前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
146件中 1 - 10件表示
  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た桂歌丸

    2010年2月28日放送の『笑点』にて「六代目円楽襲名披露口上」を行い、翌3月1日より正式に6代目圓楽を襲名した。次いで、襲名披露パーティーと記者会見を3月2日、東京千代田区・帝国ホテルにて開催した。襲名披露公演は全国各地で行われる他、2010年3月下席から4月中席まで落語芸術協会(桂歌丸会長)の定席興行(新宿末廣亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場)でも開催される。これは楽太郎の要望に応じた芸術協会の協力により実現した。定席への出演は32年ぶりとなる。また、同年5月31日には、横浜市の三吉演芸場で行われた歌丸一門会でのトリを務めることになった(圓楽曰く、「アウェイ」)。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た林家木久扇

    1977年8月28日 - 師匠5代目圓楽の弟弟子6代目三遊亭圓窓の後任として『笑点』レギュラーとなる。師匠5代目圓楽卒業で欠員が出ていたため師匠5代目圓楽が着ていた薄紫の色紋付を着用する事となった。因みに圓窓が着用していた桃色の色紋付を着用したのは同じく新メンバーとして加わっていた三笑亭夢之助(2年後卒業)である。現在同色の色紋付を着用しているのは、その後任となった林家木久蔵(現:林家木久扇)の弟弟子の林家九蔵(現:三遊亭好楽)である。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た伊集院光伊集院 光

    最初の弟子は後に放送作家となる石田章洋(門下当時は花楽京)、二番目はタレントの伊集院光(門下当時は楽大)であるが、いずれも落語家を廃業、転職している。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た立川談志

    その博士号だが、楽太郎(当時)本人が認定書を見せたところ、師匠の5代目圓楽や桂歌丸などが感心する中、立川談志のみが「落語家に学歴なんざぁ要りません」と、気にも留めなかったという。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た山田隆夫山田 隆夫

    「ペヤングソースやきそば」(まるか食品)が好きで、CMに出ている山田隆夫に無理やり頼み込んで、段ボール単位で貰っている。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た三遊亭圓楽 (5代目)

    出囃子は師匠5代目三遊亭圓楽と同じ『元禄花見踊』(以前は『花が咲き候』を使用)。墨田区立両国中学校、東京都立深川高等学校、青山学院大学法学部卒業。血液型はA型。長男は落語家、声優の会一太郎(落語家としての名称は三遊亭一太郎)。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た三遊亭小遊三三遊亭 小遊三

    ゴルフ。三遊亭小遊三より回数は少ないが、一緒にサントリーオープンのアマプロチャリティートーナメントに参加することがある。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た林家たい平

    2010年現在の大喜利メンバーの中では林家木久扇(1969年11月加入)に次ぐ古参である。しかしながら、既にベテランレベルにありながらも2004年12月に、当時代理メンバーであった林家たい平(1964年生)が加入するまでは長くメンバーの中では最年少者であった(ただし、1歳下の桂才賀がメンバーだった一時期をのぞく)。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た山崎弘也山崎 弘也

    なお、両名について円楽は身内ととらえている。一門会に出演させている他、伊集院とはテレビ番組で共演したり、伊集院のラジオ番組に出演することがある。また、伊集院も円楽について現在も「師匠」と呼び、落語家時代の話をすることがある。伊集院がテレビ番組で共演する際には、伊集院の後輩である山崎弘也(アンタッチャブル)が座って圓楽と談笑する一方で、弟子として常に立ちっぱなしで飲み物を買ってくるなどしている。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た天龍源一郎

    プロレス観戦。生前のジャイアント馬場と親交があり、全日本プロレス主催試合における後楽園ホール年間指定席を購入していたほどの落語界きってのプロレスファン。プロレスラーの天龍源一郎とは墨田区立両国中学校の同級生。また角界の田上明へプロレス転向を勧めたり、ウルティモ・ドラゴンの面倒を見るなど、様々なレスラーと親交を結んでいる。またレジャーニューズでコラム「プロレスおやじ倶楽部」を執筆していた。三沢光晴の死に関しては「勘弁してくれねぇかなぁ」と未だノーコメントを貫いている。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
146件中 1 - 10件表示

「三遊亭円楽」のニューストピックワード