前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示
  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見たジーコ

    2002年W杯後に就任したジーコからも招集され続けたが、当初は中村俊輔ら攻撃的MFの控えであった。しかし、2003年6月に日本代表がアルゼンチンに0-4の大敗を喫し、それまで左サイドバックだった服部年宏がレギュラー落ちした為、後任の左サイドバックに抜擢。レギュラーとなり、3バック採用時は左サイドハーフとして、2006年W杯の最終戦まで約3年間スタメン出場を続けた。しかし、4バックの慣れない守備に追われ、サイドバックとしては難がある守備力を露呈することもあった。一方で、後に日本代表監督を務めるイビチャ・オシム(当時ジェフ千葉監督)は「(ドイツ)W杯のクロアチア、オーストラリア戦を見たがアレックスが一番いいDFだったのではないか。左利きは数少ない上にアレックスより優れた選手は何人いるでしょうか」と攻撃面を評価した。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見たフォルカー・フィンケ

    2009年、浦和の新監督にフォルカー・フィンケが就任。三都主は負傷の回復が遅れた上に、フィンケの若手選手重用により出場機会が激減。先発出場は8月までに2試合のみにとどまっていた。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見たオズワルド・アルディレス

    明徳義塾高校卒業後、監督が清水エスパルスのスカウトと知り合いだったこともあり、清水の練習に練習生として参加し、契約を勝ち取る。1997年に正式加入、持ち前のドリブルで左サイドのスペシャリストとして頭角を現す。「アレックス」という登録名は当時の清水の監督オズワルド・アルディレスによって付けられた。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見た服部年宏

    2002年W杯後に就任したジーコからも招集され続けたが、当初は中村俊輔ら攻撃的MFの控えであった。しかし、2003年6月に日本代表がアルゼンチンに0-4の大敗を喫し、それまで左サイドバックだった服部年宏がレギュラー落ちした為、後任の左サイドバックに抜擢。レギュラーとなり、3バック採用時は左サイドハーフとして、2006年W杯の最終戦まで約3年間スタメン出場を続けた。しかし、4バックの慣れない守備に追われ、サイドバックとしては難がある守備力を露呈することもあった。一方で、後に日本代表監督を務めるイビチャ・オシム(当時ジェフ千葉監督)は「(ドイツ)W杯のクロアチア、オーストラリア戦を見たがアレックスが一番いいDFだったのではないか。左利きは数少ない上にアレックスより優れた選手は何人いるでしょうか」と攻撃面を評価した。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見たネイマール

    その後、契約を解除の後、2016年からは故郷のパラナ州に所在する、パラナ・サッカー・テクニカル・センターに所属。同年12月にマラカナンスタジアムで催された、ジーコ主催のチャリティマッチにジーコから直接招きで参加し、ネイマールと同じピッチでプレーし、それを自身の中で現役引退と区切りをつけて現役を引退。2017年時点も在籍し青少年支援活動を行ってる。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見たドラガン・ストイコビッチ

    ドラガン・ストイコビッチ監督のラブコールを受け、2009年8月3日に名古屋グランパスへの完全移籍が発表された。8月15日の川崎フロンターレ戦(名古屋市瑞穂公園陸上競技場)に左サイドバックとしてフル出場したのが名古屋でのデビュー戦となった。名古屋では左サイドやセントラルのミッドフィールダーとしても出場。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見たフィリップ・トルシエ

    2001年11月に日本への帰化申請が認められると、フィリップ・トルシエによって日本代表に招集され、2002年3月のウクライナとの親善試合で代表デビューを果たす。2002 FIFAワールドカップの日本代表にも選出された。同大会のグループリーグでは初戦のベルギー戦に途中出場。さらに決勝トーナメント1回戦のトルコ戦では、トルシエ監督の奇策により変則の左ウイングで先発出場すると、惜しくもクロスバー直撃のフリーキックを放つなどしたが、1点をリードされる展開にトルシエ監督がメンバーやフォーメーションを従来の形に戻したため、前半のみで交代となった。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見た宮本恒靖

    レッドブル「エナジードリンク」(2007年)『宮本恒靖&三都主篇』- 宮本恒靖との共演三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見たサッカー日本代表

    三都主 アレサンドロ(さんとす アレサンドロ、Santos Alessandro, 1977年7月20日 - )は、ブラジル・パラナ州マリンガ出身の元サッカー選手。元日本代表でキャップ数82は歴代6位。2001年11月12日、日本国に帰化し現在はブラジルと二重国籍。帰化以前の本名はアレサンドロ・ドス・サントス (Alessandro dos Santos) 、当時の登録名はアレックス (Alex) 。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見た浦和レッドダイヤモンズ

    16歳のときにサッカー留学生として日本の明徳義塾高校に入学し、97年に清水に加入し、99年に史上最年少の22歳でJリーグ年間最優秀選手賞を受賞した。04年に浦和に移籍し、07年にはオーストリアのレッドブル・ザルツブルクでプレー。08年に日本に復帰し、浦和、名古屋、岐阜、栃木に在籍。15年にブラジルへ戻り、などでプレーした。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
80件中 1 - 10件表示

「三都主アレサンドロ」のニューストピックワード