8193件中 71 - 80件表示
  • 捕鯨文化

    捕鯨文化から見た三重県三重県

    三重県志摩市大王町波切の波切神社の境内に、鯨石と呼ばれる卵形の石が数個ある。鯨漁で鯨を捌いたとき体内から丸い石が出てくることがあったので、出てきた石を神社に祀ったと伝えられる。石を祀った年代は不明であるが、波切では、遅くとも江戸時代の1644年(正保元年)から1715年(享保10年)までは10艘前後の鯨船で捕鯨が行われていた。捕鯨文化 フレッシュアイペディアより)

  • 田口一男

    田口一男から見た三重県三重県

    田口 一男(たぐち かずお、1925年(大正14年)5月11日 - 1983年(昭和58年)5月1日)は日本の政治家。日本社会党所属の衆議院議員。三重県尾鷲市出身。田口一男 フレッシュアイペディアより)

  • 小さき勇者たち〜ガメラ〜

    小さき勇者たち〜ガメラ〜から見た三重県三重県

    1973年、三重県志摩でギャオスの群れとガメラが戦い、ガメラは自爆し相打ちとなった。それを見た人々は、ガメラが自爆して人間を守ってくれたと感じた。その人々の中に相沢孝介少年の姿があった。小さき勇者たち〜ガメラ〜 フレッシュアイペディアより)

  • 松阪電気

    松阪電気から見た三重県三重県

    1903年(明治36年)設立、1906年(明治39年)に現在の三重県松阪市を供給区域として開業した。設立から1921年(大正10年)までは松阪水力電気、同年以降は松阪電気と称する。1922年(大正11年)に三重県下主要事業者の統合に伴って三重合同電気(後の合同電気)へと合併された。合併時、供給区域は松阪市域を中心に三重県内に限られていたが、開業後の一時期は支社を設置して静岡県および富山県にも進出していた。松阪電気 フレッシュアイペディアより)

  • セラヴィリゾート泉郷

    セラヴィリゾート泉郷から見た三重県三重県

    ホテルアルティア鳥羽(三重県鳥羽市)セラヴィリゾート泉郷 フレッシュアイペディアより)

  • 松阪大映劇場

    松阪大映劇場から見た三重県三重県

    松阪大映劇場(まつさかだいえいげきじょう)は、日本の映画館である。1940年(昭和15年)前後に三重県松阪市湊町にアサヒ館(アサヒかん)として開館、1960年(昭和35年)前後に現館名に改称した。改称当時は大映の封切館であったが、1970年(昭和45年)前後に同系列から独立、成人映画館に業態変更した。略称は松阪大映。松阪大映劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 小久保純一

    小久保純一から見た三重県三重県

    小久保 純一(こくぼ じゅんいち 1957年- )三重県出身。元青森県十和田市副市長。元三重県朝日町教育委員会教育長。小久保純一 フレッシュアイペディアより)

  • 1954年上半期の市町村合併

    1954年上半期の市町村合併から見た三重県三重県

    三重県津市+河芸郡一身田町=津市(編入)1954年上半期の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 巴映画劇場

    巴映画劇場から見た三重県三重県

    巴映画劇場(ともええいがげきじょう)は、かつて存在した日本の映画館である。成立年代は不明であるが三重県飯南郡松阪町日野町(現在の同県松阪市京町)に存在した芝居小屋巴座(ともえざ)が、1940年(昭和15年)前後に映画館に業態変更したものである。略称は巴映画(ともええいが)、巴映劇(ともええいげき)、あるいは松阪巴映劇(まつさかともええいげき)とも呼ばれた。巴映画劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 森田必勝

    森田必勝から見た三重県三重県

    1945年(昭和20年)7月25日、三重県四日市市大治田町905番地(現・大治田2丁目7-21)に、父・森田和吉と母・たまの間に次男として誕生。父・和吉は、市内の国民学校・内部小学校の校長をし、母・たまは女学校の代用教員をしていた。森田必勝 フレッシュアイペディアより)

8193件中 71 - 80件表示

「三重のできごと」のニューストピックワード