69件中 51 - 60件表示
  • モラス雅輝

    モラス雅輝から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    ドイツ・ブンデスリーガのハンブルガーSVで研修後、2007年1月よりオーストリア・ブンデスリーガのレッドブル・ザルツブルクにスタッフ入り。宮本恒靖と三都主アレサンドロの通訳を担当した。モラス雅輝 フレッシュアイペディアより)

  • ファビアーノ・サンタクローチェ

    ファビアーノ・サンタクローチェから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    元日本代表の三都主アレサンドロは従兄弟にあたる。ファビアーノ・サンタクローチェ フレッシュアイペディアより)

  • 森孝慈

    森孝慈から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    社長の犬飼基昭、強化本部長に転任した中村修三とともにチームを改革、3年計画下でのハンス・オフトを監督に招聘しチームを強化、基礎作り2年の後2004年、ギド・ブッフバルト監督、ゲルト・エンゲルスヘッドコーチを招聘、大型補強の敢行で浦和に悲願のJリーグステージ初優勝、2005年第85回天皇杯、2006年第86回天皇杯連覇をもたらし今日につながるレッズの礎を築いた。オフトやブッフバルト、闘莉王、三都主らの獲得、岡野雅行のレッズ復帰は、森GM=中村強化本部長コンビで行い、犬飼社長が最終決定を下したもの。また在任中、ユース、ジュニアユースの改革に着手し教育ではなくプロ育成の下部組織として再スタートさせた。2006年1月31日をもってGMを退任。森孝慈 フレッシュアイペディアより)

  • 浦和レッドダイヤモンズ

    浦和レッドダイヤモンズから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    12月5日・12日に開かれたサントリーチャンピオンシップでは、第1戦は横浜に0-1で敗れるも第2戦にアレックスのFKにより1-0で勝利し延長戦に突入。延長でも決着がつかずPK戦までもつれた末惜敗。初の年間優勝を逃したが、1st・2ndステージを合わせたリーグ戦年間総合成績では初めて1位となった。浦和レッドダイヤモンズ フレッシュアイペディアより)

  • FC岐阜

    FC岐阜から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    監督にビーチサッカー日本代表元監督のラモス瑠偉が就任。Jトラスト社長の藤澤信義が個人的に強化費を投入(にて後述)し、川口能活(磐田)、?地系治(横浜FC)、難波宏明(横浜FC)、宮沢正史(大分)、三都主アレサンドロ(栃木)ら実績のあるベテランを補強。木谷の期限付き移籍期間が延長、ヘニキ、ナザリト、阿部正紀らが加入。チーム最年長であった服部が引退、樋口(清水に復帰)、李漢宰(町田に完全移籍)、染矢一樹(岡山に完全移籍)らが退団した。FC岐阜 フレッシュアイペディアより)

  • アシックス

    アシックスから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    サッカー - 乾貴士、 川口能活、三都主アレサンドロ、小野伸二、谷口博之、京川舞、大迫勇也アシックス フレッシュアイペディアより)

  • レッドブル・ザルツブルク

    レッドブル・ザルツブルクから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    2006年の夏に元イタリア代表監督のジョバンニ・トラパットーニと元ドイツ代表主将のローター・マテウスがそれぞれ監督とヘッドコーチに就任。また、ニコ・コヴァチ(元バイヤー・レバークーゼン、ハンブルガーSV、バイエルン・ミュンヘン、ヘルタ・ベルリン)、ヨハン・フォンランテン(元PSVアイントホーフェン、NACブレダ、ブレシア)、ティモ・オクス(元1860ミュンヘン)、レモ・マイヤー(元FCルツェルン、1860ミュンヘン)、ホルヘ・ヴァルガス(元レッジーナ、エンポリ、リヴォルノ)、クリスティアン・ティファート(元VfBシュトゥットガルト)、マークス・シュタインヘーファー(元バイエルン・ミュンヘン・サテライト)などを獲得。2006年12月にガンバ大阪の宮本恒靖と浦和レッズの三都主アレサンドロを獲得。オーストリア・カップでは準決勝に進出し、リーグ戦は10年ぶりとなる4度目のリーグ優勝を果たした。レッドブル・ザルツブルク フレッシュアイペディアより)

  • ボルトン・ワンダラーズFC

    ボルトン・ワンダラーズFCから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    2005年来日。ヴィッセル神戸、川崎フロンターレと親善試合を行ったが、中田英寿獲得前で、日本人選手やビッグネームがいなかった事も響いてか、観客数は他の欧州クラブの試合と比較すると低調に終わった(神戸戦はサッカー中継のほとんどしないサンテレビが中継している)。来日前、稲本潤一と三都主アレサンドロ獲得に向けて動いたと一部報道もあったが、結局獲得には至らなかった。ボルトン・ワンダラーズFC フレッシュアイペディアより)

  • 国際Aマッチ

    国際Aマッチから見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    一部の国では、自国以外の選手が国内でプロ選手として活動をする際の就労資格条件として、一定数(または比率)以上の国際Aマッチに出場していることを課すことがある。例としてイギリスでは、当該選手が所属国代表による過去2年間の国際Aマッチのうち75%以上に出場した実績を、労働許可証発給の条件としている(阿部勇樹は例外が認められて移籍できた)。2002年に三都主アレサンドロがプレミアリーグのチャールトンへの移籍を試みたが、日本に帰化して日が浅く、条件を満たさなかったため立ち消えになった。国際Aマッチ フレッシュアイペディアより)

  • 帰化選手

    帰化選手から見た三都主アレサンドロ三都主アレサンドロ

    日本代表でも1993年のワールドカップアメリカ大会予選に出場したラモス瑠偉や、1998年のフランス大会に出場した呂比須ワグナー、2002年の日韓大会に出場した三都主アレサンドロ、2010年の南アフリカ大会に出場した田中マルクス闘莉王が有名である。帰化選手 フレッシュアイペディアより)

69件中 51 - 60件表示

「三都主アレサンドロ」のニューストピックワード