189件中 31 - 40件表示
  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た三遊亭竜楽

    上記の釈迦尊寺との関係もあり、前橋市出身の立川談之助(立川談志一門)、弟弟子でもある三遊亭竜楽と共にまえばし観光大使に委嘱されている。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た三遊亭楽松

    1970年4月 - 青山学院大学法学部在学中に5代目三遊亭圓楽の鞄持ちのアルバイトに志願、暫くの付き添いを経てスカウトされ入門、楽太郎を名乗る。当時落語研究部に所属、発表会で兄弟子三遊亭楽松(現:三遊亭鳳楽)に会っており、入門前から面識があった。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た桂才賀

    2018年現在の大喜利メンバーの中では林家木久扇(1969年11月加入)に次ぐ古参である反面、2004年12月に林家たい平が代理メンバーとして加入するまでは、1歳年下の桂才賀がメンバーだった一時期を除いて最年少メンバーだった。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た春風亭昇太

    2016年6月10日 - 写真週刊誌「フライデー」に40代女性と錦糸町のラブホテルへ入る様子を撮影された件で、釈明会見を開き不倫関係にあることを認めた。この際、冒頭で相手との出会いや関係について自らつまびらかに語り、不倫相手・「フライデー」・妻・落語関係者・『笑点』関係者に対して謝罪と感謝の言葉を述べ、報道陣の質問にも制限をほとんど設けずすべて答えたため、「神対応」と評価された。掲載直後の『笑点』の大喜利では自己紹介の前に司会の春風亭昇太から不倫報道を理由に座布団を全部没収された。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た三遊亭圓窓

    1977年8月28日 - 師匠5代目圓楽の弟弟子6代目三遊亭圓窓の後任として『笑点』レギュラーとなる。5代目圓楽の卒業で欠員が出ていたため、5代目が着ていた薄紫の色紋付を着用することとなった。ちなみに、圓窓が着用していた桃色の色紋付を着用したのは、同じく新メンバーとして加わっていた三笑亭夢之助(2年後卒業)である。現在同色の色紋付を着用しているのは、その後任となった初代林家木久蔵(現:林家木久扇)の弟弟子の林家九蔵(現:三遊亭好楽)である。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た三遊亭好楽

    1977年8月28日 - 師匠5代目圓楽の弟弟子6代目三遊亭圓窓の後任として『笑点』レギュラーとなる。5代目圓楽の卒業で欠員が出ていたため、5代目が着ていた薄紫の色紋付を着用することとなった。ちなみに、圓窓が着用していた桃色の色紋付を着用したのは、同じく新メンバーとして加わっていた三笑亭夢之助(2年後卒業)である。現在同色の色紋付を着用しているのは、その後任となった初代林家木久蔵(現:林家木久扇)の弟弟子の林家九蔵(現:三遊亭好楽)である。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た三遊亭鳳楽

    1970年4月 - 青山学院大学法学部在学中に5代目三遊亭圓楽の鞄持ちのアルバイトに志願、暫くの付き添いを経てスカウトされ入門、楽太郎を名乗る。当時落語研究部に所属、発表会で兄弟子三遊亭楽松(現:三遊亭鳳楽)に会っており、入門前から面識があった。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た立川談之助

    上記の釈迦尊寺との関係もあり、前橋市出身の立川談之助(立川談志一門)、弟弟子でもある三遊亭竜楽と共にまえばし観光大使に委嘱されている。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た三遊亭楽京

    三遊亭楽京(花楽京(二人目)改め)三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た林家九蔵

    1977年8月28日 - 師匠5代目圓楽の弟弟子6代目三遊亭圓窓の後任として『笑点』レギュラーとなる。5代目圓楽の卒業で欠員が出ていたため、5代目が着ていた薄紫の色紋付を着用することとなった。ちなみに、圓窓が着用していた桃色の色紋付を着用したのは、同じく新メンバーとして加わっていた三笑亭夢之助(2年後卒業)である。現在同色の色紋付を着用しているのは、その後任となった初代林家木久蔵(現:林家木久扇)の弟弟子の林家九蔵(現:三遊亭好楽)である。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

189件中 31 - 40件表示

「三遊亭円楽」のニューストピックワード