146件中 41 - 50件表示
  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た客員教授

    1994年4月 - 、栃木・中央福祉医療専門学校客員教授三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見たプロレスラー

    プロレス観戦。生前のジャイアント馬場と親交があり、全日本プロレス主催試合における後楽園ホール年間指定席を購入していたほどの落語界きってのプロレスファン。プロレスラーの天龍源一郎とは墨田区立両国中学校の同級生。また角界の田上明へプロレス転向を勧めたり、ウルティモ・ドラゴンの面倒を見るなど、様々なレスラーと親交を結んでいる。またレジャーニューズでコラム「プロレスおやじ倶楽部」を執筆していた。三沢光晴の死に関しては「勘弁してくれねぇかなぁ」と未だノーコメントを貫いている。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見たジャイアント馬場

    プロレス観戦。生前のジャイアント馬場と親交があり、全日本プロレス主催試合における後楽園ホール年間指定席を購入していたほどの落語界きってのプロレスファン。プロレスラーの天龍源一郎とは墨田区立両国中学校の同級生。また角界の田上明へプロレス転向を勧めたり、ウルティモ・ドラゴンの面倒を見るなど、様々なレスラーと親交を結んでいる。またレジャーニューズでコラム「プロレスおやじ倶楽部」を執筆していた。三沢光晴の死に関しては「勘弁してくれねぇかなぁ」と未だノーコメントを貫いている。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た東京国際空港

    2010年10月21日、同日開館した羽田空港の新国際線ターミナルでのトークショーに登場した。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見たタレント

    最初の弟子は後に放送作家となる石田章洋(門下当時は花楽京)、二番目はタレントの伊集院光(門下当時は楽大)であるが、いずれも落語家を廃業、転職している。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た横浜市

    2010年2月28日放送の『笑点』にて「六代目円楽襲名披露口上」を行い、翌3月1日より正式に6代目圓楽を襲名した。次いで、襲名披露パーティーと記者会見を3月2日、東京千代田区・帝国ホテルにて開催した。襲名披露公演は全国各地で行われる他、2010年3月下席から4月中席まで落語芸術協会(桂歌丸会長)の定席興行(新宿末廣亭、浅草演芸ホール、池袋演芸場)でも開催される。これは楽太郎の要望に応じた芸術協会の協力により実現した。定席への出演は32年ぶりとなる。また、同年5月31日には、横浜市の三吉演芸場で行われた歌丸一門会でのトリを務めることになった(圓楽曰く、「アウェイ」)。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た警視庁

    父は警視庁警察官。その父への反抗心からか学生時代にはブントに所属し学生運動にも参加していたが、「ユートピアを追うことに疲れ、そのときに落語を聞き返したところ、その中にユートピアがあることを発見し、落語に生きることにした」と語っている。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た大河ドラマ

    葵徳川三代(NHK大河ドラマ、2000年) - 講談師三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た釣り

    釣り。息子や桂歌丸の影響で始めた。また村田基とも交友がある。三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

  • 三遊亭圓楽 (6代目)

    三遊亭圓楽 (6代目)から見た連続テレビ小説

    ひらり(NHK連続テレビ小説、1992年10月5日-1993年4月3日) - 蛭田明夫三遊亭圓楽 (6代目) フレッシュアイペディアより)

146件中 41 - 50件表示

「三遊亭円楽」のニューストピックワード