105件中 71 - 80件表示
  • TheサンデーNEXT

    TheサンデーNEXTから見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    2009年10月頃より。徳光が口先庵で、有名人と対談をする。嵐、鳩山幸、船越英一郎、中山美穂、吉永小百合、島田紳助、市原隼人、渡辺謙、大野智(嵐)、六代目三遊亭円楽、中井貴一、山口達也、吉川晃司、小栗旬、向井理、木村多江、桂歌丸、綾瀬はるか、大沢たかお、宮藤官九郎、堺雅人、二宮和也(嵐)、唐沢寿明らと対談。TheサンデーNEXT フレッシュアイペディアより)

  • あいさつの魔法。

    あいさつの魔法。から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    テレビ番組などでも「あいさつの魔法。」のパロディが見られている。2011年4月10日に放送された『笑点』の大喜利のコーナーで、三遊亭円楽がこのCMに関した挨拶をし、同じく4月24日放送の同コーナーの1問目で林家たい平が答えのネタとして、このCMを挙げた。たい平は5月6日放送の『金曜スーパープライム ザ・富士山 大解剖スペシャル!!』の中で行われた大喜利のコーナーでも、このCMをネタにして答えに使っている。また、爆笑問題や斉藤和義もこのCMをネタに用いており、創作では、漫画『銀魂』、アニメ『ザ・ペンギンズ from マダガスカル』や『じょしらく』の第11席目のオリジナルネタなどでもこのCMがネタとして用いられた。あいさつの魔法。 フレッシュアイペディアより)

  • ブレインアスリート

    ブレインアスリートから見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    桝太一(日本テレビアナウンサー)、アグネス・チャン、麻木久仁子、市川亀治郎、菊地幸夫、載寧龍二、三遊亭圓楽、中田敦彦(オリエンタルラジオ)、馬場典子(日本テレビアナウンサー)、松尾依里佳、三浦奈保子、光浦靖子、南圭介、本村健太郎ブレインアスリート フレッシュアイペディアより)

  • 瀬古利彦

    瀬古利彦から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    落語家の六代目三遊亭圓楽(前名:三遊亭楽太郎)と容貌が似ている。瀬古が金メダル候補だった1984年のロス五輪の直前には、楽太郎(当時)が瀬古の格好でロサンゼルスを取材するテレビ番組があった。それから20年後に、弟子の国近友昭がアテネ五輪の代表に決まったときの記者会見で、瀬古は「楽太郎さんのように冗談を言ってリラックスさせたい」と述べた。現在も交流があり、2010年3月の六代目圓楽襲名披露パーティーにもサプライズゲストとして出演した。瀬古利彦 フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓生 (6代目)

    三遊亭圓生 (6代目)から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    さらに悪化してしまったのは、圓生が落語協会会長を引退した時である。圓生の次は順番からすれば正蔵だったが、協会幹部達は圓生の次は5代目柳家小さんだと暗黙の了解を取っていた。圓生は正蔵に会長就任を要請したが、正蔵は一応断り、もう一度頼まれれば会長を引き受けるつもりだったところ圓生がそのまま帰ってしまったため、2人の対立関係は決定的になってしまったという逸話がある。それまで笑点師弟大喜利で隣り合わせで座っていたのが、この一件以降は実現しなくなった(正蔵が再び師弟大喜利に出演するのは圓楽の弟子楽太郎がメンバーとなって以降。余談だがこの「楽太郎」という高座名を与えたのは圓生である)。三遊亭圓生 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 春風亭柳昇

    春風亭柳昇から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    春風亭柳如 - もともとは柳昇の直弟子、死後三遊亭楽太郎(現:6代目三遊亭圓楽)門下に移籍、三遊亭楽昇と改名。長期休業中。春風亭柳昇 フレッシュアイペディアより)

  • 逸見 太郎

    逸見太郎から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    外見がネプチューンの原田泰造や阪神タイガースの城島健司に似ていると言われることがある。さまぁ〜ずには「逸見政孝さんそっくり。6代目三遊亭圓楽にも似ている」と言われた。逸見太郎 フレッシュアイペディアより)

  • THE フィッシング

    THE フィッシングから見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    窪田等。過去には大平透、佐々木功がナレーターを、また三遊亭楽太郎(現・六代目三遊亭円楽)が司会を務めた。THE フィッシング フレッシュアイペディアより)

  • ゲートボール

    ゲートボールから見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 \(6代目\) - (審判員の資格を持っている)ゲートボール フレッシュアイペディアより)

  • ジャイアント馬場

    ジャイアント馬場から見た三遊亭圓楽 (6代目)三遊亭圓楽 (6代目)

    伊集院光が三遊亭楽太郎(現:6代目三遊亭圓楽)の弟子として落語家の修行していた時代、プロレスの大ファンで業界人とも交流が深い楽太郎と話をしていた時に一緒に同行していた伊集院の身体と足の大きさを見て、馬場は行きつけの靴屋にオーダーメイドで靴を作らせるよう注文をして伊集院にプレゼントしたことがある。馬場もその身体の大きさからなかなか自分のサイズにあった靴を見つけられなかった経験があるが故に伊集院に同情したためであるという。しかしその靴屋がハワイの靴屋で、当時楽太郎の弟子でお金が無かった伊集院が行けるわけもなく、結局その靴を貰うことを断念している。ジャイアント馬場 フレッシュアイペディアより)

105件中 71 - 80件表示

「三遊亭円楽」のニューストピックワード