前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
105件中 1 - 10件表示
  • 桂歌丸

    桂歌丸から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    近年では6代目三遊亭円楽から、地方収録でおなじみとなった問題「『お笑い窃盗団』で盗んできたもの」として「○○を盗んできたのはいいが、冨士子ってこぎたねぇ砂かけばばあがついてきたけど、どうしやしょうか」とネタにされることが多い。近年では、たい平の嫁・千華のネタが多用されるようになったためか、ごく最近では恐妻ネタよりもむしろ「(砂かけ)ばばあ」としてネタにされることが増えている。6代目円楽に「横浜の歌丸んちに砂かけばばあが棲みついている」とネタにされた時には、「今日があたしの命日になってしまう」とやり返していたこともある。桂歌丸 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点

    笑点から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    6代目三遊亭圓楽(1983年10月16日 - 現在)(番組内では「三遊亭円楽」と表記)(2010年2月21日(第2204回)までは、三遊亭楽太郎として出演)笑点 フレッシュアイペディアより)

  • おはよう!ゲートボール

    おはよう!ゲートボールから見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    トーナメント制で毎回2チームが繰り広げる試合が展開されていた。その決勝戦の際はレギュラーの三遊亭楽太郎が審判を務めていた。おはよう!ゲートボール フレッシュアイペディアより)

  • 大笑点

    大笑点から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    19時台のクライマックスでは、生放送で勝ち抜き制の大喜利やクイズを勝ち抜いた長州小力と笑点メンバーの夢の大喜利(小力は木久蔵と楽太郎の間に座った。問題は1問のみ)があった。さらに19:35頃に山田が50kmマラソンを完走、スタジオにゴールインした。そしてその後に番組最後の大喜利であるTOKIOと大喜利メンバーによる大喜利(問題は2問)を放送した。この大喜利ではマラソンを完走した山田が笑点チームの座布団運びを担当された(50kmマラソンの疲労もあって山田は椅子に座り、アシスタントの噺家に指示を出している光景が見られた)。大笑点 フレッシュアイペディアより)

  • 神宮外苑花火大会

    神宮外苑花火大会から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    初代の総合司会はフリーアナウンサーの宮田輝(元NHKアナウンサー、故人)が務めた。その後、落語家の三遊亭楽太郎(現・6代目三遊亭圓楽)や、フリーアナウンサーの志生野温夫(元日本テレビアナウンサー)などが担当してきた。2010年からはお笑いタレントの松村邦洋が総合司会を務めており、花火打ち上げ前のアトラクションでは松村による物真似の披露が恒例となっている。また、日刊スポーツと同じ朝日新聞系列のテレビ朝日が後援に係わっている観点から、同局のアナウンサーも司会を務めることがある。ちなみに2010年以降は前田有紀が担当している。神宮外苑花火大会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本香堂

    日本香堂から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    5代目三遊亭圓楽は、1967年(昭和42年)のテレビコマーシャル開始以来、2009年(平成21年)に死去するまで「毎日香」のCMに出演。死去後も『「星の王子様」になった5代目三遊亭円楽師匠から』と題し、後述の6代目三遊亭圓楽のCFが開始されるまで、生前に収録されたナレーションを放送していた。円楽一門会に所属する5代目圓楽の弟子も出演しており、「毎日ローソク」のCFに出演した6代目圓楽(当時の三遊亭楽太郎)のほか、三遊亭楽大時代の伊集院光も「青雲」のCFに出演していた。日本香堂 フレッシュアイペディアより)

  • 日本お笑い史

    日本お笑い史から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    デビュー:間寛平、六代目三遊亭圓楽、春風亭小朝、桂べかこ(南光)、つボイノリオ日本お笑い史 フレッシュアイペディアより)

  • 円楽一門会

    円楽一門会から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    2010年3月には、楽太郎の6代目円楽の襲名披露興行が桂歌丸会長率いる落語芸術協会の協力を得て、定席である新宿末廣亭などで行われ、6代目円楽のほか、鳳楽・好楽・圓橘などが出演した。同年10月28日の5代目圓楽一周忌において、6代目円楽から歌丸に対して円楽一門会の落語芸術協会への合流の申し入れがされたが、芸協内では根強い反対意見もあり、2011年6月の総会で否決された。円楽一門会 フレッシュアイペディアより)

  • 林家たい平

    林家たい平から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    なお、前司会者・5代目圓楽が療養のため休演した際、大喜利メンバーが交代で代理司会を担当していた(2005年11月27日放送分より桂歌丸に固定)が、大喜利メンバーの中でたい平だけが司会を務めなかった。これは、たい平本人によれば、「自分は、あくまで師匠・こん平の代理として出演していており、師匠を差し置いて司会を務めることは出来ない」ためである。その後、正式なレギュラーメンバーとなった後、2008年6月29日放送分は司会の歌丸が腰の手術で一時休演した際、大喜利の司会を務めた(この日の冒頭は、木久扇と楽太郎〈現・6代目圓楽〉が担当)。「ターボが回転しすぎて、収録後に鼻血が出た」という(笑点オフィシャル本より)。林家たい平 フレッシュアイペディアより)

  • 大喜利 (笑点)

    大喜利 (笑点)から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    大喜利は通常、演芸の後に行われるが、時々演芸内でも日本テレビのアナウンサー6名による「アナウンサー大喜利」を行うことがある。その際は大喜利メンバーが司会や座布団運びを務める。最近では司会が6代目三遊亭圓楽と三遊亭小遊三で、座布団運びが春風亭昇太と林家たい平が務める。大喜利 (笑点) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
105件中 1 - 10件表示

「三遊亭円楽」のニューストピックワード