105件中 61 - 70件表示
  • 林家こん平

    林家こん平から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    前身番組『金曜夜席』(日本テレビ)から参加した古参レギュラーであり、同番組ではオレンジの色紋付を着用。長らく隣が小難しいインテリ系のくすぐりを得意とする三遊亭楽太郎(現:6代目三遊亭円楽)であるため、あいさつで楽太郎の長舌を受けて「あたしにゃ?そういう難しいことはわからないですがね…」と頭を振りながらうそぶくことがしばしばある。地方収録の際は必ず「○○(地方収録の行われている地名)で生まれて、新潟で育った?」とホラを吹き、2週目は「第二の故郷というのはありがたいもので、先程から友人知人が手に持ちきれないほどのお土産を持って楽屋を訪ねてきてくれております……」で始まり、「なお、会場の皆様にお知らせがございます。私の帰りのかばんには、まだ若干の余裕があります」と挨拶する。林家こん平 フレッシュアイペディアより)

  • 1億人の大質問!?笑ってコラえて!

    1億人の大質問!?笑ってコラえて!から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    2009年11月26日に、この番組の前に放送された『SUPER SURPRISE』では、過去のダーツの旅の総集編と、えなりかずき、三遊亭楽太郎によるダーツの旅が放送された。1億人の大質問!?笑ってコラえて! フレッシュアイペディアより)

  • FNS1億2,000万人のクイズ王決定戦!

    FNS1億2,000万人のクイズ王決定戦!から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    「クイズ王の実力は本物か?」をコンセプトに、歴代のクイズ王および番組に多大な功績を残した参加者から12名を招待し、選抜された6人のクイズ戦士が、番組が用意した12名の刺客(ほぼ「平成教育委員会」の解答者で構成されていた)である池田満寿夫、出光ケイ、大槻義彦、三遊亭楽太郎、高橋洋子、辰巳琢郎、田中康夫、西森マリー、早坂茂三、福地泡介、森山周一郎、ラサール石井と対決しながら、クイズ王を目指す内容。ルールが複雑ゆえに、その補足を対戦の最中に説明するというデモンストレーション演出がなされた。FNS1億2,000万人のクイズ王決定戦! フレッシュアイペディアより)

  • リンカーンの企画・コーナー

    リンカーンの企画・コーナーから見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    オープニングアニメも忠実に再現されており、浜田が歌丸の「目黒のさんま」、松本が6代目圓楽の「芝浜」、大竹が木久扇の「扇の的」、三村が山田の「半分垢」、宮迫がたい平の「まんじゅうこわい」、蛍原が昇太の「たらちね」、天野が好楽の「金明竹」、ウドが小遊三の「てれすこ」となっている。リンカーンの企画・コーナー フレッシュアイペディアより)

  • 人志松本のすべらない話

    人志松本のすべらない話から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭円楽 (「笑点」からの刺客)人志松本のすべらない話 フレッシュアイペディアより)

  • 伊集院光 深夜の馬鹿力の出来事

    伊集院光 深夜の馬鹿力の出来事から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    2001年6月18日(第297回)「天才DJへの道・苦手克服ブ?ラジャ?スペシャル」。当時「ブラジャー」と普通に言えず、「ブーラジャー」と変に伸ばして読んでいた伊集院が、苦手を克服すべく、番組企画として買いに行ったり、自ら着用したままシークレットゲストと対談することに。ところが伊集院に誰であるか知らされていなかったゲストは、落語家時代の師匠・三遊亭楽太郎。「黒ブラ姿」のままプレッシャーでしどろもどろになる伊集院に対し、淡々と小言をたれる師匠という状態のまま、対談は終了した。伊集院光 深夜の馬鹿力の出来事 フレッシュアイペディアより)

  • 暴れん坊将軍VI

    暴れん坊将軍VIから見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    め組小頭・卯之吉:三遊亭楽太郎(現・6代目三遊亭圓楽暴れん坊将軍VI フレッシュアイペディアより)

  • ぶらり途中下車の旅

    ぶらり途中下車の旅から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭楽太郎(現・6代目三遊亭円楽ぶらり途中下車の旅 フレッシュアイペディアより)

  • 安岡喜郎

    安岡喜郎から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    1994年までニッポン放送に在籍しており、オールナイトニッポンのディレクターとして伊集院光を育て上げた。『伊集院光のオールナイトニッポン』では、伊集院とともに架空のアイドル・芳賀ゆいの仕掛け人ともなった。またニッポン放送時代は「鬼ディレクター」として恐れられた。伊集院自身も三遊亭楽太郎(現:6代目三遊亭圓楽)に次いで彼を頭の上がらない人の一人として挙げている。また伊集院がTBSに移った後にしばらくたって自宅の電話権を調べた際、誰の名義かわからず最終的には安岡の縁者だったことが判明した。安岡喜郎 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤充宏

    佐藤充宏から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    青学大在学中は落語研究会(先輩に6代目三遊亭円楽、後輩に読売テレビ・森武史アナがいる)に所属し、「九々舎 丹歌」(きゅうきゅうしゃ・たんか)という高座名を襲名していた。佐藤充宏 フレッシュアイペディアより)

105件中 61 - 70件表示

「三遊亭円楽」のニューストピックワード