69件中 21 - 30件表示
  • ブラジル系日本人

    ブラジル系日本人から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロ(サッカー選手)ブラジル系日本人 フレッシュアイペディアより)

  • チャールトン・アスレティックFC

    チャールトン・アスレティックFCから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    チャールトン・アスレティック・フットボール・クラブ(Charlton Athletic Football Club)は、イングランド・ロンドン南東のグリニッジ・ロンドン特別区のチャールトンに本拠地を置くプロサッカークラブ。同地域内にはThe O2も存在する。一時期、三都主アレサンドロの獲得に動いたこともある。2008-09シーズンにチャンピオンシップで最下位となり降格、2009-10シーズンは3部にあたるリーグ1に属した。2011-12シーズンにリーグ1で優勝し、2012-13シーズンにチャンピオンシップに復帰した。チャールトン・アスレティックFC フレッシュアイペディアより)

  • 相馬崇人

    相馬崇人から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    浦和の左サイドには三都主アレサンドロがおり、2006年はその控えという立場だった。三都主が欧州移籍のため退団した2007年はレギュラーとして開幕を迎えたが、夏場に調子を落とすと平川忠亮にポジションを奪われてしまった。その後、12月のクラブワールドカップでは先発に返り咲いた。2008年は浦和移籍後では初の1年間通してのレギュラーで活躍。これまでの左サイドからのチャンスメーカーとしてだけでなく、自己最多の公式戦4得点をマークした。相馬崇人 フレッシュアイペディアより)

  • ドリブル

    ドリブルから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    メイア・ルア、或いはメイアルーアとはポルトガル語で「半月」を意味する。縦に蹴りだしたボールと、相手の外を回ってボールに追いつく軌道が描く様が半月に似ているため、この呼び名がついたと思われる。主に詰め寄せてきた相手DFの背後にスペースがある時に有効なテクニックで、ボールをそこめがけて軽く蹴り出し、自分は相手を挟んで、蹴り出したボールと反対側からダッシュをかけ、相手を追い越してボールに追いつくというものである。相手に向き合って左側に蹴りだせば、自分は相手の右側を迂回するように走ることになる。この際に蹴りだす動作の時点で予測され、カットされるのを防ぐため、極力自然にかつ小さな動きが求められる。特徴としては、スペースがあることが前提ではあるが、相手DFをかわす際に時間を要さないのでカウンターなどで一対一の状況になった場合などには非常に有効であり、それゆえにFW向きのテクニックとも言える。技術的な要素から言えば決して難易度は高くなく、実際に小学生の試合などでも使う選手を見る事ができる。しかし、DFのレベルが上がるにつれて使える場面が少なくなるとともに、瞬時の判断力とスピード(瞬発力、加速力)が要求されるため、トップクラスになると、試合の中でこのテクニックを使える選手は少ない。ドリブルに精通した選手の中には、状況に応じて反射的にこのテクニックを使うことができる選手もいる。このテクニックを得意とする主な選手にロナウジーニョやフェルナンド・トーレス、ロビーニョが挙げられる。日本では、三都主アレサンドロや、ミハエル・ミキッチが多用する。日本では、「裏通り」、「裏街道」などと呼ばれることもある。ドリブル フレッシュアイペディアより)

  • 永田拓也

    永田拓也から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    2009年に山田、高橋、濱田とともにトップに昇格。プロ初のベンチ入りは同年5月3日、ナビスコカップ第4節、対新潟戦。6月3日、ナビスコカップ第5節磐田戦の前半8分、負傷退場した三都主アレサンドロに代わり途中出場。これがプロデビュー戦となった。次節の6月13日、ナビスコカップ第7節大宮戦(第6節は浦和の試合はなかった)では発熱を押して、初のスタメン出場。後半12分、エジミウソンの4点目をアシスト。これがプロ初アシストとなった。リーグでのデビュー戦は、6月27日のJ1第15節神戸戦。前節で坪井慶介が負傷したのを受け、スタメンで出場した(ボランチで起用されていた阿部勇樹がセンターバック、左サイドバックで起用されていた細貝萌がボランチ、永田が左サイドバックに入った)。永田拓也 フレッシュアイペディアより)

  • マルセロ・バロン・ポランクジック

    マルセロ・バロン・ポランクジックから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    2001年からは清水エスパルスに移籍し、2002年1月1日の天皇杯決勝では、三都主アレサンドロからのアシストからVゴールを決め、大会優勝に貢献した。AFCチャンピオンズリーグ2002-2003にも出場した。翌2003年にはその天皇杯決勝の対戦相手だったセレッソ大阪に移籍。マルセロ・バロン・ポランクジック フレッシュアイペディアより)

  • 安藤正裕

    安藤正裕から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    1995年に清水エスパルスに加入。2年目の1996年からレギュラーのポジションを射止める。日本代表にも選ばれ、1999年7月2日のコパ・アメリカのパラグアイ戦にフル出場した。同じポジションの市川大祐が台頭した1999年には出番が激減し、10月には同県内のライバル、ジュビロ磐田へと移籍。チャンピオンシップでは古巣の清水と対戦し、第一戦の中山雅史の先制ゴールをアシストすると、守備でも同年のJリーグMVPに輝いたアレックスを抑え込み、磐田に年間優勝のタイトルをもたらした。2000年6月より横浜F・マリノスに期限付き移籍。安藤正裕 フレッシュアイペディアより)

  • 平川忠亮

    平川忠亮から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    2004年は左アウトサイドを本職とする三都主アレサンドロが清水エスパルスから加入したため、シーズン当初は負傷者が多く手薄だった3バックの右ストッパーなどで起用される時期もあった。その後、田中マルクス闘莉王の復帰、アルパイ・オザランの加入などで3バックの層が再び厚くなると、主に途中出場や三都主が日本代表での不在時の穴埋め等で起用されることが多くなった。また、セカンドステージからは右アウトサイドに永井雄一郎が定着したこともあり、ベンチを暖めることが多くなった。平川忠亮 フレッシュアイペディアより)

  • 浦田樹

    浦田樹から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    ブラジル・PSTC所属時にはチームメイトの元日本代表・三都主アレサンドロと同部屋で過ごし、彼のアドバイスが異国で委縮していた面もあった浦田が精神面で成長するきっかけとなった。浦田樹 フレッシュアイペディアより)

  • サッカーマガジン

    サッカーマガジンから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    本誌では、Jリーグの登録選手について、本来の登録名とは異なる表記をされている日本人選手(帰化選手も含む)が何人かいる。三浦知良は「カズ」。三都主アレサンドロは日本国籍取得・登録名変更後も「アレックス」(三都主が帰化した折、「これからもアレックスと呼んで欲しいと発言している)。田中マルクス闘莉王は日本人選手がフルネーム表記されているページでも「闘莉王」。ディビッドソン純マーカスは日本人選手が姓だけ表記されているページで本来なら姓の「ディビッドソン」と表記されるところ「純マーカス」、長谷川アーリアジャスールもディビッドソンと同様の例で「アーリアジャスール」と表記されている。競合誌の『週刊サッカーダイジェスト』(サカダイ)では韓国・朝鮮系選手がカタカナ表記となっている以外、そのような現象は見られない。サッカーマガジン フレッシュアイペディアより)

69件中 21 - 30件表示

「三都主アレサンドロ」のニューストピックワード