636件中 111 - 120件表示
  • 三重県

    三重県から見た国土交通省

    高速自動車国道は中日本高速道路(NEXCO中日本)が、名阪国道は国土交通省が管理している。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た夫婦岩

    二見浦(夫婦岩) - 夏至には富士山の頂上に日の出が拝める。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た関西国際空港

    関西国際空港(大阪府泉佐野市・田尻町・泉南市)三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た鳥羽水族館

    鳥羽水族館 - ラッコを一躍人気者にした。国内最大級の水族館。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た恐竜

    大陸と陸続きであった頃、鳥羽市の恐竜化石、伊賀市の大山田地方で発見されたゾウ・ワニの足跡などが知られている。3万年前から1万年前頃の後期旧石器時代の三重県内の南勢地方、鈴鹿川北岸、鈴鹿市南部、英虞湾や伊雑浦(いぞううら)などの河岸段丘や台地での遺跡からナイフ形石器が出土している。遺跡は50カ所ほど知られているが、遺跡の内容は分かっていない。その中では出張(でばり)遺跡(多気郡大台町)で発掘調査が行われ、ナイフ形石器・削器・尖頭器状石器・細石刃などが出土している。石材の多くは県内のチャートであるが、讃岐岩(サヌカイト)は二上山産のものである。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た高校総体

    2018年に三重県を主とした東海地区で高校総体「2018 彩る感動 東海総体」が、2021年には国民体育大会「三重とこわか国体」が行われる。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た抹茶

    伊勢茶 - 緑茶の栽培面積、生産量、生産額は、静岡県、鹿児島県に次いで全国第3位。『京都産』とされている抹茶は、実際には京都市が産地ではなく、大半が三重県で生産されていて、それを宇治市で製茶していることが多い。伊勢茶も、行政支援の対象製品として三重ブランドに認定されている。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た中央新幹線

    高速鉄道の弾丸列車計画では鈴鹿山脈を貫く案も存在したが、戦後の東海道新幹線計画では名古屋以西は工期の都合で米原経由に変更されたため、新幹線は本県内を経由していない。超電導リニアによる中央新幹線が東海道沿いに計画予定である。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見たワニ

    大陸と陸続きであった頃、鳥羽市の恐竜化石、伊賀市の大山田地方で発見されたゾウ・ワニの足跡などが知られている。3万年前から1万年前頃の後期旧石器時代の三重県内の南勢地方、鈴鹿川北岸、鈴鹿市南部、英虞湾や伊雑浦(いぞううら)などの河岸段丘や台地での遺跡からナイフ形石器が出土している。遺跡は50カ所ほど知られているが、遺跡の内容は分かっていない。その中では出張(でばり)遺跡(多気郡大台町)で発掘調査が行われ、ナイフ形石器・削器・尖頭器状石器・細石刃などが出土している。石材の多くは県内のチャートであるが、讃岐岩(サヌカイト)は二上山産のものである。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た土器

    縄文時代草創期の土器押型文土器が県内100カ所近くの遺跡から出土している。また、早期以降の遺跡は、伊勢湾岸、志摩半島、熊野灘沿岸、伊賀盆地の内陸部にまで広がり、600を超える。押型文土器に伴う石器群は、有茎尖頭器・石鏃などがあり、この2つの石器には時期的差が見られる。この期の住居は竪穴式住居で、直径4メートルほどの平面形は不整円形で、地表面から80センチほど掘り下げ、垂木(たるき)を立てかけて円錐状の屋根を葺いたものと推定される。他には長楕円形または隅丸の二等辺三角形の平面形で、最大長2.6m、最大幅65cmの「煙道付炉穴」と呼ばれる野外炉が併存している。このことは半定住生活していたことを裏付ける。三重県 フレッシュアイペディアより)

636件中 111 - 120件表示

「三重のできごと」のニューストピックワード