189件中 11 - 20件表示
  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た林家たい平

    2018年現在の大喜利メンバーの中では林家木久扇(1969年11月加入)に次ぐ古参である反面、2004年12月に林家たい平が代理メンバーとして加入するまでは、1歳年下の桂才賀がメンバーだった一時期を除いて最年少メンバーだった。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た天龍源一郎

    プロレスファンとしても知られる(天龍源一郎は中学時代の同級生)。特に全日本プロレス・ジャイアント馬場との親交は深く、リングサイドで観戦中客席に向かって唾を吐こうとする永源遙に向け輪ゴムを飛ばすシーンが全日本プロレス中継で放映された。また、馬場死去の際に応じたインタビューでは涙を流して馬場の事を(圓楽の方が歳下であるものの親しみを込め)「正平」と呼び捨てにしていたことを明かし、「馬場さんの中には小さな馬場さんがいっぱいいて細やかな気遣いのある人でした」と言葉を詰まらせながら語った。また、ウルティモ・ドラゴンが立ち上げた闘龍門の理事長を務めたこともあった。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た東祥三

    元衆議院議員の東祥三とは長い付き合いがあり応援をしている。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た徳島えりか

    母校・青山学院大学の陸上競技系部活動は近年力を付けてきており、特に男子駅伝は往時の勢いを取り戻しつつある。2015年には箱根駅伝を完全優勝で初制覇したが、前日の『笑点』正月特番では女子アナとの大喜利コラボ企画で日テレアナウンサーの徳島えりかに瀬古似のネタを振られた際、「青山頑張れ!」と発言。これに翌日2区を走った選手がツイッターで感謝の呟きをした。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た瀬古利彦

    若手の頃は瀬古利彦に顔が似ているということで、瀬古の物真似でテレビ出演することが多かった。瀬古のランニングシャツを真似た「S&B」を着て「これは『三遊亭楽太郎は、僕です』の略字」と説明。『笑点』の大喜利のネタでも瀬古の物真似をやっていたが、35歳を迎える1985年正月より「落語で勝負したい」として瀬古の物真似を封印する。それから数年が経ち、瀬古の方から「楽太郎に似ている」ことを話のネタにするという逆転現象となった。現在も交流があり、2010年3月の6代目圓楽襲名パーティーにサプライズゲストとして瀬古が出演した。実際には圓楽のほうが年上である。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見たウルティモ・ドラゴン

    プロレスファンとしても知られる(天龍源一郎は中学時代の同級生)。特に全日本プロレス・ジャイアント馬場との親交は深く、リングサイドで観戦中客席に向かって唾を吐こうとする永源遙に向け輪ゴムを飛ばすシーンが全日本プロレス中継で放映された。また、馬場死去の際に応じたインタビューでは涙を流して馬場の事を(圓楽の方が歳下であるものの親しみを込め)「正平」と呼び捨てにしていたことを明かし、「馬場さんの中には小さな馬場さんがいっぱいいて細やかな気遣いのある人でした」と言葉を詰まらせながら語った。また、ウルティモ・ドラゴンが立ち上げた闘龍門の理事長を務めたこともあった。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た三遊亭花楽京

    最初の弟子は後に放送作家となる石田章洋(門下当時は花楽京)、二番目はタレントの伊集院光(門下当時は楽大)であるが、いずれも落語家を廃業、転職している。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た三遊亭圓生 (6代目)

    しかし、自らが関わっている「博多・天神落語まつり」を直前にした2009年10月29日朝、師匠5代目が肺癌で死去。プロデューサーという立場上、既に現地入りしていたため師匠の最期には立ち会えなかった(2009年9月3日に、長男の一太郎を伴って、5代目圓楽の自宅へ自分の弟子にしたと挨拶に訪問したのが直接対面した最後だったとのこと。この日は大師匠である6代目三遊亭圓生の誕生日と命日でもあり、墓参りもしていたとしている)。翌日の開幕式では気丈に振舞っていたものの、師匠を失い、襲名披露に立ち会ってもらえなくなったという精神的ショックは大きく、報道陣に対しては自筆のコメントペーパーを出すのが精一杯だった。その後も、仕事で地方廻りがあったため、悲しみの対面は、一門による通夜が行われた11月4日となった。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見たヤマサ醤油

    ヤマサ醤油 さしみしょうゆ(1984年)三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た日本テレビ放送網

    笑点(日本テレビ系列、1977年8月28日- )三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

189件中 11 - 20件表示

「三遊亭円楽」のニューストピックワード