141件中 51 - 60件表示
  • 快傑!ドクターランド

    快傑!ドクターランドから見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭楽太郎(現・六代目三遊亭円楽快傑!ドクターランド フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭王楽

    三遊亭王楽から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    好楽同様、圓楽襲名を狙っているとネタにすることが多々ある。笑点でも、「真打昇進披露口上」に登場した際、「私には夢がありました。それは六代目圓楽襲名と同時に真打昇進という。しかし、残念なことに、某兄弟子に奪われ、只今絶望の淵に立たされております」とネタにしていた。また、「好楽という名前には全く興味がありません」とも発言している。三遊亭王楽 フレッシュアイペディアより)

  • 三笑亭 夢之助

    三笑亭夢之助から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    大喜利メンバーであった2年間に、1978年に年間2度のほか合計3回、座布団10枚を獲得し、番組初の海外収録に参加するなど短い出演期間で印象を残している。夢之助は三遊亭楽太郎と同時に大喜利メンバーに加入したが、20代で大喜利メンバーに加わった者はこの2人が最後で、二つ目のまま番組を降板したのも夢之助が最後で、降板後の1983年に真打へ昇進している。夢之助以降の加入メンバーは全員が加入前かレギュラー出演中に真打に昇進している。三笑亭夢之助 フレッシュアイペディアより)

  • 逸見 太郎

    逸見太郎から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    外見がネプチューンの原田泰造や元プロ野球選手の城島健司に似ていると言われることがある。さまぁ〜ずには「逸見政孝さんそっくり。6代目三遊亭圓楽にも似ている」と言われた。逸見太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 破門

    破門から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    伊集院光の場合は6代目三遊亭圓楽(入門当時・三遊亭楽太郎)の門下時代に「三遊亭楽大」として活躍中に、伊集院光の名でラジオ番組出演する一方、それが一門に露呈し問題となり、表向きは「破門」と言う形で自主廃業するものの師匠が伊集院を擁護していた事から現在も未だに身内として扱っており、師弟関係も継続している。破門 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭楽大

    三遊亭楽大から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    先代 - 1984年三遊亭楽太郎(現:六代目円楽)に入門、1988年二つ目。前座時代より伊集院光として活動し、1990年廃業。三遊亭楽大 フレッシュアイペディアより)

  • ゲートボール

    ゲートボールから見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 \(6代目\) - (審判員の資格を持っている)ゲートボール フレッシュアイペディアより)

  • 笑点デラックス

    笑点デラックスから見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭楽太郎(初代)※現:6代目三遊亭圓楽 - 2010年の師匠の5代目圓楽死去後6代目円楽襲名笑点デラックス フレッシュアイペディアより)

  • 下田美馬

    下田美馬から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    2007年7月12日、後楽園ホールで開かれたウルティモ・ドラゴン20周年記念興行に参戦。堀田祐美子とシングルで対戦し、特別レフェリーの松山勘十郎によるセクハラに苦しみながらフォール。しかし、闘龍門理事長の三遊亭楽太郎(現:六代目三遊亭円楽)から物言いが付き、松山を含めた3WAYが組まれ、回転エビ固めで松山からフォールを奪った。下田美馬 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊派

    三遊派から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    なお、圓楽の一門と圓丈の一門は落語協会脱退後に袂を分かち特段の交流はなかったのであるが、2013年の圓丈の著書「落語家の通信簿」について6代目圓楽から事実関係について指摘を受けて増刷時に修正したのを機に意気投合し、2014年3月より合同落語会「三遊ゆきどけの会」を開催している(2016年からは「三遊落語祭」)。三遊派 フレッシュアイペディアより)

141件中 51 - 60件表示

「三遊亭円楽」のニューストピックワード