であったうすい百貨店(現在は三越伊勢丹ホールディングス傘下)、大型店はイトーヨーカドー、イオン、西友(LIVIN)の店舗がある。かつて大型店では、ダイエー郡山店(後にトポス、1994年11月閉店)が、専門店系列では、丸井郡山店(2008年2月閉店)があった。この他にも、上記のイトーヨーカドーと西友(郡山西武店)は移転以前に郡山駅前周辺に存在していた。郡山市 フレッシュアイペディアより)

85件中 71 - 80件表示

「三越伊勢丹ホールディングス」のニューストピックワード