6159件中 51 - 60件表示
  • NTN

    NTNから見た三重県三重県

    1918年 - 三重県桑名市内堀の西園鉄工所で軸受の研究を始めるNTN フレッシュアイペディアより)

  • 朝日新聞名古屋本社

    朝日新聞名古屋本社から見た三重県三重県

    朝日新聞名古屋本社(あさひしんぶんなごやほんしゃ)は、東海地方(愛知県・岐阜県・三重県〔伊賀・東紀州除く〕・静岡県〔浜松市の一部及び湖西市〕)の一部地域向けに朝日新聞を印刷・発行する朝日新聞社の地域本社である。朝日新聞名古屋本社 フレッシュアイペディアより)

  • ブロック紙

    ブロック紙から見た三重県三重県

    中日新聞(中部地方:愛知県、岐阜県、長野県中信・南信、静岡県西部・中部、福井県の一部、近畿地方:三重県、滋賀県の一部、和歌山県の一部)ブロック紙 フレッシュアイペディアより)

  • 田口一男

    田口一男から見た三重県三重県

    田口 一男(たぐち かずお、1925年(大正14年)5月11日 - 1983年(昭和58年)5月1日)は日本の政治家。日本社会党所属の衆議院議員。三重県尾鷲市出身。田口一男 フレッシュアイペディアより)

  • 小さき勇者たち〜ガメラ〜

    小さき勇者たち〜ガメラ〜から見た三重県三重県

    1973年、三重県志摩でギャオスの群れとガメラが戦い、ガメラは自爆し相打ちとなった。それを見た人々は、ガメラが自爆して人間を守ってくれたと感じた。その人々の中に相沢孝介少年の姿があった。小さき勇者たち〜ガメラ〜 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨文化

    捕鯨文化から見た三重県三重県

    三重県志摩市大王町波切の波切神社の境内に、鯨石と呼ばれる卵形の石が数個ある。鯨漁で鯨を捌いたとき体内から丸い石が出てくることがあったので、出てきた石を神社に祀ったと伝えられる。石を祀った年代は不明であるが、波切では、遅くとも江戸時代の1644年(正保元年)から1715年(享保10年)までは10艘前後の鯨船で捕鯨が行われていた。捕鯨文化 フレッシュアイペディアより)

  • 東海ゴム工業

    東海ゴム工業から見た三重県三重県

    松阪製作所 - 三重県松阪市鎌田町 1001東海ゴム工業 フレッシュアイペディアより)

  • 茂福城

    茂福城から見た三重県三重県

    茂福城(もちぶくじょう)は、かつて伊勢国北勢地方の朝明郡に存在した古城。北勢48家の朝倉氏の居城。三重県四日市市富田地区の小城。所在地は三重県四日市市富田地区茂福町。北緯は34°59,44であり、東経は136°38,45に位置する。茂福城 フレッシュアイペディアより)

  • 大黒屋光太夫

    大黒屋光太夫から見た三重県三重県

    大黒屋 光太夫(だいこくや こうだゆう、宝暦元年(1751年) - 文政11年4月15日(1828年5月28日))は、江戸時代後期の伊勢国白子(現三重県鈴鹿市)の港を拠点とした回船(運輸船)の船頭。大黒屋光太夫 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜県道・三重県道25号南濃北勢線

    岐阜県道・三重県道25号南濃北勢線から見た三重県三重県

    岐阜県道・三重県道25号南濃北勢線(ぎふけんどう・みえけんどう25ごう なんのうほくせいせん)は、岐阜県海津市から三重県いなべ市に至る主要地方道である。岐阜県道・三重県道25号南濃北勢線 フレッシュアイペディアより)

6159件中 51 - 60件表示

「三重のできごと」のニューストピックワード