141件中 91 - 100件表示
  • FNS1億2,000万人のクイズ王決定戦!

    FNS1億2,000万人のクイズ王決定戦!から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    「クイズ王の実力は本物か?」をコンセプトに、歴代のクイズ王および番組に多大な功績を残した参加者から12名を招待し、選抜された6人のクイズ戦士が、番組が用意した12名の刺客(ほぼ『平成教育委員会』の解答者で構成されていた)である池田満寿夫、出光ケイ、大槻義彦、三遊亭楽太郎、高橋洋子、辰巳琢郎、田中康夫、西森マリー、早坂茂三、福地泡介、森山周一郎、ラサール石井と対決しながら、クイズ王を目指す内容。ルールが複雑ゆえに、その補足を対戦の最中に説明するというデモンストレーション演出がなされた。FNS1億2,000万人のクイズ王決定戦! フレッシュアイペディアより)

  • 泰葉

    泰葉から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    離婚後、「落語家の元妻」ということで『笑点』の大喜利でなぜかネタにされることがあり、「金髪糞豚野郎」をもじって、「何々野郎」と罵倒する言葉を考えるというお題が出されたり、特に6代目三遊亭圓楽からは、「うるせえ泰葉(アニメのキャラクターをもじる問題が出題された際にて、うる星やつらのもじり)」、根岸に近づいたところで「落語家の皆さん、そろそろ根岸ですからね、泰葉が来るぞー」、「春風亭小朝」と「海老名泰葉」で(ネットで組み合わせ)検索したらパソコンが燃えました(いわゆる、「ブログ炎上」をネタにしたものと思われる)、「泰葉です。海老名家の困りもの(エコを頭に付けた言葉を考える問題にて)」などとネタにされることが多々ある。桂歌丸からも、「あれが来るとロクなことがない」と合いの手を入れることがある(ちなみに「金髪糞豚野郎」のもじりで6代目圓楽は歌丸のことを「ハゲタカ骨野郎」と呼んだことがある)。泰葉 フレッシュアイペディアより)

  • 安岡喜郎

    安岡喜郎から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    1983年ニッポン放送に入社。 1994年まで同局に在籍し、オールナイトニッポンのディレクターとして伊集院光を育て上げた。『伊集院光のオールナイトニッポン』では、伊集院とともに架空のアイドル・芳賀ゆいの仕掛け人ともなった。またニッポン放送時代は「鬼ディレクター」として恐れられた。伊集院自身も三遊亭楽太郎(現:6代目三遊亭圓楽)に次いで彼を頭の上がらない人の一人として挙げている。また伊集院がTBSに移った後にしばらくたって自宅の電話権を調べた際、誰の名義かわからず最終的には安岡の縁者だったことが判明した。安岡喜郎 フレッシュアイペディアより)

  • 桂歌春

    桂歌春から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    また、6代目三遊亭圓楽の襲名披露口上の際には「次の歌丸でございます」と述べた。ちなみに、六代目圓楽とは同年齢であり入門時期も同じ年である(しかし「それ以上のことは知らない」とも述べている)。桂歌春 フレッシュアイペディアより)

  • 笑点 大博覧会 DVD-BOX

    笑点 大博覧会 DVD-BOXから見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭楽太郎(現:6代目三遊亭圓楽笑点 大博覧会 DVD-BOX フレッシュアイペディアより)

  • 代書

    代書から見た三遊亭円楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    6代目三遊亭円楽に、パロディ的改作『代書屋~天野幸夫伝~』がある。天野幸夫は、三遊亭小遊三の本名であり、同演目は『笑点』の大喜利コーナーにおける小遊三の恒例のギャグをモチーフにアレンジしたもの。主人公の天野は、落語芸術協会を公益社団法人にするために履歴書を書かなければいけないが、自分の名前が分からない、というプロットである。代書 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭鳳志

    三遊亭鳳志から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    2009年11月15日放送の『笑点』の真打昇進披露口上に出演する予定だったが、諸般の事情で出演していない(楽太郎は「今日は懲戒の掃除当番だそうでございます。」と発言)。三遊亭鳳志 フレッシュアイペディアより)

  • 会一太郎

    会一太郎から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    落語家の6代目三遊亭圓楽の長男。日本大学第一高等学校卒業。2008年3月、青二塾東京校第28期卒業生。。5代目三遊亭圓楽は大師匠にあたる。会一太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 春風亭柳昇

    春風亭柳昇から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    春風亭柳如 - もともとは柳昇の直弟子、死後三遊亭楽太郎(現:6代目三遊亭圓楽)門下に移籍、三遊亭楽昇と改名。長期休業中。春風亭柳昇 フレッシュアイペディアより)

  • CIMA (プロレスラー)

    CIMA (プロレスラー)から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    その後、ウルティモ・ドラゴンが立ち上げるというプロレススクール「闘龍門」の記事を見て一念発起。闘龍門の1期生に応募。1期生の枠4人のうち、すでに旗揚げ以前からウルティモ・ドラゴンと面識のあった黒木克昌(マグナムTOKYO)、藤井達樹(ドン・フジイ)、諏訪高広(SUWA)の3名が決定しており、最後の1人を決める際に、ウルティモ・ドラゴンが知人である三遊亭楽太郎の妻に依頼して、選ばれたのがCIMAである。CIMA (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

141件中 91 - 100件表示

「三遊亭円楽」のニューストピックワード