636件中 121 - 130件表示
  • 三重県

    三重県から見た国民体育大会

    2018年に三重県を主とした東海地区で高校総体「2018 彩る感動 東海総体」が、2021年には国民体育大会「三重とこわか国体」が行われる。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た駿府

    甲賀忍法帖(小説) - 甲賀から駿府(旧静岡市)辺りまでが舞台三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た岩村定高

    1876年(明治9年)4月18日 - 第2次府県統合により三重県と度会県が合併して、現在の三重県となった。初代県令(知事)は岩村定高(佐賀県士族)であった。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た東南海地震

    1944年(昭和19年)12月7日 - 尾鷲市沖約20kmを震源とする東南海地震が発生して、尾鷲市や熊野灘沿岸一帯が津波で壊滅的な被害を受ける。死者・行方不明者は全部で推定1223人であった。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た台風

    三重県は南北に長く、長い海岸線を持ち山岳地帯や盆地など多彩な地形を持つため、各地域によって気候がさまざまである。東紀州(南部)は、潮岬からの台風の直撃を受けることが多く、「台風銀座」と呼ばれている。伊勢湾沿岸から熊野灘沿岸が太平洋側気候(伊勢湾沿岸は東海型に、熊野灘沿岸は南海型に属する)で、伊賀は内陸性気候(瀬戸内海式気候に含める場合もある。)である。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た県庁

    1872年1月2日(明治4年11月22日) - 第1次府県統合により安濃津県(桑名県・亀山県・長島県・神戸県・菰野県・津県)と度会県(久居県・鳥羽県・度会県)に統合される。安濃津県は県庁を安濃郡津大門町(現在の津市大門町)、度会県は県庁を度会郡山田岩淵町箕曲(現在の伊勢市岩渕)に置いた。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見たイカナゴ

    小女子(こおなご) - 津市の白塚町や河芸町で盛ん。いわゆる「ちりめん」である。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た国分僧寺

    国分僧寺・国分尼寺は全国に建立された。伊賀では上野市(現伊賀市)西明寺字長者屋敷に寺跡があり、東西210m、南北約250mの方形に土塁が残っている。南から中門・金堂・講堂跡の土壇が並び、西南の隅に塔跡と見られる土壇もある。尼寺はその東200mにある長楽山廃寺が想定されている。伊勢の僧寺は鈴鹿市国分町の台地の南端にあったと見られる。寺域は築地で囲まれ、東西178m、南北184mであった。志摩では阿児町国府の台地上にある護国山国分寺が僧寺であると見られている。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た富士山

    二見浦(夫婦岩) - 夏至には富士山の頂上に日の出が拝める。三重県 フレッシュアイペディアより)

  • 三重県

    三重県から見た第三セクター鉄道

    上述の近鉄に統合された路線のうち、閑散線については分社化・路線譲渡の動きも平成以降は生じており、北勢線は三岐鉄道へ譲渡され、また伊賀鉄道・養老鉄道・四日市あすなろう鉄道が近鉄からの経営分離によって発足している。また国鉄路線についても、伊勢線に関しては第三セクター鉄道の伊勢鉄道へ経営が移管された。三重県 フレッシュアイペディアより)

636件中 121 - 130件表示

「三重のできごと」のニューストピックワード