69件中 41 - 50件表示
  • 村井慎二

    村井慎二から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    ドイツワールドカップに向けた日本代表における左サイド三都主アレサンドロの控えの座を巡り、中田浩二、三浦淳宏、駒野友一と激しいポジション争いを繰り広げる。だが、三都主の疲労を考慮され先発出場した2006年5月9日のブルガリア戦において試合中に負傷退場する。翌日の診断結果は左ひざ前十字じん帯断裂で全治半年から1年と診断された。これにより5月15日のワールドカップメンバー決定を目前にしての離脱・落選を余儀なくされたほか、同年は残りをリハビリに費やすことになってしまった。幸いにして順調に回復、2007年シーズンの開幕に間に合った。村井慎二 フレッシュアイペディアより)

  • 夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル

    夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャルから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    木梨JAPAN(木梨、ペナルティ、福田正博)がジーコJAPANチーム(大黒将志、中澤佑二、三都主アレサンドロ、遠藤保仁)とサッカーボウリングで対戦。113-110で木梨JAPANが勝利。夢対決!とんねるずのスポーツ王は俺だ!スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 小野伸二

    小野伸二から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    2007年は三都主アレサンドロがオーストリアのレッドブル・ザルツブルクに移籍したため背番号を8に変更した。6月30日の磐田戦における直接フリーキックとループシュートによる2得点など天才的なプレーを見せることも多かったが、ブッフバルトに引き続き守備的戦術を採用したホルガー・オジェック監督の方針のため途中出場することもあった。小野伸二 フレッシュアイペディアより)

  • ブラジルのスポーツ

    ブラジルのスポーツから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    世界最強とも称されるサッカーブラジル代表はFIFAワールドカップにおいて大会史上最多である5度の優勝を誇り、優勝候補の常連国のひとつである。同国代表は第1回大会以来、本大会に連続出場を続ける唯一の代表国でもあり、またFIFAランキングの1位に位置するなど世界最強国の一角として君臨している。クラブ選手権レベルでは、UEFAチャンピオンズリーグの優勝クラブを退けて過去3度トヨタカップ王者となったサンパウロFCの他、グレミオFBPAなどの世界有数の強豪が揃っている。日本人も元日本代表のラモス瑠偉、三都主アレサンドロ、元Jリーガーの東城利哉が在籍していた。ブラジルのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋グランパスエイト

    名古屋グランパスエイトから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    3月22日の第3節清水戦で3-1と勝利し、ホームゲーム通算150勝を達成。中断期間前の5月24日までにダヴィは9得点を挙げ、その時点で得点ランクトップであったものの、ダヴィ以外の得点は7点にとどまった。この原因の1つとして昨シーズンにヨンセンが務めたポストプレーの役割にダヴィが適合していなかったことが指摘され、ストイコビッチ監督の目指すサイド攻撃を活かすためのターゲット役の獲得が急がれた。外国人枠は埋まっていたためAFC枠で獲得可能な外国人選手を調査し、6月21日にジョシュア・ケネディの獲得を発表した。 7月22日にダヴィが移籍 すると、空いた外国人枠で7月29日にブルザノヴィッチを獲得。次いで8月3日に三都主アレサンドロを獲得した。名古屋グランパスエイト フレッシュアイペディアより)

  • 明徳義塾中学校・高等学校

    明徳義塾中学校・高等学校から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    近年、夏のインターハイ・冬の選手権出場など活躍が見られる。三都主アレサンドロなど多くのOBを輩出している。明徳義塾中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    両チームとも守備重視ではないかという試合前の予想に反して試合開始から攻勢をかけたのは清水であったが、前半39分にロブソン・ポンテの右CKに堀之内聖がフリーでが飛び込むが、清水守備陣が反応してクリア。これを三都主アレサンドロが拾って、左サイドに流れた山田暢久とのリターンパスからクロスを上げ、これに反応した堀之内が2度目のヘッドで先制点を挙げた。清水は、これが本大会初失点であった。前半はこのまま浦和の1点リードで折り返す。第85回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 2002 FIFAワールドカップ日本代表

    2002 FIFAワールドカップ日本代表から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    決勝トーナメント1回戦(ベスト16)、グループH1位の日本はグループC2位のトルコと宮城スタジアムで対戦した。トルシエはグループリーグ3戦で先発してきた柳沢と鈴木の2トップを変更し、ワントップに西澤明訓、やや後方に三都主アレサンドロを配置するフォーメーションを採用した。2002 FIFAワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 FIFAワールドカップ日本代表

    2006 FIFAワールドカップ日本代表から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    基本システムは3-4-1-2 。正GKは川口能活。DFは坪井慶介・宮本恒靖・中澤佑二の3バック。右WBはレギュラーの加地亮がテストマッチで負傷し、初戦のみ駒野友一が先発。左WBは三都主アレサンドロ。中盤は2ボランチの中田英寿・福西崇史と、司令塔の中村俊輔。FWは高原直泰・柳沢敦の2トップという布陣だった。第2戦と第3戦は4バックの4-4-2へ変更し、MFの小笠原満男・稲本潤一、FWの玉田圭司・巻誠一郎らが先発起用された。2006 FIFAワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 市川大祐

    市川大祐から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    1999年のセカンドステージ優勝、アジアカップウィナーズカップ1999-2000での優勝に貢献。2001年度の天皇杯優勝時は負傷中であったため、右サイドはユースで同期の平松康平が務めた。当時、清水の両翼は右に市川、左に三都主アレサンドロを擁し、強力なサイド攻撃を構成した。市川大祐 フレッシュアイペディアより)

69件中 41 - 50件表示

「三都主アレサンドロ」のニューストピックワード