63件中 51 - 60件表示
  • 清水エスパルス

    清水エスパルスから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロ【1998年11月14日 2nd第17節 対市原】清水エスパルス フレッシュアイペディアより)

  • マリンガ

    マリンガから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロ(サッカー選手):日本人2人目のプロサッカー選手新垣一彦選手の登録チームである地元の「グレミオ・マリンガ」でプレーしていた。マリンガ フレッシュアイペディアより)

  • 栃木サッカークラブ

    栃木サッカークラブから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    松田体制5年目。武田博行、河原和寿ら7人が退団、棗佑喜ら3人の期限付き移籍が満了した。栃木県日光市出身の湯澤洋介(駒澤大学)、榎本達也(徳島)、中野洋司(横浜FC)、勝又慶典(町田)、近藤祐介(札幌)、元日本代表の三都主アレサンドロ(名古屋)が完全移籍、クリスティアーノ(レッドブル・ザルツブルク)、西岡大輝(広島)、原田圭輔(仙台)が期限付き移籍で加わり、27人体制でチームがスタートした。また、宇都宮市出身で鳥栖元監督・GMの松本育夫が、シニアアドバイザーに就任した。栃木サッカークラブ フレッシュアイペディアより)

  • 福西 崇史

    福西崇史から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    代表では孤高の存在だった中田英寿にも臆することなく意見を言えたのは福西と三都主アレサンドロだけだった。福西崇史 フレッシュアイペディアより)

  • 改名

    改名から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    日本への国籍変更の際に一般的な改名の方法は、自分の姓に適当な漢字を当てる方法である(例:ツルネン・マルテイ(弦念丸呈)や三都主アレサンドロ、クロード・チアリ(智有蔵上人)など)。その他、元々日本風の苗字を持っている日系人の場合は、それをそのまま使う方法がある(例:田中マルクス闘莉王など)。また二重国籍者の場合、日本人の親の姓(婚姻により姓が変更されている場合は旧姓)を用いる方法もある(例:マーク・パンサー(酒井龍一)など)。さらに日本人と結婚して帰化した場合、配偶者の姓を使用する方法もある(例:ボビー・オロゴン(近田ボビー)など)。改名 フレッシュアイペディアより)

  • 名古屋グランパス

    名古屋グランパスから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    3月22日の第3節清水戦で3-1と勝利し、ホームゲーム通算150勝を達成。中断期間前の5月24日まででダヴィは9得点を挙げ、その時点で得点ランクトップであったものの、ダヴィ以外の得点は7点にとどまった。この原因の1つとして昨シーズンにヨンセンが務めたポストプレイヤーの役割にダヴィが適合していなかったことが指摘され、ストイコビッチ監督の目指すサイド攻撃を活かすためのターゲット役の獲得が急がれた。外国人枠は埋まっていたためAFC枠で獲得可能な外国人選手を調査し、6月21日にオーストラリア代表のFWジョシュア・ケネディの獲得を発表した。玉田やダヴィとの共存でチームの得点力不足改善が期待されたが、7月22日にダヴィのウム・サラルSC移籍が決定した。その後、7月29日には空いた外国人枠でモンテネグロ代表のブルザノヴィッチを獲得、次いで8月3日には層の薄い左サイドの補強として元日本代表の三都主アレサンドロを獲得するなど精力的な補強を行った。名古屋グランパス フレッシュアイペディアより)

  • 澤登正朗

    澤登正朗から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    わずか3分後の前半37分、三浦文丈がアレックスに対してファウル。この際、三浦の執拗なマークに苦しんでいたアレックスが、報復行為で一発退場を受け、早くも0-1かつ十人で戦わなければいけない状況に。1999年シーズンのステージ優勝はアレックス抜きには語れないほどその存在は大きく、絶望的な雰囲気が漂う日本平スタジアム。澤登正朗 フレッシュアイペディアより)

  • 菅広文

    菅広文から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    ドイツワールドカップで一番菅がサッカー日本代表に腹が立ったのは、三都主アレサンドロの背番号の上の名前が書いてあるところに「アレックス」と書いてあることらしい。菅広文 フレッシュアイペディアより)

  • 田中マルクス闘莉王

    田中マルクス闘莉王から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    もともと日本人の血を引くブラジル出身選手として初めてFIFAワールドカップに出場した人物である。(なお、これまでに日本国籍を取得してワールドカップに出場したブラジル出身選手は呂比須ワグナーと三都主アレサンドロがいる)。田中マルクス闘莉王 フレッシュアイペディアより)

  • ドリブル

    ドリブルから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    メイア・ルア、或いはメイアルーアとはポルトガル語で「半月」を意味する。縦に蹴りだしたボールと、相手の外を回ってボールに追いつく軌道が描く様が半月に似ているため、この呼び名がついたと思われる。主に詰め寄せてきた相手DFの背後にスペースがある時に有効なテクニックで、ボールをそこめがけて軽く蹴り出し、自分は相手を挟んで、蹴り出したボールと反対側からダッシュをかけ、相手を追い越してボールに追いつくというものである。相手に向き合って左側に蹴りだせば、自分は相手の右側を迂回するように走ることになる。この際に蹴りだす動作の時点で予測され、カットされるのを防ぐため、極力自然にかつ小さな動きが求められる。特徴としては、スペースがあることが前提ではあるが、相手DFをかわす際に時間を要さないのでカウンターなどで一対一の状況になった場合などには非常に有効であり、それゆえにFW向きのテクニックとも言える。技術的な要素から言えば決して難易度は高くなく、実際に小学生の試合などでも使う選手を見る事ができる。しかし、DFのレベルが上がるにつれて使える場面が少なくなるとともに、瞬時の判断力とスピード(瞬発力、加速力)が要求されるため、トップクラスになると、試合の中でこのテクニックを使える選手は少ない。ドリブルに精通した選手の中には、状況に応じて反射的にこのテクニックを使うことができる選手もいる。このテクニックを得意とする主な選手にロナウジーニョやフェルナンド・トーレス、ロビーニョが挙げられる。日本では、三都主アレサンドロが多用する。日本では、「裏通り」、「裏街道」などと呼ばれることもある。ドリブル フレッシュアイペディアより)

63件中 51 - 60件表示

「三都主アレサンドロ」のニューストピックワード