80件中 21 - 30件表示
  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見たマーク・ボウエン

    加入当時、清水にはサントス、オリバ、マーク・ボウエンと3人の外国籍選手がおり、三都主は第4の選手とみなされていた。しかし他の選手に故障が相次いだこともあり1年目からリーグ戦27試合に出場した。体力不足もあって1年目のリーグ戦フル出場は1試合のみにとどまった。1997年5月28日の1stステージ第11節アビスパ福岡戦では、自陣からドリブルで約70メートルを突破して初ゴールを決めた。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見た三浦文丈

    清水加入当初は色々なポジションで起用されていたが、1999年に左アウトサイドに定着。清水はこの年に2ndステージで優勝、また年間勝点では2位以下に大きく差を付けて1位となった。この年に大きくブレイクした三都主は清水躍進の原動力となり、史上最年少の22歳でJリーグ最優秀選手賞を受賞した。1999年12月11日に行われたジュビロ磐田とのチャンピオンシップ第2戦では、三浦文丈を蹴りつけて35分に退場を命じられた。チームは奮闘したものの最終的にPK戦で磐田に敗れた。清水の監督スティーブ・ペリマンは「11人で戦っていれば勝っていた」と試合後に振り返った。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見た前園真聖

    2004年1月、清水エスパルスから浦和レッドダイヤモンズに完全移籍。移籍金は1997年に横浜フリューゲルスからヴェルディ川崎に移籍した前園真聖を超えて、当時の国内最高額となる推定3億8000万円(または3億5000万円)だった。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見たフェルナンド・ニコラス・オリバ

    加入当時、清水にはサントス、オリバ、マーク・ボウエンと3人の外国籍選手がおり、三都主は第4の選手とみなされていた。しかし他の選手に故障が相次いだこともあり1年目からリーグ戦27試合に出場した。体力不足もあって1年目のリーグ戦フル出場は1試合のみにとどまった。1997年5月28日の1stステージ第11節アビスパ福岡戦では、自陣からドリブルで約70メートルを突破して初ゴールを決めた。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見たカルロス・アルベルト・ソーザ・ドス・サントス

    加入当時、清水にはサントス、オリバ、マーク・ボウエンと3人の外国籍選手がおり、三都主は第4の選手とみなされていた。しかし他の選手に故障が相次いだこともあり1年目からリーグ戦27試合に出場した。体力不足もあって1年目のリーグ戦フル出場は1試合のみにとどまった。1997年5月28日の1stステージ第11節アビスパ福岡戦では、自陣からドリブルで約70メートルを突破して初ゴールを決めた。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見たUEFAチャンピオンズリーグ

    UEFAチャンピオンズリーグ予備予選2回戦 1試合0得点三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見たセレッソ大阪

    また、アジアカップウィナーズカップ1999-2000、第81回天皇杯優勝にも貢献した。セレッソ大阪との天皇杯決勝で三都主は1得点1アシストし、3-2の勝利に貢献した。2001年9月3日に開催されたJOMO CUPでは、ワールド・ドリームス(外国籍選手選抜)のキャプテンマークを巻いた。清水在籍最終シーズンとなった2003年にはチームキャプテンを務めた三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見た川崎フロンターレ

    ドラガン・ストイコビッチ監督のラブコールを受け、2009年8月3日に名古屋グランパスへの完全移籍が発表された。8月15日の川崎フロンターレ戦(名古屋市瑞穂公園陸上競技場)に左サイドバックとしてフル出場したのが名古屋でのデビュー戦となった。名古屋では左サイドやセントラルのミッドフィールダーとしても出場。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見たアビスパ福岡

    加入当時、清水にはサントス、オリバ、マーク・ボウエンと3人の外国籍選手がおり、三都主は第4の選手とみなされていた。しかし他の選手に故障が相次いだこともあり1年目からリーグ戦27試合に出場した。体力不足もあって1年目のリーグ戦フル出場は1試合のみにとどまった。1997年5月28日の1stステージ第11節アビスパ福岡戦では、自陣からドリブルで約70メートルを突破して初ゴールを決めた。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • 三都主アレサンドロ

    三都主アレサンドロから見た柏レイソル

    2008年1月、期限付き移籍期間満了により浦和レッドダイヤモンズに復帰。2008年Jリーグ開幕前の練習試合で左足付け根に全治3ヶ月の怪我を負う。第14節の柏レイソル戦にて復帰するが、出場わずか15分で怪我を再発。全治6ヶ月の重傷と診断を受け、同年の公式戦出場はこの1試合のみとなった。三都主アレサンドロ フレッシュアイペディアより)

80件中 21 - 30件表示

「三都主アレサンドロ」のニューストピックワード