前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示
  • 三浦淳宏

    三浦淳宏から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    2003年よりジーコジャパンに選出され、三都主アレサンドロのサブとして4バックの左SBでプレー。しかし代表に参加している間に、ヴェルディではポジションを争っていた相馬崇人が左SBで結果を残し、2004年にはオズワルド・アルディレス監督の「代表招集でクラブの練習に出られない三浦より、常にクラブにいる相馬を使う」という方針で相馬に完全にポジションを奪われることになった。そのため日本代表選手がクラブでは控えという妙な立場に立たされるが、「いつか自分が必要とされるときが来る」と信じて、腐ることはなく練習に打ち込んだ。三浦淳宏 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本恒靖

    宮本恒靖から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    トルシエ後のジーコJAPANでは、発足時よりキャプテンを務めた中田英寿が故障で離脱して以降、出場した試合全てのキャプテンを務めた。2004年のアジアカップ準々決勝のヨルダン戦のPK戦では、中村俊輔と三都主アレサンドロが外したことで、審判に「ピッチ状態がよいほうでやるべきだ」と通訳なしでPKの位置変更を申し入れる。PK戦の途中で審判への申し入れによってサイド位置が変わることはまず無いが、変更理由にフェアプレーを持ち出すことでこれを認めさせた。この時主審を務めた人間が、マレーシア出身のスブヒディン・モハマド・サレー国際審判員だった。結果、川口能活のファインセーブもありこのPK戦を制すると、日本代表は2大会連続のアジア制覇を果たし、自身も大会ベストイレブンに選出された。宮本恒靖 フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッドダイヤモンズ

    浦和レッドダイヤモンズから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    12月5日・12日に開かれたサントリーチャンピオンシップでは、第1戦は横浜に0-1で敗れるも第2戦にアレックスのFKにより1-0で勝利し延長戦に突入。延長でも決着がつかずPK戦までもつれた末惜敗。初の年間優勝を逃したが、1st・2ndステージを合わせたリーグ戦年間総合成績では初めて1位となった。浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • サントス・アレサンドロ

    サントス・アレサンドロから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    サントス・アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主

    三都主から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    三都主 フレッシュアイペディアより)

  • サントス

    サントスから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロ。名古屋グランパスに所属するサッカー選手。サントス フレッシュアイペディアより)

  • ゼムノビッチ・ストラヴゴ

    ゼムノビッチ・ストラヴゴから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    オズワルド・アルディレス以来のパスサッカー路線を堅持しつつフィジカルの強化を図り、当時DFだった戸田和幸をボランチにコンバートしてブレイクさせるなど独自色を出し、2001年は両ステージともに4位、天皇杯では優勝を果たすなど、翌年の躍進が期待された。特に三都主アレサンドロ、市川大祐という攻撃的なウイングバックと強力なヘディングが持ち味のバロンを最大限に活かしたサイドアタック、スーパーサブとして横山貴之を再生し前シーズンの約2倍の62得点を上げたことは評価に値する。ゼムノビッチ・ストラヴゴ フレッシュアイペディアより)

  • モラス雅輝

    モラス雅輝から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    ドイツ・ブンデスリーガのハンブルガーSVで研修後、2007年1月よりオーストリア・ブンデスリーガのレッドブル・ザルツブルクにスタッフ入り。宮本恒靖と三都主アレサンドロの通訳を担当した。モラス雅輝 フレッシュアイペディアより)

  • ソル・スポーツマネージメント

    ソル・スポーツマネージメントから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロ(プロサッカー選手)ソル・スポーツマネージメント フレッシュアイペディアより)

  • ジュニーニョ・パウリスタ

    ジュニーニョ・パウリスタから見た三都主三都主アレサンドロ

    2回目の移籍の際には、イングランドへの移籍に必要な「A代表出場75%以上」という条件を満たさないにもかかわらず、当時のイギリス首相トニー・ブレアの特例措置によって入国と移籍が承認される事態になった。3回目の移籍の際も同様に条件を満たしていなかったが、今度は「ワールドカップ優勝メンバーだから」というよくわからない理由でやはり特例措置が取られて承認されている。日本人では、三都主や宮本恒靖が、この規定に引っかかってプレミアリーグ移籍を拒まれており、一国の首相が動いたという特例措置の異常さと共に、イギリス国内のジュニーニョに対する思い入れの深さがわかる。ジュニーニョ・パウリスタ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
63件中 1 - 10件表示

「三都主アレサンドロ」のニューストピックワード