141件中 61 - 70件表示
  • 原田泰治

    原田泰治から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    日本香堂「毎日香」(2011年3月〜2011年8月、ナレーターとして。2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震発生以降、6代目三遊亭圓楽がナレーターを務めていたCMが事実上自粛となったことに伴い、自身が選考委員長を務める絵画コンクール「子ども絵画館」で受賞した作品をアトランダムに放送している画面にナレーションを入れていた。)原田泰治 フレッシュアイペディアより)

  • 8時だョ!全員集合のコント

    8時だョ!全員集合のコントから見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    5人がそれぞれの家の主婦・主人・子供・おじいちゃんなど1人で数役を演じる。舞台裏では、付き人またはマネージャーに協力してもらって着替えている。最終的には衣装やカツラがめちゃくちゃになる場合もある(後半のコントでも実際にあったが、舞台裏にもカメラを設置し、着替えの様子も映し出された)。このコントに使われる衣装は、簡単に着替えられるようにワンタッチに仕上げている(後ろがマジックテープで固定されている)。志村がスーパーマンやキン肉マン、アンパンマンや殿様の衣装を着て五軒家から出てくる事もあった。さらには加藤が薬屋(CMでは当時の楽太郎(現・6代目三遊亭円楽)が出演)、ほかのメンバーは農家のおばさんという気持ちよかーが流行。これに類似したコントでは回り舞台をフル活用し「母ちゃんコント」と同規模の住宅のセット(木造風、鉄筋コンクリート風など)を4軒分組んで、4軒分の家族をメンバー単位で4役を演じるパターンもあった。これも五軒家コントと同様、舞台裏では、付き人またはマネージャーに協力してもらって着替えている。8時だョ!全員集合のコント フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭楽生

    三遊亭楽生から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    6代目三遊亭圓楽の惣領弟子である。三遊亭楽生 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    落語家の六代目三遊亭圓楽(前名:三遊亭楽太郎)と容貌が似ている。瀬古が金メダル候補だった1984年のロス五輪の直前には、楽太郎(当時)が瀬古の格好でロサンゼルスを取材するテレビ番組があった。それから20年後に、弟子の国近友昭がアテネ五輪の代表に決まったときの記者会見で、瀬古は「楽太郎さんのように冗談を言ってリラックスさせたい」と述べた。現在も交流があり、2010年3月の六代目圓楽襲名披露パーティーにもサプライズゲストとして出演した。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • オレたちひょうきん族

    オレたちひょうきん族から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭楽太郎(現・6代目三遊亭圓楽オレたちひょうきん族 フレッシュアイペディアより)

  • 落語協会分裂騒動

    落語協会分裂騒動から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    落語協会脱退後、圓楽の一門と圓丈の一門は袂を分かち、2010年に6代目圓楽が襲名してからも特段の交流はなかったが、2013年の圓丈の著書「落語家の通信簿」について6代目円楽から誤認の箇所があるとの指摘があり増刷時に修正したのを機に両者で意気投合し、2014年3月より合同落語会「三遊ゆきどけの会」を開催している(2016年からは「三遊落語祭」)。また、円楽一門会が主催するお江戸両国亭の定席にも「賛助出演」という形で圓丈一門のほか、一部の落語協会所属の落語家・色物芸人も出演している。落語協会分裂騒動 フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院光のOh!デカナイト

    伊集院光のOh!デカナイトから見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    番組末期の1995年には伊集院の落語家時代の師匠・三遊亭楽太郎(当時)がゲスト出演し、思い出話へ花を咲かせた後伊集院を叱咤激励した。伊集院光のOh!デカナイト フレッシュアイペディアより)

  • 立川談之助

    立川談之助から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    2016年3月に故郷である前橋市の『まえばし観光大使』に、同郷の後輩落語家の三遊亭竜楽、竜楽の兄弟子である6代目三遊亭円楽と共に委嘱されている。立川談之助 フレッシュアイペディアより)

  • 1984年のテレビ (日本)

    1984年のテレビ (日本)から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    テレビ朝日系の報道・情報番組が改正。朝の情報番組『おはようテレビ朝日』は新たに落語家の三遊亭圓楽とフリーキャスターの頼近美津子が登板。お昼のニュース番組『ANNニュースライナー』は平日に高井正憲(平日)、戸谷光照(週末)両アナウンサーが登板。2時のワイドショー『こんにちは2時』は新アシスタントに保坂正紀、小宮悦子両アナウンサーが登板(いずれも当時)。1984年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 若竹

    若竹から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    伊集院光 - 三遊亭楽太郎(現:6代目三遊亭圓楽)の弟子三遊亭楽大として、前座・二つ目の修行時代をここで過ごし、閉館直後に落語家を廃業している。若竹 フレッシュアイペディアより)

141件中 61 - 70件表示

「三遊亭円楽」のニューストピックワード