141件中 101 - 110件表示
  • マギー司郎

    マギー司郎から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    6代目三遊亭円楽 - 真打昇進前から親交があり、「縦縞のハンカチが横縞のハンカチになる」ネタの真似を『笑点』の大喜利でも演じた。マギー司郎 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭小圓遊

    三遊亭小圓遊から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    10月19日の番組内で「小圓遊追悼大喜利」が行われた。小圓遊の定位置には座布団と生前着用していた水色の色紋付が置かれ、小圓遊以外のメンバー5人(桂歌丸・林家こん平・林家木久蔵(現:林家木久扇)・林家九蔵(現:三遊亭好楽)・三遊亭楽太郎(現:6代目三遊亭円楽))で大喜利を行っている。三波や歌丸も終始、目を潤ませながら大喜利を進行していた。三波が独り言のように、『馬鹿が一人で逝きやがって、私は寂しいですよ』と言ったという。そして冒頭の挨拶で歌丸が一言『碁敵は憎さも憎し懐かしし』。三遊亭小圓遊 フレッシュアイペディアより)

  • 人志松本のすべらない話

    人志松本のすべらない話から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭円楽 (「笑点」からの刺客)人志松本のすべらない話 フレッシュアイペディアより)

  • 死亡説

    死亡説から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    桂歌丸 - 2001年頃、レギュラー出演していた日本テレビの『笑点』スタッフのもとに「歌丸師匠がお亡くなりになった」という電話が入り、スタッフは事実確認のため歌丸の自宅に電話した。電話に出た歌丸の妻は「(歌丸本人は)平塚市で独演会中」と語ったため、デマであることが判明した。なお、本件に限らず歌丸は『笑点』の「大喜利」で死亡ネタが頻繁に登場している(主に六代目三遊亭円楽が使う)。死亡説 フレッシュアイペディアより)

  • ジャイアント馬場

    ジャイアント馬場から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    伊集院光が三遊亭楽太郎(現:6代目三遊亭圓楽)の弟子として落語家の修行していた時代、プロレスの大ファンで業界人とも交流が深い楽太郎と話をしていたときに同行していた伊集院の身体と足の大きさを見て、馬場は行きつけの靴屋にオーダーメイドで靴を作らせるよう注文をして伊集院にプレゼントしたことがある。馬場も身体の大きさからなかなか自分のサイズにあった靴を見つけられなかった経験があるが故に伊集院に同情したためであるという。しかしその靴屋はハワイにあり、当時楽太郎の弟子でお金が無かった伊集院には行けず、その靴は楽太郎がハワイ旅行に出かけた折に受け取ってもらった。ジャイアント馬場 フレッシュアイペディアより)

  • 東祥三

    東祥三から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽とは長い付き合いがあり応援を受けている東祥三 フレッシュアイペディアより)

  • 林家彦六

    林家彦六から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    元兄弟子の6代目三遊亭圓生とは「天敵」と呼ばれる間柄であり、最後まで徹底してそりが合わなかった。対立関係の表面化は、(馬楽時代の)彦六が6代目三遊亭圓生襲名に際して、「あの人に6代目が務まるわけがない」と酷評したことにまで遡る。ただし、笑点師弟大喜利では隣り合せで座っていた時もあった。なお、圓生の師匠は彦六が一時期師匠金三(圓蔵門下時の名は月の家圓鏡)と共に内輪弟子として所属していた4代目圓蔵である。だが、一方で圓生の総領弟子三遊亭全生は気に入り、自身の前名の一つである三遊亭圓楽を襲名させた。このことは、六代目圓楽襲名披露口上時に、弟子の林家木久扇によって触れられている。また、弟弟子4代目鈴々舎馬風も圓生の天敵だった。1978年、圓生が中心人物となって引き起こした落語協会分裂騒動では、師匠圓生に逆らって落語協会残留を決めたために破門にされ、芸名の強制返却の目に遭った3番弟子三遊亭好生を救い、自らの客分格の弟子とし春風亭一柳に改名させた。林家彦六 フレッシュアイペディアより)

  • ミラノコレクションA.T.

    ミラノコレクションA.T.から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    休憩後、自身のテーマ曲であるMILANO FEVER+EUROPEで女性ダンサーを先頭に純白のスーツで入場。マイクで引退の挨拶を済ませると、ツトム・オースギ、ヘラクレス千賀、大鷲透、FMW時代に付き人だったハヤブサ、落語家の三遊亭楽太郎(現:三遊亭円楽)らミラノにゆかりのある人物達から花束が贈られる。また、来場出来なかった近藤修司はVTRコメントで祝福。さらに、サプライズゲストとしてウルティモ・ドラゴンが来場。ミラノは涙を浮かべて迎え入れた。ミラノコレクションA.T. フレッシュアイペディアより)

  • 天龍源一郎

    天龍源一郎から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    落語家6代目三遊亭圓楽は墨田区立両国中学校の同級生で親友。田上明を紹介され全日本入団に協力した。また『笑点』内ではしばしば天龍のモノマネを披露することもある。天龍源一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院光 深夜の馬鹿力の出来事

    伊集院光 深夜の馬鹿力の出来事から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    2001年6月18日(第297回)「天才DJへの道・苦手克服ブ?ラジャ?スペシャル」。当時「ブラジャー」と普通に言えず、「ブーラジャー」と変に伸ばして読んでいた伊集院が、苦手を克服すべく、番組企画として買いに行ったり、自ら着用したままシークレットゲストと対談することに。ところが伊集院に誰であるか知らされていなかったゲストは、落語家時代の師匠・三遊亭楽太郎。「黒ブラ姿」のままプレッシャーでしどろもどろになる伊集院に対し、淡々と小言をたれる師匠という状態のまま、対談は終了した。伊集院光 深夜の馬鹿力の出来事 フレッシュアイペディアより)

141件中 101 - 110件表示

「三遊亭円楽」のニューストピックワード